トキワのミドリ - しゃわのポケモン記 -

ポケモンの第3世代のシングル環境の考察を主に書いていきます。
エメラルドのバトルフロンティアのバトルタワーの世界最高連勝記録を目指してます。

2017-12-05

ウンウーンのバトルツリー200連勝しました

| 18:49

ククイ博士参入とかアイテムや技等細かいポケモンの修正はあったものの)サンムーンとほとんど変化無し。

ストーリーでは全滅しまくって難易度やべーって感じでしたがツリーでは一度も負けずに200連勝。

f:id:komei48:20171204235024j:image:large]

f:id:komei48:20171205000134j:image:large]

・使用構築(使い回し)

臆病HSカプコケコ@自然の力 蜻蛉返り 身代わり 羽休め

腕白HBテッカグヤ@食べ残し ヘビーボンバー 火炎放射 宿木の種 守る

陽気HSガブリアス@拘りスカーフ 地震 逆鱗 岩雪崩 空元気

努力値はだいたいそれベースってことで細かい数値は画像参照)

f:id:komei48:20171205002057j:image:large]f:id:komei48:20171205002107j:image:large]

f:id:komei48:20171205002114j:image:large]


まだ順調に勝利数を重ねてはいますが、もし負けたらツリーはもう辞めると思います。

というのも、サンムーンのツリーでボーマンダ+ラッキー+ギルガルド

3000連勝達成した人がいて、この構築では到底3000連勝どころか1000連勝も無理だと感じてるから。


GBA勢兼柏勢兼ホモのピーナツさんに穏やか5Vラティアスをツモって貰えることになったので、来年以降は今後バトルフロンディアのバトルタワーを1000連勝目指してやってみようと思います。(確かネット上で見た最高記録が1060連勝とかだったかな? それを超える目標で。)


次回作(Switch版?2018年2019年秋発売?)が出たらやりこみプレイでNo.1を狙いたいですね。

2017-10-27

【GBA前期】めざ炎グロスの評価

| 02:32

GBA前期をぼんやりと考えていて、最近ちょっと評価が上がったので久々に記事に書いてみます。

ちなみに視点としては車輪グッドスタッフ2017を使う側から。


最近上がった理由を何個か。


◆めざ岩より実数値が1高くなる

岩はHAbCds

炎はHAbcDs

グロスの本当に細かい耐久調整が大事になったときに重要になる可能性が微レ存

◆後期環境と比べた時の技性能の劣化がない

めざ電→ 雷パンチから威力5ダウン、10%の麻痺無し

めざ岩→ 雪崩から威力5ダウン(命中は10%アップ) 3割怯みなし

めざ炎→ いっしょ

◆後期環境だけにいる刺さる相手の違いがめざ岩と比べて相対的に大きくない

岩技 →サンダー ファイヤー

めざ炎 →フォレトス ハッサム


ギャラドスを今まで過大評価してたけど、もっと舐めてもいい。

自分のパーティは今の型のミロカロスが眠るギャラドスに対して眠られ続ける(怪しい光ミロカロスだったらギャラドスを対面から倒せる。)

というのもあって、ミロカロス以外の5匹は極力ギャラドスに対して背中を見せないようにしようと思ってたのですが・・・・

http://d.hatena.ne.jp/komei48/20170117/1484648144:title=残飯ドガ

]のヘド爆で相手のギャラドス桂馬ンダ耐久じゃなければ3発(最近気付いた)

前期はグロスの雪崩がないので、後期みたいに誰もが誰も桂馬ンダ耐久というわけではなさそう。

あと無振りネンドールの原始の力でも4発。

ミロカロスに出てきたとしても(竜舞身代わりみたいなド起点にする型が存在しないので)冷凍ビームの凍結の勝ち筋

サイクル回していく中で相手が素眠りになったらネンドールで原始の力を連打して、もし上がったらそのままネンドールが全抜き 上がらなかったら爆破みたいなことも出来る。

マタドガスネンドールが爆破のプレッシャーを持ってるしアイスもそこそこ繰り出せるし拘りマンダで威嚇活かして捨て身なりめざ飛を押し付けたりも出来る。

パーティ自体がギャラドス後出し出来るやつが多すぎて 別にミロカロスメタグロスの2匹が弱くても問題ないはず。

それに、眠らないギャラドスだったらミロカロスに対して別に強くもない。

レジスチルに対しての勝率を高められる可能性(New!)

ずっと前に書いたこちら

>ちなみに後期環境だとアリな構成の

メタルクロー 鉄壁 ド忘れ 眠る という両耐久を底上げするレジスチルは前期環境だと弱い。

メタグロスが眠るを持っているのでたとえ攻撃が6段階上がろうとメタルクローワンウエポンならば>ミロカロスメタグロスで受けまわしてるだけで勝てる。

メタルクローワンウエポンは前期環境で本当に弱いかどうかはおいといて・・・車輪グッドスタッフのいては眠るグロスミロカロスが入ってるパーティに対しては全抜きが出来ないので恐れる必要はない。

>主に仮想的として想定するのは桂馬さんのような鈍いでメタグロスに打点を持ってる型

鈍いか鉄壁を持っていて、防御が上がりまくってる状態の残飯スチルに対して急所がうまく出れば崩せるという瞬間に

打点が地震だけだとせっかく出した急所が無駄になる(殺せずに眠られる)可能性がある

めざ炎があると めざ炎+めざ炎+地震 や めざ炎+地震地震急所で落とせることがあるので、PPを節約しつつ地震急所の範囲までHPを減らすことが出来る。


鈍いで防御をあげようとしてる最中も、めざ炎を適切なタイミング(地震急所でも倒せないときや、防御が上がってきて地震よりダメージが多くなったとき)に効果的に使うことでPP節約や、途中でのダメージを増やして素眠りに追い込むまでのターンを早く出来るかもしれない。



