スマートフォン用の表示で見る

Visitor

 

「データ構造」と「処理」を分離する方法。

「処理(Vistor)」が「データ構造(Acceptor)」の中を歩き回って、

処理を実行することになる。