スマートフォン用の表示で見る

明徳の乱

社会

明徳の乱

めいとくのらん

西暦1391年に室町幕府代将軍・足利義満が、西国11ヵ国を兼ね六分の一衆*1と呼ばれるほどの力を持った山名氏の内紛に介入し、山名氏清を滅ぼした戦。

*1:日本六十数ヵ国の六分の一を持つ一族という意味。