ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

怠け者の研究日誌

10月21日

ペーパーマリオ カラースプラッシュ

クリア。

シナリオの進行が一本道でなく中心から色んな方向に広がっていくマップで、ステージ内のギミックも含めて構成的にはよかったかなと。よくバトル以外の要素で即死させられるけど、ちゃんとセーブポイント作ってあるし。

スーパーペーパーマリオの次元ワザを思い出す仕掛けが出てきたのが印象に残った。


逆にバトルに関してはやっぱり不満が残る感じで、特にボス戦がただのイベントになってしまっているのはいただけない。スーパーシールの時はゴリ押しでも勝てることは勝てたけど、今回は絶対勝てないようにしてあるので、必要な準備をしてないと単なる時間の無駄になってしまう。

一番良かったボス戦はカメック戦だろうなあ。

ラスダンもなんだか短くてちょっと拍子抜け。まあボスは強いと言えば強かったけどなんだかなー。


ネタ要素は前作よりは進歩(?)した感じだけど、スーパーペーパーマリオの超悪ノリには遠く及ばないな。ラスボスクッパとか普通すぎてつまらんよねw

10月15日

ペーパーマリオ カラースプラッシュ

2つ目の大ペンキスターを取ったところまで。


バトルの基本システムはスーパーシールと同じだが、ペンキがFPの代わりになっており、強力なカードの使用にリスクを持たせている。スーパーシールでは強力なカードは持てる数自体が少なかったので、その点を置き換えた感じか。

ゆっくりコマンドを選べる反面(たまにヘイホーにカードを盗られるが)、バトルのテンポが遅くなりがちなのは残念なところか。


色ぬけの修復やカード博物館など、コンプ要素も色々あるので、家でゆっくり時間をかけて遊べっていうことなのかな。まだまだ序盤なので先に期待しておこう。

10月8日

DQ10 - バージョン3.4

サブも無事に魚コンプ達成。

今までは闇の釣りざお改☆3を使っていたが、試しに氷の釣りざお改☆3にしてみた。


闇の釣りざおの場合、開幕から闇の力を発動することも多いが、氷の釣りざおは使い方が異なる。

まず食いつき度に注意しながら、竿を引く・ゆるめるのみを使用。この状態で天使のルアー効果はまだ発動させず、食いつき度を10以下にできればベスト。食いつき度が10以下になると会心が出やすくなるようなので、氷の力を使用し、凍結状態のまま引き寄せ続ける。(凍結状態の魚は引き寄せる距離が半分程度になるが、会心は半分にならない。)そして凍結状態が解除したら「全力で引く」を使用し、それでも食いつき度が残っていれば天使のルアー効果が発動するまで引き続ける。


ただし魚によっては食いつき度が10以下になる前に危険な行動を取ってくることもあるので、そこは臨機応変に。メガロドンが大きく口を開けた時に氷の力を使うと、次のターンの痛恨を阻止できるので、ゆるめる回数が残っていなければ使用した方がいい。


その後は定期的にキラキラマラソンを挟みつつ、週替わり討伐や試練の門を消化。経験値もゴールドもおいしいけど、さすがに1日6回は疲れる…w

10月7日

DQ10 - バージョン3.4

とりあえずシナリオをクリア。

今回も全ボスを2アカ2サポで討伐。難易度的には炎<水<闇≪氷のイメージ。


最後だけやや苦戦したが、前座は弱いので、3匹の状態を凌ぐことを重視して構成を考えた方がいい。テンションバーンが面倒だったので戦士賢者+サポ僧侶メタッピーで行ったが、賢者が洗礼している余裕はほとんどなくメタッピーのGFに頼っていた。僧侶2でもよかったかもしれない。


クリア後は領界討伐をやろうとしたが、途中で気が変わって釣りに熱中。メイン(Lv30)は無事に80種コンプを達成。サブ(Lv25)は最後の1種がどうしても釣れずに79種。報酬がメタル迷宮ペア招待券なので、明日こそは釣り上げたい。


新装備は特に急がないので、値段が落ち着くまで待つ予定。スライムレースの賞金があるとはいえ、足の踊り転び100にこだわると結構高くつくからなあ…。ダイケンキ(違)の鎧はそのうち買うとは思う。

