スマートフォン用の表示で見る

J-CASTニュース

ウェブ

J-CASTニュース

じぇいきゃすとにゅーす

ジェイ・キャストJ-CAST)が運営するニュースサイト

2006年7月に旧「JINビジネスニュース」を改編しスタートした。

代表者は、朝日新聞出版AERAの編集長だった蜷川真夫(現在ジェイ・キャスト代表取締役)

編集長は、同じく朝日新聞出版AERA編集長を努めた大森千明(現ジェイ・キャスト専務)

インターネット、特に2ちゃんねる上で話題になった「ネット社会内のニュース」を記事にすることが多いのが特色。

とくに「○○のブログ炎上」との報道が多く注目されているが、一方で「J-CAST報道するから炎上がさらに酷くなる」という批判も受け、ブログ放火魔の呼び名がついている。

また、不祥事取材の過程でTBSの心証を悪くし、TBS内部では「J-CASTの取材は答えない」と宣言したことがある。その後、まれに回答はあったものの、答えないという不文律が出来上がってしまっている。日本テレビも「ネットニュースの取材はすべて受けていない」として、J-CASTの取材に回答を拒否したことがある。