スマートフォン用の表示で見る

mo

キーワードの候補

3件

コンピュータ

MO

えむおー

Magneto Optical(光磁気)の略。

光によって熱を加えたあと磁気ヘッドで磁場をかけることで記録するコンピュータ記憶媒体のひとつ。MOもドライブとメディアとがあるが、単にMOと言うとメディアを指すことが多い。

フロッピーディスクのような扱いやすさとコンパクトなメディア、それなりの容量と高い信頼性でとくに日本で普及している。

直径は5.25インチと3.5インチがあり、3.5インチが主流。記憶容量は128MB、230MB、540MB、640MBだが、最近は1.3GB、2.3GBもの容量を持つGIGAMO(ギガモ)が存在する。一方の5インチMOは最大9.1GBもの容量を持つものが開発されている。3.5インチサイズでは1.3GBまでがISO標準化されている。

リムーバブルメディアの中ではもっとも頻繁に書き換えできる。その回数は1000万回といわれ、デジカメ写真の保存先に最適とされている。カメラから直接MOに保存できるドライブも存在し、DPEではMOディスクを受け取ってもらうことができ、そこから現像してもらえる。50年〜100年(一般的には50年)もの間保存できるのもデジカメ写真の保存には最適だ。

ゲーム

MO

えむおー

マルチプレイヤーオンラインの略。数人のグループで一つのゲームを共有プレイするタイプのネットゲーム。

対して数百〜数千人規模で共有するゲームはMMO、マッシブマルチプレイヤーオンラインと呼ぶ。

MOにしかない特徴としてロビーがあり、ロビーがMMOになっているものをゾーンインターフェイスMOと呼ぶ。

MO、MMO、ゾーンインターフェイスMOはネットゲームの体系を示す用語で、規模を示すものではない。

MOの代表格はDIABLOMMOの代表格はUO

マンガ

MO

えむおー