Hatena::ブログ(Diary)

図書館大好き♪はぴの本棚 このページをアンテナに追加

2019-01-08 HYGGE 365日「シンプルな幸せ」のつくり方

[][][]


>ヨーロッパから火がついて、世界各国で大ベストセラー!!

「ヒュッゲ」とはデンマーク語で、
「心地よさ」「人とともにいるときに感じるぬくもり」
「不安のない状態」を表すことば。

キャンドルをともして、コーヒーを飲む」
「気のおけない友だちと集まって、部屋で映画をみる」
「シェアできる料理を持ち寄って、おしゃべりする」
「シンプルだけど着心地のよいセーターや靴下をそろえて、温まる」……

心ときめく、小さな幸せをつくる方法。


美しい装丁で気になっていた本です。
「ヒュッゲ」という言葉は初めて知りました。
北欧は幸福度が高い国という印象がありますが、特にデンマークが注目されているんですね。

デンマークでは国民だれもが無料で医療を受けられ、大学教育も無料、失業しても手厚い給付金がもらえるとのこと。
社会保障制度が整っていることは幸福度に大きく関わってくる大事な要素だと思いました。

ヒュッゲを大切にするのは気候(寒さが厳しく、雨が多い)の影響が大きいのかなと思いました。
キャンドルや照明にこだわるところ、家を居心地よくする工夫、コーヒーとスイーツ好きなところ、ゆっくり作る料理や保存食・・・シンプルな幸せいいなあ。
私のヒュッゲな時間は「編み物をする時間」「コーヒーと少しのおやつを食べる時間」「寝る前に読書する時間」
全部すき間時間になってしまうけれど、1日にこの時間を確保するのとしないのとでは気持ちの穏やかさが全然違うと感じます。
仕事や家事、家族と過ごす時間は取れているから人と一緒より一人の時間を欲しているようです。

フィンランドに加えてデンマークもいつか行ってみたい国になりました。

続編の『LYKKE(リュッケ)』も読んでみようと思います。

2018-12-27 ワンダー

[][][]
ワンダー Wonder

ワンダー Wonder


オーガスト・プルマンはふつうの男の子。
ただし、顔以外は。
生まれつき顔に障害があるオーガストは、はじめて学校に通うことになった。
だが生徒たちはオーガストの顔を見て悲鳴をあげ、じろじろながめ、やがて「病気がうつる」と避けるようになる。
一方で、オーガストの話をおもしろいと感じる同級生は少しずつ増えていた。
そんなとき、夏のキャンプで事件が起こる……。
全ての人に読んで欲しい、心ふるえる感動作。


以前の課題図書&映画化されたこともあり、ずっと気になっていてやっと読めました。

顔の障害というのはかなり目立つので本人も家族もしんどいのではないかとまず感じました。
でも、実際にオーガストと出会ったら私も本に登場する大多数の大人や子ども達のような反応をしてしまうような気がします。
そんな反応でたくさん傷ついてきたオーガストの気持ちを想像すると辛い・・・
だから学校に通い始めたオーガスト自身が傷つきながらも成長していく姿が素敵だと思ったし、家族や周りの人達が少しずつ変化していく様子がとてもよかったです。
この本から障害だというだけで目を逸らすのではなく、知ることと実際に本人と接してみることの大切さを教えてもらいました。

あらすじだけで重い話かもと構えてしまいそうですが、読みやすいけれど内容は深く強い印象を残す作品でした。
目立つ色の装丁もとても印象的でした。
たくさんの人に読んでほしいと思いました。
続編の『もうひとつのワンダー』もぜひ読みたいです。

2018-11-29 さざなみのよる

[][]
さざなみのよる

さざなみのよる

小国ナスミ、享年43。
宿り、去って、やがてまたやって来る――。
命のまばゆいきらめきを描いた、感動と祝福の物語。


以前読んだ『昨夜のカレー、明日のパン』で木皿泉さんに興味を持って以来、新作を楽しみにしていました。
http://d.hatena.ne.jp/lovelyplace923/20160115

とてもよかったです。
普段無意識に見ないようにしている死がすぐ身近にあるものに感じました。
切ない・・・でも、怖くない。
こんな気持ちになったのは初めてかも。

ナスミが亡くなっても彼女と関わった周りの人達は生きていて、日々の暮らしは続いていくんだなとしみじみ感じながら読みました。
章が進むにつれてさざなみ(波紋のような丸)が広がっていく小さいイラストも好きでした。

ナスミが偶然今の自分と同い年だったのにもびっくり!
いいタイミングで本に呼ばれて読めたような気がします。
死が間近に迫ってきたら色々な感情が渦巻いて混乱しそうだけど、最期は「この人生でよかったな」と思いたいです。

しばらく経ってから再読したいと思える作品でした。

2018-10-25 お友だちからお願いします

[][][]
お友だちからお願いします

お友だちからお願いします


だいたいこんな毎日ですが、こんな私でよかったら──。
どこを切ってもミウラシヲンが迸る!
本屋大賞に輝く人気作家の極上エッセイ集。


久々に読んだ三浦しをんさんのエッセイ。
読売新聞日本経済新聞などに掲載されたとのこと。
少しよそゆき仕様ではありましたが、しをんさんの日常が垣間見えて面白かったです。

私が好きだったのは第三章「旅」がテーマのエッセイ。
旅に出る前と帰った時の気持ちとか、だれと旅に行くかが重要という話は共感しました。

エッセイの中で何度かしをんさんの母親が登場します。
かなり強烈な印象・・・身近な家族だからこそのしんどさ。
しをんさんお疲れさまです(笑)

子どもの頃ぬいぐるみに名前をつけて日替わりで寝ていた話は今の次女とそっくり
次女に読んでやると「ほんとだ!」二人で笑っちゃいました。

しをんさんの小説でお気に入りは『舟を編む』『風が強く吹いている』ですが、エッセイの中に出てきた林業に携わる人達の話がとても魅力的だったので『神去なあなあ日常』『神去なあなあ夜話』も読んでみたくなりました。

2018-09-30 ハリネズミの願い

[][]
ハリネズミの願い

ハリネズミの願い


ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたつ。
さっそく招待状を書き始めるが、手紙を送る勇気が出ない。
もしクマがきたら? カエルがきたら? フクロウがきたら? ――臆病で気難しいハリネズミに友だちはできるのか? 
オランダで最も敬愛される作家による大人のための物語。


第14回 本屋大賞「翻訳小説部門」受賞。
かわいらしい表紙(装丁は日本版オリジナルとのこと)が気になったこともあり、ずっと読みたいと思っていました。

ハリネズミ、お疲れさま!と言いたくなります(笑)
これほどではないけれど、私もくよくよ悩んだり、考えすぎるタイプなので、共感しながら読みました。
まだ起こってもいない未来をあれこれ想像しすぎて(悪い想像がほとんど)しんどくなるんですよね。
考えても仕方ないのになぜかやめられない・・・
年を重ねて気持ちをだいぶ早めに切り替えるようになってきましたが、難しい。

たくさん登場する動物達も個性豊かで楽しかったです。
何度か出てくるカタツムリとカメの会話がいい味を出していました。

このまま淡々と終わるのかなと思っていたら、最後にちょっと物語が動きます。
ホッとしました。
ハリネズミが一歩前へ進めるきっかけになりますように。

他の作品も読んでみたいです。