Hatena::ブログ(Diary)

みけねこ日記 〜映画と、本と、美味しいものと♪ このページをアンテナに追加

2008/06/30 魂抉る傑作「告発のとき」

mike-cat2008-06-30

[]TOHOシネマズ六本木ヒルズで「告発のときTOHOシネマズ六本木ヒルズで「告発のとき」を含むブックマーク


アメリカが目を背けた衝撃作”

米「プレイボーイ」誌に掲載された衝撃のリポート

Death & Dishonor」をもとにしたイラク戦争の真実のドラマ。

監督・脚本は「クラッシュ」

ポール・ハギス

主演は宇宙人ジョーンズでもお馴染み、

「逃亡者」「ノーカントリー」トミー・リー・ジョンズ。

共演に「モンスター」シャーリーズ・セロンに、

「デッドマン・ウォーキング」スーザン・サランドン「SONNY ソニー」ジェームズ・フランコ

「ノーカントリー」ジョシュ・ブローリン「スリーパーズ」ジェイソン・パトリックと豪華絢爛だ。


ベトナム戦争当時、憲兵を務めていたハンクのもとにある日、

イラクに従軍中のはずの息子マイクの消息を訊ねる電話がかかってきた。

実はすでに帰国していたというマイクが、無許可離隊をしたままだという。

息子らしくない行動に疑問を感じたハンクは、

フォート・ラッドの基地に向かったが、そこで判明した恐ろしい事実

捜査に及び腰な地元警察や軍をよそに、真相を探り始めたハンクだが―


太平洋戦争からベトナム戦争、そしてイラク戦争…

単純な正義のために戦うことのできた昔と違い、

何のために戦うのかの大義を失い、迷走を続ける米国。

軍産複合体と歩調を合わせるかのように、

メディアすらも報じようとしない戦争の真実が、そこには描かれる。

理想的な軍人であったはずの息子がなぜ、こんな事態に巻き込まれたのか。

イラクの場所さえ知らなかった若者たちがバグダッドで見たものは何だったのか―

米国の正義を信じていたハンクが直面する真実は、

あまりに皮肉で哀しく、そして切ない。

当代一の名優トミー・リー・ジョンズは、そんなハンクの姿を見事に演じ上げる。


信じるがまま突き進むハンクの強引さに戸惑いながらも、

捜査に当たる地元警察の刑事エミリーのドラマもいい味を出している。

男社会に押し潰されそうになるエミリーシャーリーズ・セロンが好演し、

これまた映画そのものの厚み、深みをグッと増している。

すっかりタダのオヤジと化したジェイソン・パトリックや、

チョイ役のジェームズ・フランコはまあそこまで強烈な印象はないが、

スーザン・サランドンジョシュ・ブローリンあたりもさすがの感がある。


撮影監督コーエン兄弟映画でもお馴染みのロジャー・ディーキンス

陰影の使い方は相変わらず絶妙そのもので、映画に漂う哀切を強調する。

夜の砂漠に蜃気楼のように浮かぶ街の灯や、

意外な真実に打ちのめされる主人公ハンクの表情に落ちる影などなど、

場面場面の描写だけからも、哀しいまでにもどかしい戦争の真実が伝わってくる。


原題の「エラの谷」の寓話や、反旗のエピソードなど、

ここらへんの巧さもさすがポール・ハギスと感心するしかない。

すさまじく重く、そして魂を抉られるような衝撃作ではあるが、

ことし上半期屈指の傑作であることは間違いない。

必見、という言葉を何のためらいもなく使いたい、そんな作品だ。

ユキノユキノ 2008/07/05 23:39 トミー・リー・ジョンズは大好きな俳優さんなので
時間ができたら見にいきたいですね〜(ダメでもDVD)

