スマートフォン用の表示で見る

足利義満

一般

足利義満

あしかがよしみつ

室町幕府第三代将軍。将軍職を足利義持に譲った後は太政大臣にも就いた。

足利義詮の長男。

南北朝の統一を実現し、南北朝時代を終わらせた。

また、室町幕府の名は義満が京都室町御所を置いたことに由来している。

上皇号

武士としては唯一の例であるが、死後に朝廷から鹿苑院太上法皇の称号を贈られる。義満は南北朝の統一を実現し、当代の後小松天皇の父・後円融天皇と従兄弟同士でしかも同い年*1であったからだと思われる。

しかし4代将軍・足利義持はこれを辞退した。

*1:数え年。