地給知足・虫草農園の通販サイト、です。

質素に暮らしている知足人たちの物欲を刺激する、悪魔のページです。
左側の「カテゴリー」から迷宮入りしてください。
(まだまだしょぼくて、ぜんぜん迷宮とは呼べないけれど)。

独立型太陽光発電セイフティキット

独立型太陽光発電・組み立てキット
主な接続部はシガプラグ&ソケットなので安全で、ショートなどのトラブルを回避できます
●30W組立キット 14580円(税込15746円)
●30W組立フルキット(電流&電圧測定機能付)17580円(税込18986円)
独立型太陽光発電・完成品
ハンダ付けなどの組み立て作業をこちらで行った完成品。主な接続部はシガプラグ&ソケットなので、初心者でも安心して使用できると思います。
■30W完成品 17580円(税込18986円)
■30W完成品フルキット(電流&電圧測定機能付) 21780円(税込23522円)
[f:id:mu
改善のため、上記の写真で紹介したものと、少し仕様を変更させていただきました。
主な変更点は、
_疂電防止の電圧制御が行えるようにチャージコントローラーの変更。
▲丱奪謄蝓璽リップをより安全性の高いものに変更。
3連ソケットを別体式から一体式に変更、しました。
また、5Wパネルの仕様はチャージコントローラー&インバーターを通すとロスが大きく、実用的ではないので現在仕様の変更を考えています。
インバーターも変更しました。これまでのインバーターは、USB給電を行うにあたってインバーター本体のスイッチをオンにする必要があり、そのためインバーターに電気を流すことによるロスが大きく、USB給電はインバーターのスイッチオフの状態でも給電可能なものへと変更しました。
音の静かなファンレスタイプであることはこれまでとかわりなく、最大許容容量は120Wから150Wにあがりました。

現在キットは写真で見るとこんな感じになっています(ただし最新キットでは、インバーターは写真のものと異なります)。
f:id:musikusanouen:20151202110901j:image:w360
↑スタンダードキット(電圧が監視できるように電圧計も付属します)
f:id:musikusanouen:20151202110900j:image:w280
↑出入りする電流も測定できるフルキット(バッテリーは別売です)。


 30Wのソーラーパネルを使用し、120Wまでの家庭用電気機器(交流100V=ノートPCなど)や、USB給電によりスマートフォンタブレットなどの充電が可能な独立型の太陽光発電セットです。
 パネルや機器の接続部分は、プラグ&ソケットにして、プラスとマイナスを逆接続してしまうことによるショートが起こらない安全設計というところにこだわりました(これまで初心者のかたの場合、この部分でのトラブルが多かったので)。
 初心者向けの完成品と、配線などを自分で組み立てたい人のための組立てキットの二種類があります(組立てキットの方は一部ハンダ付けなどの作業が必要で、またハンダやハンダゴテなどはキットに含まれていません)。
 組み立てキット、完成品、どちらにも総ページ数16ページの詳しい組み立て方&使い方の説明書(初心者向けに電圧と電流の話から、直流と交流の違いなどの解説、それに廃バッテリーを調達する際の選び方まで、かなり詳しく記載されています)が付属します。
f:id:musikusanouen:20140812165854j:image:w360
↑完成品はこの状態まで組み立てて発送させていただきます。
※ただし完成品及び組み立てキットにはバッテリー(自動車用であれば40B程度、産業用の場合は24Ah前後がオススメです)は含まれていません。環境負荷をできるだけ小さくするという視点では自動車用や産業用の程度のいい廃バッテリーを地元で調達し、それらをリユースするのがベストですが(廃バッテリーの選び方は取扱説明書に詳しく説明してあります)、見つけにくい場合は「NPO法人・非電化地域の人々に蓄電池をおくる会」で産業用の高性能バッテリーを再生販売しているので、そこから購入することをオススメしています。
 NPO法人「非電化地域の人々に蓄電池をおくる会」の「再生バッテリー販売サイト」←こちらをクリックするとサイトにとびます。
f:id:musikusanouen:20140812165853j:image:w360
 赤のクランプをバッテリーのプラス端子に、黒のクランプをバッテリーのマイナス端子に接続します。この部分は深刻な事故が起きやすいのでフルカバードのクランプを採用しました。
 脅かすようで申し訳ないのですが、自動車用バッテリー(蓄電池)を決して侮らないでください。たとえばプラスとマイナスの端子がむき出しの状態でその上にお菓子の缶(金属)をのせるとショートして端子に触れた部分の缶は溶けてしまいます。金属を溶かすほどのエネルギーですので、人の手の場合は深い火傷を負う可能性があります。
 このあたりの話は、初心者の方にも分かりやすいように、取扱説明書にてなぜそうなるのかを含め詳しく紹介させて頂いております。