「スターシップ・トゥルーパーズ3」が上映されるみたいです。
2は面白くなかったけど1はすごく面白かったので
3は見にいく予定です。
でも、上映している映画館が少ないんですよ(TT)

mike-catmike-cat 2008/07/06 00:01 トミー・リー・ジョーンズ、昔からすごい人ですが、作品にも恵まれ、まさに脂が乗りきった感じですよね。凹んでも大丈夫な時にぜひどうぞ。

「スターシップ〜」。ぼくも生涯のベスト5に入るぐらい大好きな映画です(悪趣味ですが)。フィル・ティペットがメガホン取った「2」はスケール感、ストーリーとも…でしたが、「3」はジョニー・リコ大佐も戻って来るみたいだし、監督・脚本も「ロボコップ」や「1」の脚本書いたエド・ニューマイヤーらしいので、ぼくもすこしだけ期待して観に行こうと思ってます。
ヴァーホーヴェンが撮ってくれたら文句なしなんですけどね…

鏡筆鏡筆 2010/05/05 02:51 「鏡筆の小説」で検索を。ブログが現われます。
作品名「自殺の理由としては十分過ぎる恥」のサンプルが読めます。
鏡筆は筆名。
それで「かふで」と読ませます。

2008/06/19 小品のよさが際立つ佳作「JUNO」

mike-cat2008-06-19

[]渋谷アミューズCQNで「JUNO」 渋谷アミューズCQNで「JUNO」を含むブックマーク


“そのつもり。

 ジュノ16歳。いちばん大人。”

ストリッパー出身のディアブロ・コディの脚本が、

アカデミー賞を獲ったことでも話題になったコメディ・タッチのドラマ。

ほかにも作品賞、監督賞、主演女優賞3部門でノミネート

16歳で思いがけない妊娠を経験するジュノを演じるのは、

「ハードキャンディ」「X-MEN:ファイナル ディシジョン」エレン・ペイジ

ジュノを見守る父に「スパイダーマン」シリーズでは鬼編集長を演じるJ・K・シモンズ

ほかに「キングダム/見えざる敵」ジェニファー・ガーナージェイソン・ベイトマン

監督「サンキュー・スモーキング」ジェイソン・ライトマン

製作には名優ジョン・マルコヴィッチも名を連ねる。


ちょっとオタクめだが、ごく普通女子高校生ジュノは、

同級生のポーリーとの興味本位セックスで予期せぬ妊娠をしてしまう。

一度は中絶しようと施設を訪れたジュノだが、産むことを決意。

養子縁組に向け、里親探しを始めるのだが…


16歳の妊娠・出産と聞くと、杉田かおる@「金八先生」を思い出す。

ショッキングどうこうというより、どうやって育てていくのか、が気になるところ。

この作品の中でも触れられているが、かの国では特に、

10代での出産は、低所得による生活苦につながるというのが多いようだ。

そのほかにも中絶や養子縁組など、

さまざまな話題を内包する作品としても話題になったらしい。


ただ、この作品のよさは、そうした問題への社会的メッセージではない。

ジュノを取り巻く環境ははっきりいって、かなり理想的で、

現実の10代の妊娠を取り巻く状況とは少々違う印象だ。

特に、J・K・シモンズアリソンジャネイが演じるジュノの両親は、

その包容力といい、理解のよさといい、ちょっと出来過ぎの感もある。

もちとん経済的には裕福とは言い難いが、親としては立派。

社会的問題となっている10代の妊娠に対しての、

ある意味での理想像ではあっても、問題への回答とはなっていない。


だが、一方でその両親とジュノとのドラマは秀逸だ。

10代の妊娠についてわかったような口を聞く検査技師に、

かっこよく啖呵を切ってしまう義母ブレンには思わず喝采だし、

男親のヤキモキを絶妙ににじませ、ジュノを見守る父はもう最高。

ガーナーとベイトマンが演じる里親夫妻や、

同級生ポーリーを演じるマイケルセラらも含め、共演陣はかなり強者だ。

妊娠を通じて、さまざまな経験をするジュノのドラマと合わせ、

なるほど話題性だけの映画ではないこともよくわかる。


小生意気なジュノの突発的で衝動的な行動を、

浅はかに見せないライトマンの演出も見事といっていい。

コミカルさとリリカルさを兼ね備えた映像も抜群で、

父アイヴァンをも越えるセンスが見え隠れしていると思う。


前述の通り、実際の社会問題についての視点は微妙

社会派ドラマ的な部分を期待して映画館に出向くと、

かなり不満が残りかねないような印象は否めないが、

純粋にドラマとして考えれば、小品のよさがうまく出た佳作。

くすくす笑いながら楽しめ、ちょっとキュンとなる映画だと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mike-cat/20080619

