スマートフォン用の表示で見る

豊中市

地理

豊中市

とよなかし

大阪府豊中市は、大阪府の北部に位置する市であり、2012年4月1日より中核市に指定された。

面積は36.38km²*1、人口は392,479人*2

市内には名神高速道路豊中インターチェンジ中国縦貫自動車道の中国豊中インターチェンジ*3伊丹市との間に大阪国際空港がある。

市の中央を阪急宝塚線が縦断するほか、東の端を北大阪急行が、北の端を大阪モノレールが走る。

阪急バスの本社の所在地でもある*4

沿革

1889年4月、町村制施行により新免村、南轟木村、山ノ上村、桜塚村、岡町村が合併し、豊島郡豊中村となる。人口2,267人。

1896年4月、豊島郡と能勢郡の合併により、豊能郡豊中村となる。

1927年4月、町制施行し豊中町となる。

1936年10月15日、豊能郡豊中町・麻田村・桜井谷村・熊野田村が合併し、同時に市制を施行して豊中市となる。人口38,770人、世帯数7,977世帯。

1939年9月、豊能郡庄内村が町制を施行し、庄内町となる。

1947年3月15日、豊能郡中豊島村・南豊島村・小曾根村を編入。人口76,314人、世帯数18,020世帯。

1953年7月1日三島郡新田村大字上新田を編入。人口100,631人、世帯数22,484世帯。

1955年1月1日、豊能郡庄内町を編入、現市域となる。人口127,678人、世帯数29,251世帯。

2001年4月、豊中市特例市に移行。

2012年4月1日、豊中市中核市に移行。

*1境界未定部分あり

*2:2013年2月1日現在

*3吹田方面との出入りしかできない

*4登記上の本店は池田市