Hatena::ブログ(Diary)

ミステリ読みのミステリ知らず

*** INDEX ***

  • 別館へようこそ(作家名)》》》あ行 ・か行 ・さ行 ・た行 ・な行 ・は行 ・ま行 ・や行 ・ら行 ・わ行

2015年のミステリ映画をふり返る

日本推理作家協会の協会報(年に8回発行される)にミステリ映画時評を連載していて、年末年始の時期にはその年をふり返り、年間のベスト作を挙げている。昨年分も、つい先頃載ったばかりだが、ちょっと補足しておきたい事もあるので、ここに書いて一応の完全版としたい。(とはいえ、見逃している作品もあったりして、心許ないことこのうえないが、どうかご容赦いただければと思う)

 まずは、ベストテンを。とはいえ、面白く観た作品はすべてを挙げたいので、毎年、作品数は変動する。今年は12作あって、それ以上を削るのは難しく、ベストダズンになった。(ちなみに、いわゆる原作もの、映画祭などの限定上映作はダズンに含めず、後刻、別記するとしたい)

1.『薄氷の殺人』ディアオ・イーナン監督

2.『女神は二度微笑む』スジョイ・ゴーシュ監督

3.『チャンス商会 初恋を探して』カン・ジェギュ監督

4.『君が生きた証』ウィリアム・H・メイシー監督

5.『共犯』チャン・ロンジー監督

6.『黄金のアデーレ 名画の帰還』サイモン・カーティス監督

7.『マジック・イン・ムーンライトウディ・アレン監督

8.『顔のないヒトラーたち』ジュリオ・リッチャレッリ監督

9.『ロスト・フロア』パトクシ・アメズカ監督

10.『二重生活』ロウ・イエ監督

11.『技術者たち』キム・ホンソン監督

12.『ヴィジット』M・ナイト・シャマラン監督

 協会報での作品の並びは観た順だが、一応ランキングにしてみた。基準はあくまでわたしの好みでしかないが。

 ちょっとびっくりなのが、3位までをアジア映画が占めてるってことか。この分野でも、アジア圏の健闘は素晴らしい。わが日本映画が入ってこないのが、なんとも寂しい限りだが。

 トップの『薄氷の殺人』は、ベルリン映画祭金熊賞と男優賞という折り紙付きで、不良警察官のリャオ・ファンが洗濯屋の女グイ・ルンメイに勝手に眩惑されていく、いうなれば個性派ノワールだ。中国の各地で死体のパーツが見つかるという冒頭の謎が面白いし、スケートリンクや観覧車の中など、主人公らをめぐる忘れがたいシーンも多い。邦題も、ヘタレなものが多いなかで、この命名は絶妙だと思う。

 2〜4は、巧妙に足もとをすくわれた作品が3つ。3作の中で、もっともミステリ的なのがインド発の『女神は二度微笑む』で、クライマックでびっくり仰天した。一応フェアプレイ、というか伏線は張ってあって、それを見抜いた方もいらっしゃるそうだから、わたしが騙されやすい体質なのかもしれぬ。『チャンス商会』も、中盤の不意討ちがあまりに巧妙で、そこから見えてきたもう一つの違った景色に唖然としながら、思わず涙が出ました。このあざとさは、韓国映画ならではだよなぁ。

『君が生きた証』は後述するとして、ダズンの半分にあたるアジア圏の作品の話を続けると、台湾映画の『共犯』は、前年の東京国際映画祭(TIFF)で上映されたのを見逃していたので、公開されて大喜びした。瑞々しくもほろ苦い青春映画で、立ちこめるミステリ色も期待を裏切らなかった。TIFFでの上映作といえば、チャン・ビンジエン監督の『北北東』という中国映画もあったが、現時点で未公開。これまた見逃しているので、再上映の機会が早く巡ってくると嬉しい。

 中国の作品では、ロウ・イエが重婚という社会問題(作中に描かれるケースが、彼の国では頻発しているとのこと)に切り込んだという『二重生活』も面白かった。冒頭から、交通事故のシーンで一気にたたみ掛けてくる。もうひとつ、韓国の池畑慎之介(と勝手にわたしが思っている)キム・ウビンが天才的な金庫破りを演じる『技術者たち』は、スティング型ともいうべき作りに大きな爽快感があった。