2008/06/14 さすがのシリーズ最新作「インディ・ジョーンズ」

mike-cat2008-06-14

[]TOHOシネマズ六本木ヒルズで「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国TOHOシネマズ六本木ヒルズで「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を含むブックマーク


“全世界待望──

 新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!”

ジョージ・ルーカス×スティーヴン・スピルバーグ

大人気シリーズ、19年ぶり、まさしく待望の最新作。

主演はもちろん、円熟の境地に達したハリソン・フォード

共演に「エリザベス:ゴールデン・エイジ」「アビエイター」ケイト・ブランシェット

「エイリアン」「レレファント・マン」のジョン・ハート

「アイリス」「ムーラン・ルージュ」ジム・ブロードベントの名優陣。

「トランスフォーマー」の新鋭シャイア・ラブーフや、“あの人”も登場する。


1957年、ネバダ州の米軍施設を襲撃したソ連兵の一団。

諜報部隊のスパルコ大佐は、インディ・ジョーンズをとらえ、

神秘の力を秘めたクリスタルスカルを捜索していた。

ようやくスパルコの手を逃れたインディだが、

全米に吹き荒れる赤狩りの嵐に巻き込まれ、大学を停職に―

そんなインディの前に、マットと名乗る青年が現れた…


ひと言「さすが」という感じである。

途切れることなく、畳みかけてくる見せ場の数々は、

まさしく「ジェットコースタームービー」の先駆けたるシリーズの面目躍如。

豪華共演陣もしっかりと効いて、重厚感もまずまず。

シリーズのファンなら感涙ものの悪戯もそこかしこに仕掛けられ、

タイトルクレジットからエンドロールまで、息つくヒマなく楽しめる逸品だ。


もちろん、悪ふざけが過ぎて“絶体絶命”感が欠けている面は否めないが、

それももうお約束世界として、シリーズの味わいとしてとらえれば、

まあそれほど目をつり上げて糾弾するほどの瑕疵ではない。

それにいまのルーカススピルバーグに、

「レイダース」の衝撃を期待するのも、まあ酷というものだろう。

お元気なインディ=ハリソンの姿が拝めるだけでも僥倖なのだ。

シリーズ最高傑作ではもちろんないが、

19年ぶりの期待に応えるだけのクオリティは十分ある。


フランク・ダラボンの初稿をボツにしてまで採用した、

デービッドコープ「ジュラシック・パーク」「スパイダーマン」)の脚本も上々。

ラストの部分が多少書き込み不足の感はあるが、

まあ、それを言い出したらこれまでのシリーズでもあったこと。

怒濤の勢いに身を委ねてしまえば、さほど気にはならない。

イベントムービーとしては文句なし。

素直に楽しめばいいんじゃない、というそんな一本だった。

ユキノユキノ 2008/06/19 22:38 私もインディ・ジョーンズ4見ました。
SF的なところ以外は、アクション満載ですごく良かったです。
還暦すぎているハリソン・フォードは頑張ったと思います。

mike-catmike-cat 2008/06/19 23:08 けっこうトンデモっぽかったですけど、そこらへん気にしなければ、すごく楽しめますよね。還暦フォードの奮闘は、ぼくもすっごく同感です♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mike-cat/20080614