来年またちょっと改良した車輪グッドスタッフ2018を執筆予定です。

たぶん、メタグロスのめざ岩→めざ炎 ネンドールのめざ炎→原始の力 で おとなしい → 慎重

この2匹に加えてボーマンダ努力値もちょっとだけいじるかもしれません(予告)

通りすがり通りすがり 2017/11/21 13:48 カテゴリーが金銀になってます。

2017-07-11

VC2000構築叩き台(ケンタ☆ガラTA)

| 21:26

たぶん諸々の理由でVCはやらないと思うのですが、一撃アリルールの構築1個作ったので置いときます。

金銀のみ環境でプレゼントバグ有り、一撃をカウンターで必中、不思議な贈り物による奇跡の実とピントレンズは無しで考えてます。


55ケンタロス@薄荷の実 捨て身タックル 地震 角ドリル 眠る

55スターミー@光の粉 波乗り 怪しい光 身代わり 自己再生

55ガラガラ@太い骨 骨ブーメラン 岩雪崩 目覚めるパワー虫 カウンター

50カビゴン@食べ残し のしかかり カウンター 鈍い 自爆

50ナッシー@先制の爪 サイコキネシス 目覚めるパワー草 眠り粉 大爆発

50カイリキー黄金の実 クロスチョップ 目覚めるパワー飛行 岩雪崩 カウンター


この型のスターミーは55ケンタロスに対してそれなりの勝率を出せる前提で組み込みましたが、実際の所どうなんでしょうね。

2017-07-10

金銀の50ベトベトンの魅力

| 21:26

117さまにリクエストされたので・・・


昔書いたマグカルゴの記事のような箇条書き、かつもっと簡潔に。



ベトンの魅力は

1.数値受けによる特殊耐久

2.特殊ポケモンへのしっかりとした打点

3.耐性(毒無効+毒、草、格、虫半減)


これらによってレベル55のエース(地震カビゴンバンギラス)の保管となる点。

高い特殊耐久×メジャーな特殊技に弱点を突かれないのを生かして等倍の水炎電気等をそこそこ受ける。

決して低すぎない物理耐久×格闘、虫、毒耐性によって55オコリザル等の地震なし格闘やドククラゲなどを誤魔化したりする。

+高い特殊耐久×草半減によってフシギバナに眠らせながらもある程度何度か後出ししつつ運ゲー勝率を稼げる。



攻撃範囲も岩には何も出来ない代わりに岩以外にはだいたいそこそこのダメージが入る。その代わり、岩に対しては周りを強く組む。(このへんはGBAカビに似てる)



55カビ単Aに入れるポケモンは負けないようにパーティの穴を塞ぐという印象だけど、ベトベトンはどちらかというと穴を上手に塞ぐというよりは勝率確保のために入れるイメージ。

完璧に何かを出来るって点は少なくて、少し期待できることを何個も持っているのが強み。

2017-01-30

【GBA前期】バトン先としてのサイドンの欠点とアーマルドの利点

| 11:49

サクラビスはバリアーとド忘れのバトンの2択。攻撃技としては水技と冷凍ビームの2択があるのだがとりあえずここでは表択?である波乗りド忘れとする。

サイドンの欠点

Sに全振りしてしまうと特殊耐久と物理耐久の両立が困難なこと。

相手のHBベースのミロカロス地震2発(剣の舞からの1発)で倒せない以上、ミロカロス入りの3匹に対して全抜きするには

1.ド忘れ1回で波乗りを1発耐える

2.ド忘れ3回(特防マックス状態)で波乗り2発耐える

ことが必要。剣の舞1回から地震2発で殴るか、剣の舞2回から地震1発を打つ必要があるため。

相手がミロカロスを全面に押し出してる場合はど忘れ3積みから、サクラビスで削って再生のタイミングで投げる。ミロカロス以外を先頭にしている場合はド忘れを1回に留める抜き筋もあり。

この状態で残りを物理耐久に振っても陽気ケッキングの拘り破壊光線で高乱数2発で沈んでしまうので

サクラビス高速移動 相手ケッキングに交代

サクラビスバトン→サイドン ケッキング拘り破壊光線

サイドン剣の舞 ケッキング反動(かつなまけ消費)

サイドン地震(A200でも耐えられる) ケッキング拘り破壊光線サイドン死亡

となってしまう。勿論アーマルドでも同じ。

アーマルドと比べた時の欠点はサクラビスからサイドン地震が明らかに一貫しているところ。


アーマルドの利点

特性があるところ(サイドンルビサファ時点では捨て身タックルを覚えなくて突進なので実質特性無し)

・急所に当たらないのでド忘れやバリアーを繋ぐ安心感がある

地震を等倍に抑えるのでサイドンより拘り地震に壊されにくい

・水が2倍なので高速ド忘れを繋いだ時のミロカロス突破が幾分か楽。




アーマルドはめざ岩でも素早さが足りるのだが、ネンドール等への打点でめざ虫が欲しいので結局は地震ロクブラめざ虫剣の舞になる。(剣の舞と岩雪崩の同時遺伝サイドン同様おそらく不可能)

前期環境のサクラサイドンサクラアーマルドはもうちょっとだけ考えてみたい。