 さて、『君が生きた証』だが、マシュー・マコノヒー主演の『リンカーン弁護士』にもちょい役で顔を出していたウィリアム・H・メイシーがメガホンを取ったこの映画のミスリードは、なんとも衝撃的。叙述トリックが使われているという情報を聞きつけ、旅先の大阪で映画館に飛び込んだが、観て正解だった。

 ナチス災禍の傷跡が深いヨーロッパでは、先の大戦の悔恨を忘れまいとする姿勢が映画の世界にも依然色濃く窺える。『顔のないヒトラーたち』はその方面の収穫のひとつで、アウシュビッツ裁判へと至る戦後ドイツの世相を振り返るとともに、そこに上質のサスペンスをまぶしている。家族の思い出を胸にひめる一女性が、ナチスに奪われた美術品を取り戻すため、国家という大きな存在に立ち向かう『黄金のアデーレ』の質の高いエンタメ性も買いだ。ヘレン・ミレンの凛とした佇まいと新米弁護士のライアン・レイノルズが成長していく姿が印象的だ。

 12作の外だが、ナチス関連では、ユベール・モンティエの『帰らざる肉体』を原作に仰ぐ、クリスティアン・ペッツォルト監督の『あの日のように抱きしめて』も、忘れがたい。『東ベルリンから来た女』に続きヒロインのニーナ・ホスの存在感はこの作品でも強烈だ。

 ミステリ映画の発信地として侮れないスペインからは、パトクシ・アメズカ監督の消失もの『ロスト・フロア』が出色。シャマランのマジック復活ともいうべき『ヴィジット』は、その可能性に気づきながら、濃い口の演出にまんまと引き込まれ、監督の術中にはまってしまったのであった。

(この項つづく)

2013年のミステリ映画ベストテン

 クライムものから、トリッキーな仕掛けのあるものまで、2013年もミステリ映画は豊作でした。国籍混交のベストテン(テンといいつつ、到底10作に収まるわけもなく。ちなみに、順位ではなく、観た順番)です。

 あえてベストワンを選ぶとすれば、悩みに悩んだあげくに、最後の最後は観客をとんでもない地点へと連れ去る(しかもロマンチックな)「トランス」かな。とにかく楽しい「10人の泥棒たち」や、設定の面白さで惹きつける「殺人の告白」、海外組の「イノセント・ガーデン」と「嘆きのピエタ」も出色だった韓国勢、依然強し。

--

D

ミステリーズ 運命のリスボン/ラウル・ルイス監督(2012・葡仏)

f:id:missingpiece:20130514073923j:image:right

よくボヤいているように、長い映画は苦手だけど、ミステリ映画だという触れ込みだし、おまけにこの邦題とあっては、観ないわけにはいかない。すなわち、〈ミステリーズ 運命のリスボン〉。南米チリ出身の巨匠ラウル・ルイス作品で、この映画の公開後に監督は亡くなっているので、実質的な遺作となってしまった。十九世紀前半のポルトガルの首都リスボン。孤児のジョアンは、出生の秘密を抱えながら、修道院で寄宿生活を送っていた。あるとき、ディニス神父の計らいで実母に会いにいくが、伯爵夫人でありながら母親が不幸な境遇にあることを知る。伯爵が家を空けている間に、神父は彼女を連れ出し、ジョアンは母親との暮らしを手に入れる。しかし、それも続かず、またも数奇な運命が彼を待ち受けていた。

上映時間は四時間二十六分。前編と後編で短い休憩を挟んでの上映だった。どうやら原作があるらしく、作者のカミロ・カステロ・ブランコはポルトガルのバルザックと呼ばれているらしい。なるほど、映画からもサーガとも呼ぶべき大きな物語の絵柄全体を俯瞰するスケールと、その細部をきっちりと描写する緻密さの両面性を備えた物語であることがわかる。複雑な人間模様を解きほぐしていくようなつくりで、人と人との思いがけない繋がりが次々と明らかになっていく展開は、シドニー・シェルダン調の大河ロマンスを思い浮かべてもらえば、当たらずとも遠からずといったところか。ミステリとしての興趣はやや希薄だが、意外性を織り込みながら四時間半を飽かさず見せるストーリーテラーぶりには感心させられる。