2008/06/13 一杯のコーヒーに秘められた真実

mike-cat2008-06-13

[]渋谷UPLINK Xで「おいしいコーヒーの真実渋谷UPLINK Xで「おいしいコーヒーの真実」を含むブックマーク


“毎日の1杯から知る、地球の裏側。

 コーヒーの生まれた国、エチオピア。

 あなたの知らない世界が、そこにある。”

一日あたり全世界で20億杯が飲まれるというコーヒー

そのコーヒーをめぐる不公正な貿易システムが、

エチオピアの生産者を苦しめる、とんだからくりを暴く。

ロンドン出身のマークとニックのフランシス兄弟が、

製作・監督を兼ねて手がけた初の長編ドキュメンタリー


WTO価格協定が破綻して以来、

コーヒー生産者価格は下落の一途をたどっていた。

スターバックスなどの隆盛で、コーヒー消費量は倍増しているにもかかわらず、

エチオピアの生産者たちは、限度を超えた生活苦に苛まれていた。

バリスタコンテストなど、欧米の華やかな消費の現場と、

エチオピアの苦しい現実を対照的に映し出しながら、その矛盾を強く指摘する。


たとえばトールサイズのコーヒー

定価が330円だとしたら、生産者に渡るのは3〜9円ぐらいだという。

輸送や店舗などのコストや、商品化での付加価値などもあるし、

中間業者がすべて悪いとはいわないが、

この数字からは、公正という言葉はとても思い浮かばない。

一日に必ず数杯は飲むコーヒー好きとしては、

無意識、またはなかば無意識のうちに荷担させられることに愕然とさせられる。


もちろん、お得な価格を過剰に求める消費者にも責任はあるだろう。

生産者への正当な報酬、代価を支払うために、

値段が50円が上がると聞いた場合、

「それが適正ならばしかたがない」と納得する消費者がどれだけいるのか。

そりゃ、お得な価格でいいものが手に入るのはうれしいが、

誰かに生産者に痛みを押しつけてまでも、激安を求める強欲さは、

極論すれば、いまの不況にだって結びつく、非常に危険な考え方である。


生産現場では、教育の機会もなければ、飢饉をしのぐだけの食糧もない。

一方で、コーヒー価格の基準となるNY市場では、

投機家が濡れ手に粟の儲けを手にし、輸入会社も巨額の利益を生み出す。

その矛盾は、シアトルはパイプレイススタバ1号店などと、

生産者たちのなけなしの努力や悲痛な叫びとの、鮮やかなコントラストを映し出す。

製作者も語っているように、別にアンチスタバ映画ではないが、

まあ、スターバックスが一切の取材を拒絶したというのもわからなくはない。


映画が強く打ち出すメッセージは、消費者「フェアトレード」商品を選ぶことで、

そんな不公正な状況をいくらかは改善できるということ。

ラストで映し出される、USAと印字された小麦の袋。

苦しむ生産者への施しではなく、相互の敬意を持ったフェアトレードを、と訴えかける。

メッセージはグッとこころに響いてくるドキュメンタリーだと思う。


ただ、映画としてのカタルシスにはいまいち欠ける面もある。

NHKのBS−1とかでウィークデーの11時すぎとかにやってれば、

いちばんしっくりくるような作品ではあるかもしれない。

ちなみに公式サイトでは、コーヒー価格の内訳がシミュレーションできる、

COFFEE CALCULATORなども用意されているので、一見の価値はありだ。

サカキサカキ 2008/06/25 15:07 ううむ・・・・ぼくは缶コーヒーやパック入りコーヒー牛乳飲むくらいですが・・・・・きっと加担してるのでしょうね。

そういえば最近、はったいこをインスタントコーヒーみたいに溶かして飲んでいるのです。素朴な香りでなかなか悪くないですよ。

mike-catmike-cat 2008/06/26 14:21 加担している、という意識を持ちにくいだけに、その結果を考えると恐ろしい気もしますよね。

はったい粉、香ばしそうですね。昔でいう「強い子のミロ」に近いような味なんでしょうか…

サカキサカキ 2008/06/29 19:57 はったい粉自体は味がついていませんので、砂糖か塩を加えています。

インスタントコーヒーよりは栄養あるかと思いましてね。原料は大麦が主なのですが、僕が買ってる製品は小麦の胚芽も混ざってるそうです。”ミロ”なつかしいですね。あれも好きでした・・・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mike-cat/20080613

