longlowの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-02-11

ニコニコ動画で権利者削除をしている権利者について調べてみた

ニコニコ動画で権利者削除をしている権利者について調べてみたを含むブックマーク ニコニコ動画で権利者削除をしている権利者について調べてみたのブックマークコメント

ニコニコ動画では2008年7月5日から削除要請をした権利者名を公表するようになり、ニコニコ動画の情報サイトであるNearchでは2008年8月2日*1からその削除動画のデータを収集しています。そこで権利者削除をした権利者で件数の多い順に上位100の権利者を並べてみました


※一応削除件数も併記しましたがNearchのほうで取得できた件数であり、実際の削除数はその何倍になっている事もあります。例として2009年の1月に起きた音楽制作者連盟による一斉削除では20000〜25000超の動画が削除されたと推定されているようです*2。なのでどういう企業、業種が削除に積極的なのかという目安程度に見て下さい

※削除件数は2009年2月11日の0:00〜2:00あたりのもの

ピットクルーによる自主削除やテレビ放送番組と判断された物、個人の権利侵害の物については権利者名が表示されない事もあります。詳しくは動画を削除した権利者一覧とは (ドウガヲサクジョシタケンリシャイチランとは) [単語記事] - ニコニコ大百科を参照して下さい


権利者名削除件数
1社団法人音楽制作者連盟の会員2224
2キングレコード株式会社2091
3株式会社サンライズ1994
4在京テレビ局6社1595
5株式会社東京放送842
6株式会社テレビ東京829
7株式会社ジャパン・ライツ・クリアランスの会員748
8日本放送協会528
9バンダイビジュアル株式会社508
10株式会社小学館集英社プロダクション415
11株式会社フジテレビジョン413
12株式会社エー・ティー・エックス401
13東映株式会社360
14株式会社フロンティアワークス349
15株式会社ジャパンイメージコミュニケーション298
16株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント295
17株式会社角川書店290
18株式会社ヒストリーチャンネル・ジャパン285
19個人の権利284
20東映アニメーション277
21株式会社アップフロントワークス223
22社団法人日本音楽事業者協会210
23エイベックスホールディングス株式会社201
24株式会社スタジオジブリ198
25株式会社ソニー・ミュージックレコーズ197
26株式会社コーエー179
27ジェネオンエンタテインメント株式会社174
28株式会社ぴえろ164
29株式会社ゴンゾ164
30株式会社コナミデジタルエンタテインメント152
31株式会社アニプレックス151
32株式会社トムスエンタテインメント144
33シンエイ動画株式会社143
34株式会社バップ140
35株式会社マッドハウス132
36株式会社ビジュアルアーツ131
37株式会社スタジオディーン124
38株式会社メディアファクトリー118
39株式会社スペースシャワーネットワーク116
40株式会社文化放送115
41株式会社アートバンク111
42株式会社エピックレコードジャパン108
43株式会社キューンレコード106
44株式会社テレビ朝日102
45日本アニメーション株式会社101
46株式会社アクアプラス95
46株式会社エスエムイーレコーズ95
48日本テレビ放送網株式会社92
49ワーナーエンターテイメントジャパン株式会社88
50ディスカバリー・ジャパン株式会社87
51株式会社イーエス・エンターテインメント83
51株式会社エンターブレイン83
53株式会社ラジオ関西81
54東宝株式会社75
55株式会社ぎゃろっぷ75
56株式会社マーベラスエンターテイメント74
57ビクターエンタテインメント株式会社69
58株式会社ショウゲート67
59株式会社ジェー・シー・スタッフ65
60株式会社徳間書店62
61株式会社円谷プロダクション58
62角川映画株式会社57
63エム・ティー・ヴィー・ジャパン株式会社57
64株式会社ミノリ56
65有限会社ランプオブシュガー55
66ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン51
67DIXEO株式会社48
68有限責任中間法人日本動画協会の会員43
69株式会社カプコン42
70株式会社ソニー・ピクチャーズ_エンタテインメント42
71有限会社AKABEi_SOFT241
72株式会社シャノン39
73株式会社WOWOW38
73アイディアファクトリー株式会社38
75合資会社スカイ・フィッシュ37
76株式会社講談社36
77株式会社ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ33
78株式会社グループ・タック32
78学校法人高宮学園32
80アットエンタテインメント株式会社31
81有限会社シャングリア30
81株式会社ぱっぷる30
81株式会社ミュージックレイン30
84松竹株式会社29
84株式会社AG-ONE29
84株式会社オー・エル・エム29
84株式会社デフスターレコーズ29
8820世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン株式会社28
88株式会社キッズステーション28
88株式会社ニトロプラス28
91株式会社創元社27
92株式会社ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング26
92株式会社スタジオ雲雀26
94株式会社USEN25
95有限会社ノーツ25
95株式会社日本アドシステムズ25
95西日本旅客鉄道株式会社25
98株式会社マリン・エンタテインメント24
100株式会社インデックスミュージック23
100株式会社集英社23