日本推理作家協会報2013年1月号]

》》》公式サイト

D

喪失/モー・ヘイダー(ハヤカワ・ミステリ)

昨年四月二十七日の昼さがり、自宅でパソコンと睨めっこしていた私は、思わず「やった〜」と叫んだ。NYのグランドハイヤットからリアルタイムで届けられるツイートで、モー・ヘイダーがエドガー賞に輝いたことを知った瞬間のことである。『死を啼く鳥』と『悪鬼の檻』で心臓を鷲づかみにされる衝撃を味わいながら、そこでぱったりと紹介が途絶えてしまったこの女性作家だが、九年ぶりに届けられた受賞作『喪失』は、デビュー時の才気はそのままに、小説世界がさらに深まっていることに驚かされる。誘拐された少女たちの行方を、おなじみの主人公警部が必死に追う緊張感あふれる捜査小説には、被害者の母親らの視点などが巧みに織り込まれ、血なまぐさいサイコスリラーという先入観は、いい意味で裏切られる。いわく言い難い脇役たちもいて、シリーズの今後が気になってしょうがない。

ミステリマガジン2013年3月号]

ゲットバック/サイモン・ウェスト監督(2012・米)

f:id:missingpiece:20130409082113j:image:right

タイトルから連想されるのはビートルズのナンバーだが、強盗仕事にかかる直前に主人公がゲンを担いで聴き入る音楽はCCRの「ボーン・オン・ザ・バイユー」。そんなプロフェッショナルニコラス・ケイジが演じる〈ゲットバック〉は、1997年の〈コン・エアー〉以来のコンビとなるサイモン・ウェスト監督作品だ。8年前の強盗事件で服役し、いったんは足を洗ったニコラス・ケイジを再び悪事に向かわせたのは、逆恨みから愛娘のサミ・ゲイルを誘拐し、大金を要求してきたかつての共犯者ジョシュ・ルーカスだった。事態に戸惑いながらも、昔の仲間で彼に好感を寄せるマリン・アッカーマンとともに、昔取った杵柄で強盗仕事に手を染めることに。

ややお手軽感のあるクライムものだが、最近も〈エクスペンダブルズ2〉でその達者な職人芸を披露したばかりのサイモン・ウェストの演出は実に軽快。やや緩めのプロットも、随所に小ネタがちりばめられているので、最後まで飽かせない。ちょっと褒めすぎかもしれないが、ドナルド・E・ウェストレイクのクライムコメディを映画にする際のお手本は、こんな感じといえるのではないか。主人公らを追う脇役のダニー・ヒューストンとマーク・バレーのFBI捜査官コンビもいい味を出している。

日本推理作家協会報2012年12月号]

》》》公式サイト

D

トールマン/パスカル・ロジェ監督(米加仏・2012)

f:id:missingpiece:20130405080611j:image:right

六年前に鉱山が閉鎖され、寂れてしまった炭鉱町のコールド・ロック。この町では、子どもたちが姿を消す怪事件が相次いでいた。目撃者の証言から、フードを被った長身の男が犯人との情報が流れ、子取り鬼の「トールマン」の仕業だという噂も囁かれていた。ある晩のこと、小さな診療所をひとりで切り盛りしているジェシカ・ビールの家からも、子どもが連れ出された。走り去ろうとする車を必死に追いかけ、彼女は命がけで子どもを奪還するが、なぜか町の人々からは、奇妙な視線を向けられることに。

監督のパスカル・ロジェは、出世作の〈マーターズ〉といい、その後ハリウッドに招かれるも〈ヘル・レイザー〉のリメイクを蹴ったという逸話といい、てっきりホラー映画の人だと思っていたが、〈トールマン〉は歴としたミステリ映画である。中盤の大胆不敵なツイストが決まったと思いきや、そこからさらに予想もつかない方角へと思いっ切った舵取りを見せる。欲を言えば、迷路のように広がる地下の設定をもう少し活かせれば、さらに良かっただろう。

