スマートフォン用の表示で見る

翼竜

動植物

翼竜

よくりゅう

中生代に生息していた飛行生物。

  • 爬虫類であったと考えられるが、恐竜とは別のグループであるとされる。
  • 白亜紀には大型(翼開長7〜12m)の種も現れたが、恐竜など他の生物とともに、白亜紀末の隕石衝突により大量絶滅したとされる。
  • 現在の鳥類の起源説がある。
  • 植物食翼竜生物多様性の関係から考えられるが、その種は森に棲息する可能性が高く従って骨まで分解されることが多く、化石が残りにくい為、発見されている種は一応全て肉食である。植物食の可能性がある種としてタペヤラがあげられている。
翼竜
目次