もし100位以降について興味があればhttp://f.hatena.ne.jp/longlow/20090211183125をオリジナルサイズにし拡大して見て下さい


全体としては音楽や映像系の企業、団体が上位に来ているかな。まあ日頃の言動から考えれば当然の話ではありますが。それと今後は音楽制作者連盟の削除のように企業単位ではなく協会、連盟単位の削除がより増えていくのかも。幅広い削除をする場合そのほうが都合が良いし、何より企業名を前面に出さなくて済むというのは大きい。当然の権利と言われても削除に対しては反発がある人もいるでしょうし、そういう反発を和らげるためにも協会や連盟のような団体を使う企業が多くなってくるんじゃないかと思った

*1:Nearchの管理人様からお聞きしました。わざわざお答えいただきありがとうございます

*2音楽制作者連盟一斉削除事件とは (オンガクセイサクシャレンメイイッセイサクジョジケンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科より

y_arimy_arim 2009/02/12 21:18 うーん。
> 今後は音楽制作者連盟の削除のように企業単位ではなく協会、連盟単位の削除がより増えていくのかも。
これ、削除の理由の違いを考慮していない意見な気がするんですが。これらの「権利者」が何の権利を侵害したかどで削除を申し立てたかなんて千差万別ですし……
たとえば、音楽制作者連盟と日本音楽事業者協会の違いはわかりますか? それぞれが何の権利を守っているかなど。ぼくの知る限り、後者は芸能人の肖像権が中心だったりします。いっぽう前者は音楽制作者の著作権など。
あと、
> 企業名を前面に出さなくて済む
これがどうも、ただのニコ動ユーザによる憶測な気がしてならないんですよね。それも、削除に対しての反発に裏打ちされた。そういうのに関係なく、どの権利者も業務として淡々とやるだけではないのかしら?
つまり、
> そういう反発を和らげるためにも協会や連盟のような団体を使う企業が多くなってくるんじゃないか
これがシャドウボクシングに思えてならないのです。

kkkkkk 2009/02/13 06:57 ↑日本語おk?

ワンダワンダ 2009/02/14 00:31 ↑↑知識をひけらかすだけのコメだね。
あと〜と、つまり〜の意見だってそれこそ「日本語おk?」だし。

ああああ 2009/02/14 01:10 社団法人音楽制作者連盟とか
どっかの利権ヤクザと変わらないんじゃ。
企業が努力すべきかと。

nukonuko 2009/02/14 04:48 「削除に積極的な企業」を判断するには、それぞれの企業において権利問題について検討すべき対象となりうる動画数が分かっていないといけませんね。
アップされる数が多いところは、削除する数も多くなって当然ですから。
犯罪数だけでなく人口も分からないと治安の程度が分からないのと同じように。

ナナシナナシ 2009/02/16 22:59 ニコニコで良いPRになってるものもあるから企業に
プラスになってる面もあると思うけど、難しいね。
ようつべでの角川の活動やコモンズは今後の一つの指針になると思う。