スマートフォン用の表示で見る

F-14

一般

F-14

えふじゅうよん

F-14 Tomcat

F-14 トムキャット

 詳細は、wikipedia:F-14(戦闘機)を参照のこと。

 愛称の直訳は“雄猫”。だが、機体の曲線はどちらかと言うと女性を連想させる。

 映画【TOP GUN】で、主人公たちが乗るのもこれ。

 映画【ファイナルカウントダウン】が映画デビューである*1

 コミック【エリア88】において、準主人公ミッキー・サイモンが、愛機とし最期を向かえ棺となった機体。

 TVドラマ【犯罪捜査官ネイビーファイル JAG】の主人公ハーモン・ラブ海軍中佐がかつて登場していた。

 【超時空要塞マクロス】に登場する可変戦闘機VF-1バルキリーのモデルである*2

 セガビデオゲームアフターバーナー】で登場するのもこれ*3

 ナムコビデオゲームエースコンバット】シリーズにももちろん登場。

 80年代から90年代のアメリカ海軍を代表する艦上機であるため、それを描いた様々な作品に登場する。

概要と歴史

 F-14は、F-4ファントム?の後継機計画(VFX)により装備された機体である。

 しかし、そこに至るまでに2つの計画が存在した、F-14はその2つの計画で開発された技術が盛り込まれた機体なのである。

 計画のひとつはF-6Dミサイリアー計画と、長射程空対空ミサイルを搭載するソ連の対艦ミサイル搭載爆撃機から空母機動部隊を守る戦闘機を開発するプログラムで、この計画にはF-111の空軍型F-111Bで進められた。

 しかし、この、F-111Bは艦載戦闘機とするにはあまりにも重量が重すぎたこと、さらに、エンジンのトラブルも重なりこの計画は 1968年7月にこのプログラムは中止されてしまった。

 しかし、海軍はこの決定を歓迎し、海軍は中止直前の6月21日にVFXの提出要求書を各メーカーに発注した。 そして、1969年1月15日にグラマンの案(可変翼モデルG−3030)を選定し、F-14と名づけられ開発が進められたのである。

特徴

 初のF-14の開発用機は1970年12月21日に初飛行した。

 F-14の最大の特徴は後退角が20度から68度の間で変化する可変翼システムを採用している事である。

 しかし、この可変翼システムは機構が複雑かつ、重量も増加すると言う欠点がある。

 さらに、手動で角度を変化させるとなると、パイロットに新たな操縦操作が加わる事となる。

 解決策として、このF-14はMSPと呼ぶコンピュータによる、マッハ数に応じて主翼角度が変わる、自動プログラムシステムを採用した。もう一つのF-14の特徴はAN/AWG-9レーダーによる火器管制装置とAIM-54フェニックス長射程AAMの組み合わせによる長距離多目的同時処理能力である*4

 F-14AIM-54を最大6発携行し飛行する事が出来る。しかし、6発携行した場合そのままでの着艦は重量オーバーの為、着艦する場合投棄しなければならない。そのためか、6発装備した事はない。

 さらに、AIM-54は実戦での投入例は極めて少なく、明確な記録が残っている物は湾岸戦争で一発(但し命中せず)のみで、イラン空軍に関しては、信頼性に疑問符が付く戦果か何軒か報告されている(この中には一撃で複数のMigを撃墜した例も存在する)のみである。

改良

 F-14DはF-14A+にAN/APG−71レーダー火器管制装置を加えたものである。加えて、ミッション・コンピュターがAN/AYK-14となっている。

 レーダーの換装により、ルックスダウン能力の向上、密集編隊に対する分能解能の向上などが行われており、全面的な性能はAN/AWG-9の6倍は向上しているという。操縦席には新しい表示装置が導入され、 さらに機種下面にはAN/AXX-1TVカメラセットと赤外線捜索・追跡装置が備えられている。

 こうした、F14Dは、まず2機がF14Aから改修され1990年2月9日に初飛行した。

アメリカ海軍ではF14Dを400機以上導入する計画を立てたが、国防総省が認めず、結局34機が新規製造されたほか、18機がF14Aから改造されたままに留まっている。

末路

 事実上の防空専用機なので冷戦後は減勢が進められ、空母航空団のVF飛行隊はF/A-18E/Fスーパーホーネットへの更新されるか解隊されており、2006年第一四半期で実戦部隊から姿を消した。

*1VF-84〔ジョリーロジャース〕の髑髏のエンブレムとF-14の組み合わせは非常に有名となる。

*2河森正治氏はバルキリーの可変機構のデザインは同機を見て発想した。ただし、比較すると実は大きさは2周りほど違う。細部にいたってはいうまでもない。

*3:厳密に言えば架空機種、F-14XX。

*4TWSモードなら24個の空中目標を90nmの距離で探知し、このうち任意の6目標に対して、AIM-54による同時個別攻撃を行う事が可能となっている。