 また、プラスとマイナスを逆接続する心配がないように、機器の接続も12V用のプラグ&ソケットでの接続とし、プラグはできるだけヒューズ内蔵タイプを使用し、安全性を優先しています。
 また許容電流値の低い安価なソケットやプラグも多く市販されていますが、定電圧の場合は流れる電流が大きく、プアな配線では危険です。このセットではバッテリーからインバーターまでどれも最大許容量15Aの製品を使用して接続されています(スミマセン、そのために少し値段が高くなってしまいました)。
f:id:musikusanouen:20140812165852j:image:w360
↑左の黒い箱がチャージコントローラーと呼ばれる機器です。ソーラーパネルで発電された電気をバッテリーに充電するのに調度いい電圧に調整し、バッテリーが満充電になってからは供給量をコントロールし、バッテリーの過充電を防ぎます(この機器は信頼性のあるドイツ製のものを採用しています)。
 バッテリーは過充電をさせると傷んでしまうのです。また、ソーラーパネルは夜間に電気を放電してしまうのですが、チャージコントローラーによって夜間の逆流を防止しします。
 そして右の黒い箱が音の静かなファンレスタイプのインバーター。家庭用(交流100Vの)機器が刺せるコンセントが二箇所、USBの給電口が一箇所付いていて、ここに家庭用の電気製品のプラグ(交流100V)、または、USBケーブルをつないで電気機器を使用したり充電したりします。
 過放電をさせるとバッテリーが傷んでしまうのですが、11V以下に電圧が落ちると警報音がなり、さらに電圧が降下すると自動的に電源を切る仕組みが内蔵されています。
f:id:musikusanouen:20140812165851j:image:w360
↑写真の上が15Wのソーラーパネル(450×290×25mm厚)。そして写真の下が5Wのパネル(290x205x25mm厚、希望により350×165×28mm厚も選択可)になります。5Wは持ち運びに便利でスマートフォンタブレットの充電であれば十分ですが、15Wに比べるとパワーは3分の1になってしまいます。ノートPCを太陽光発電で使用したいというような場合は、15Wのシステムをオススメします。バッテリーの容量にもよりますが、たとえば5Wのパネルに6時間日があたっていた場合、家庭用の5WのLED電球を3〜5時間点灯させる能力があります。
 ただ、チャージコントローラを通すことによる発電ロス&バッテリーの監視ロスがあるので、安定して使用できるというおとではできれば15Wがオススメです。

