スマートフォン用の表示で見る

Vブレーキ

スポーツ

Vブレーキ

ぶいぶれーき

:交通用語

自転車ブレーキの一つ。

現在、自転車用のブレーキでは最も強力な制動力を持つブレーキであり、MTBクロスバイクの主要コンポーネント

カンチブレーキと同じカンチ台座を用いるが、キャリパーの形が逆ハの字ではなく、左右が平行な「門」の様な形をしており、ワイヤがキャリパー上端を真横に引く形になる。

てこの原理でパッドが強力にリムに押しつけられるため、どうしても「ガツン」という効き方になり制動力の調整が難しいという欠点があるが、スポーツバイクの速度を考えるとこれだけの制動力がなければ逆に危険とも言える。

軽いレバータッチでリアは簡単にロックし、フロントは後輪が浮き上がる位に効くため、Vブレーキ車を初めて購入したときは公道を走る前に十分な練習をして欲しい。

リムブレーキのためどうしてもウェットコンディションやマディ走行などには弱いので、競技用ではディスクブレーキが採用されることが多くなっているが、クロスカントリーや街乗り・ツーリングではパーツ点数が少なくメンテナンスも容易なVブレーキの全盛である。