日本推理作家協会報2012年12月号]

》》》公式サイト

D

湿地/アーナルデュル・インドリダソン(東京創元社)

警察ミステリの本場といえば、マクベイン、ウォー、リューインらを生んだアメリカだが、シューヴァル&ヴァールーのまいた種がマンケルらの活躍となって実を結んだ北欧は、今やその地位を逆転しつつある。アイスランドから登場したアーナルデュル・インドリダソンもそんな北欧シーンを代表する書き手のひとりだ。

湿地に建つ石造りのアパートから見つかった死体には、奇妙なメッセージが添えられていた。レイキャヴィック警察の捜査官エーレンデュルは、死者にまつわる忌まわしい過去を暴いていくが。事件と並行して描かれる私生活から伝わる主人公の人間的な魅力も印象的。スカンジナヴィア推理作家協会の〈ガラスの鍵賞〉受賞作だ。

このミステリーがすごい!2013]

湿地 (Reykjavik Thriller)

湿地 (Reykjavik Thriller)

裏切りの戦場 葬られた誓い/マチュー・カソヴィッツ監督(2011・仏)

f:id:missingpiece:20130319072143j:image:right

ナポレオン三世が領有を宣言した十九世紀からフランスの統治下にあったニューカレドニアの小さな島で、自国の独立を求める現地住民のグループが、フランス人憲兵たちを人質に森の洞窟に立て籠もった。知らせを受け、ヴェルサイユから駆けつけた国家憲兵隊治安部隊のリーダーで大尉のマチュー・カソヴィッツは、相手方と接触するも交渉に失敗し、自らも囚われの身となってしまう。しかし独立派のリーダー格であるイアベ・ラパカを説得し、事件を平和的な解決に導こうとフランス政府との間の連絡役を買って出るが。

アメリ〉や〈フィフス・エレメント〉などの出演作もある、〈クリムゾン・リバー〉のマチュー・カソヴィッツ監督による〈裏切りの戦場 葬られた誓い〉は、フランス政府も全面否定する史実の掘り起こしに、長い歳月が費やされたという。折りからフランス国内に持ち上がっていたミッテラン大統領とシラク首相が真っ向から対立する深刻な政治状況に、独立派の願いと主人公大尉の思惑が無情にも踏みにじられていく過程が、刻々と描かれていく。十日間の出来事の悲劇的な結末は最初のシーンにあるし、そもそも史実なのだから、物語の帰結は容易に予想がついてしまう。しかし、それでいてタイムリミットに向けての時間の流れに強烈なサスペンスを感じるのは、国家の失敗がどこにあったかという問題を徹底して検証しようとする製作サイドの真相究明に対する熱意から生まれているに違いない。全編が主人公の目を通して描かれるが、彼の無念さがいつまでも苦い余韻となって残る作品だ。

日本推理作家協会報2013年12月号]

》》》公式サイト

D

無罪INNOCENT/スコット・トゥロー(文藝春秋)

連邦検察局在籍時代に書いた『推定無罪』でスコット・トゥローに注目が集まったのは一九八七年。少し遅れてデビューした『ザ・ファーム/法律事務所』のグリシャムらとともに、リーガル・スリラーの分野を牽引したのは、今から四半世紀近くも前のことになる。『無罪INNOCENT』は、その名作『推定無罪』の二十年後の物語である。

不倫関係にあった同僚を殺したとして法廷闘争の渦中におかれたサビッチも六十歳を迎え、州上訴裁判所の主席判事の職についている。目前の州最高裁判事選でも当選が確実視されていたが、突如として窮地に立たされる。妻のバーバラが変死を遂げ、殺人容疑を掛けられたのだ。サビッチは、かつての恩人サンディにまたも弁護を依頼する。

いまや検事局のトップとなった宿敵トミー・モルトとの火花散る法廷シーンもあるが、印象的なのは彼らの考える?法の正義?が明らかになっていく過程だろう。期せずして再び相まみえた二人は、それぞれに人生の年輪を重ね、人間として深みを増した存在として登場する。作者の円熟の境地をうかがわせる感動の続編といえよう。

このミステリーがすごい!2013]

無罪

無罪