f:id:musikusanouen:20140812165850j:image:w360
↑こちらは別売のオプション品(税込1080円)。普段、電圧を知りたい人は、3連ソケットのあいている箇所にこのデジタル電圧計を差し込んで下さい(電圧計&電流計のキットにはこの電圧計が付いてきます)。
※シガプラグタイプのデジタル電圧計は残念なことに廉価な不良品が数多く出まわってしまっています。当社で全品検査後、出荷しています。申し訳ないのですが、他社で購入した不良品は当社では交換できませんのでご了承のほどお願いします。
f:id:musikusanouen:20140812204804j:image:w360
↑こちらも別売品。電圧や電流値、抵抗値などを計測可能なデジタルマルチテスター(税込1510円)。このテスターを直列に組み込むことで、発電電流や消費電流の増減を調べることが出来ます(直列に組み込むためのプラグや端子台、ヒューズなどが含まれるのがフルキットになります)。
 この電流計はオンオフスイッチ(黄色いスイッチ)がダイヤルとは別体のタイプなので電流計として配線内に常時組み込んでおくことが可能で、スイッチのオンオフで任意のときに電流値を表示できるので内臓の電池を消耗しません。また手を離しても測定可能なワグ口クリップ付きです。

 また、スタンダードキットに、電圧&電流を測定するためのテスターやメーター、バナナプラグなどの部品、ヒューズ、配線、それに専用の取扱説明書などを加えたものが、フルキットになります。

小型独立型太陽光発電 知足キット

商品名太陽光発電知足キットA(品番:知足A) 5950円(税込6426円)
商品名太陽光発電知足キットB(品番:知足B) 8300円(税込8964円)
f:id:musikusanouen:20130317014925j:image:w390
 ターミナルの固定にゴムホースを使ったり(でも意外とこれが安全)、チャージコントローラーを使わずにダイオードで代用したり、ケチに徹した……じゃなかった、「足るを知る人」のためのキットです。


f:id:musikusanouen:20130317014927j:image:w320
 しかしそれでも、交流の100V電源と、携帯電話などの充電に便利なUSB給電、それに直流12Vのシガーソケット電源の三種類を使うことができます(インバーターは写真の物と異なります)。


f:id:musikusanouen:20130317014926j:image:w360
 端子台にヒューズとダイオードをセットし、ターミナルに(絶縁材である)ゴムホースで固定します。

太陽光発電 知足キットA
f:id:musikusanouen:20130317014924j:image:w360
「5Wのソーラーパネル」(写真のものとパネルのサイズが変わりました現行サイズは290x205x25mmになります)新しいパネルの写真はこちらです。
音の静かなファンレスタイプの135Wインバーター(従来のものは夜中に電圧降下の警報音がなることがあり不評だったので、電圧が下がると自動でオフになるタイプに変更したので写真のものと外観が異なります)、
「端子台」、
「10Aヒューズ」1、「スペアヒューズ」1、
「逆流防止用ダイオード」1(シリコンダイオードよりもさらにロスの少ないタイプです)、
小端子用(プラスポストが10仭宛)「ゴムホース端材」+用−用各1、
「日本語の説明書」が付いたセットです。

 バッテリーは自動車修理工場などからまだ使える廃バッテリーを探してきて使うことを前提としているので、セットにはバッテリーは付きません。
 ゴムホース端材ですが、小端子タイプ(Bタイプバッテリーはほとんどこちら)ではなく大端子タイプ(プラスポストで13ミリ前後:Dタイプバッテリーに多い)をご希望の方は、注文時の品番を「知足A大」としていただければ変更します。


太陽光発電 知足キットB
f:id:musikusanouen:20130317014923j:image:w360
 上記の「知足キットA」に
「3連シガーソケット」と、そこに差し込んで使える「デジタル電圧計」を加えたセットです。
 キットのインバーターはバッテリーを深放電させないため、電圧が約11ボルトになると電源を遮断するのですが、電圧を知ることで、そろそろ切れるなぁ、とか、よしよし、太陽ががんばって発電してくれているぞ、なんてことが分かったりします。
(大ポスト(直径13ミリ前後)用ゴムホースが欲しい場合には、品番を「知足B大」としてください。

 製品およびキット内容は、改良のため仕様や外観が若干、変わることがあります。まことに勝手ではありますが、その点、どうかご了承のほどお願いいたします。

 また完成品(組立済み、ただしバッテリーは除く)をご希望の方は組み立て手間代として2500円にて承っております。よろしくお願いします。