2008/06/10 考えうる最悪のラストに驚愕「ミスト」

mike-cat2008-06-10

[]TOHOシネマズ錦糸町で「ミストTOHOシネマズ錦糸町で「ミスト」を含むブックマーク


“この子と約束した 必ず守ると──

 霧(ミスト)の中には‘何’が待っていたのか──

 映画史上かつてない、震撼のラスト15分”

あの不朽の名作「ショーシャンクの空に」の、

原作スティーヴン・キング×監督フランク・ダラボンで贈るホラーサスペンス

主演は同じくキング原作「ドリームキャッチャー」出演のトーマス・ジェーン

共演に「ポロック 2人だけのアトリエ」オスカー女優、マーシャ・ゲイ・ハーデン

同じくダラボン監督作品の「マジェスティック」ローリー・ホールデンら。


湖畔の町を襲った未曾有の嵐の翌日、

ラストレーターのデービッドは息子のビリーとともに、

スーパーマーケットへ買い出しに出かけた。

しかし、突如スーパーの周囲を覆う深い霧、

「霧の中に何かがいる!」と叫び、店内に駆け込む血まみれの男…

やがて、スーパーの中で孤立したデービッドたちは、本当の恐怖と向かい合う―


キング×ダラボン看板を掲げながら、やや地味めの日本公開。

ちょうど予告がかかっていた時期に出張に出ていたこともあって、

あまり印象がないまま、放置プレイを続けてきたのだが、

知人から「絶対に観るべき」と強調され、重い腰を上げてみた。


いや、やられた、という感じだ。

「ショーシャンク〜」や「グリーンマイル」のイメージを、

見事としか言いようがないくらいに、鮮やかに裏切る“問題作”である。

まあ、キングといえば言わずと知れたモダンホラー大家

ダラボンだって、脚本家としての原点は、

「ブロブ/宇宙からの不明物体」「エルム街の悪夢3」などのホラー作品。

冷静に考えると、身の毛もよだつホラーの方がむしろ本職なのである。


しかし、この映画、もちろんただのホラーではない。

霧の中の“何か”のB級テイストも捨てがたいのだが、

本当に怖いのは、その“何か”ではない。

スーパーの中に孤立した、人間そのものである。

“何か”の存在を決して認めようとしないNYのやり手弁護士に、

ころころと立場を変える、無知で傲慢な田舎者

事件を神による啓示だとして人々を扇動する狂信的な女…

人間こそが一番恐ろしい、という事実を再確認させられる。


そして、公開コピーにもある、“震撼”のラスト

こうしたコピーはたいてい、JAROに言いつけたくなるような代物が多いが、

この映画に限っては、むしろ表現が控えめといってもいい。

言うならば、“考え得る最悪のシナリオ”といったところか。

その、アメリカ映画常識を覆す、皮肉に満ちた結末には、

思わず愕然とするというか、かなり打ちのめされてしまうこと請け合い。

もちろん、そうした“裏切り”はラストだけにとどまらない。

ところどころにざらりとしたイヤな感触を残すエピソードを散りばめ、

普通ホラーとは一線を画す、記憶に残るホラーぶりを示してくれる。


パンフレットに掲載された町山智浩氏によるインタビューも興味深い。

ダラボンにとって、この作品がある意味原点でもあったことや、

原作との違いについて、こだわりの“2発の銃弾”のエピソードなど、

これだけ読ませるパンフレットもそうはない。必読だ。

ちなみに、ダラボンが次に手がけるのは、

レイ・ブラッドベリの名作「華氏451」だとか。

これもまた、見逃せない作品になりそうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mike-cat/20080610