10月3日

DQヒーローズ2

クリア。主人公は戦士のままレベル41だった。

ラスボスはそんなに守備力高くなかった。その代わり攻撃は非常に強力で、ちゃんと動きを見て防御or回避しないとあっという間に死ねる。


敵の攻撃が強力なのを見ると距離を取りたくなってしまうが、実はそれが落とし穴で、近距離に対して使ってくる攻撃は回避しやすく、威力も致命的ではないことが多い。また衝撃波や呪いの玉のようにジャンプで回避する攻撃は、敵に近付きながらジャンプした方が避けやすい。


主人公は隙を見つつ剣で連続攻撃を入れてテンションを上げ、他の仲間は主人公が捕まった時に一気にテンションを上げられる。ジゴフラッシュが避けにくいので、そのタイミングでハイテンションになって無効化し、一気に削っていった。

それでも回復がかなり厳しかったので、全体回復を3人入れた方がよかったかもしれない。


中盤から敵のHPが無駄に高くなるだけの作業感が出てしまっていたが、最後はしっかり手応えのあるバトルになっていて良かったと思う。

10月2日

DQヒーローズ2

買って初めての日記がラスボス直前というw

必殺技とモンスターコインが強すぎるので、ラスダン四天王(?)突入までは特に苦戦することもなかった。


初めて苦戦を強いられたのがデュラン戦。攻撃が強すぎてガードしても回復が追い付かなくなってしまう。また主人公のはやぶさの剣では攻撃力が低くてダメージが通らないのも辛い。

改めて操作方法を見直し、みかわしや「たぎる」を覚えて、マリベルで回避→メラミを続けることで何とか撃破。


はやぶさの剣より上の片手剣はないようなので、双剣にでも持ち替えてみるべきなんだろうか?でも今さら熟練度を上げ直すのもなあ…。

9月22日

ドラゴンクエストビルダーズ

クリア。のんびり進めていく予定はどうしたのやらw


ラダトーム編は最初の悲惨な状況が印象的。でも最後には一番強くなっているという。

竜王第1形態は車で突進して強引に突破。第2形態は高いところに逃げろ、というのがどうしてもできなかったが、HPは十分にあったので薬草に任せて突破。結局無理やりである。


そんなに頑張ってやり込むつもりはないので、次はヒーローズ2でも買ってくるかなあ

9月19日

ドラゴンクエストビルダーズ

メルキド編、リルムダール編をクリアし、マイラ・ガライヤ編へ。

毎回強さはリセットされるが、徐々に遊びの自由度も難易度も上がっていくのが面白い。


何かゲームの雰囲気的にはピクミンっぽいなーという感想。夜になると拠点に帰らないと危ないとか、橋やゲートを作ったり壊したりとか。

一度始めると結構夢中になってしまうので、通勤時は辛いが、DQ10のやりすぎ防止には有効だな。

9月16日

ドラゴンクエストビルダーズ

サブでもダクキン4撃破…したのはいいものの、さすがに無理をしすぎたのでDQ10はプレイ時間を減らしているところ。

が、空いた時間に勉強なんてするはずもなく、別のゲームを買って来るだけなのであった。


PS VITAを買ったので、ヒーローズ2とどっちをやるか迷ったが、とりあえず雰囲気が気に入ったのでビルダーズから。メルキド編のラスボス中に電池が切れたところ(


戦いはほどほどにしつつ、素材を集めてひたすら物を作っていく、というのは性に合っている模様。これで魔物が壊しに来なかったらいいのに、と思ってしまうが、それではゲームにならないかw

先は長いが急ぐこともないので、のんびり進めていく予定。

8月27日

DQ10 - ダークキング4撃破

3を倒してから1か月以上、色々あったけど、何とか4を倒すことに成功。

構成は戦戦占僧で、僕は占い師担当。攻撃・補助・回復とバランスは難しい面もあるけど、やってて飽きない職業ではある。


この構成での戦術については既に色々なところで取り上げられているので(別に書くのが面倒になったわけではない)、個性が出る要素であるデッキレシピをメモ。


  • 戦車のスウィートバッグ×2
  • 死神のスウィートバッグ×2
  • 罪人のスウィートバッグ×1
  • 力のマッドスミス×1
  • 力のミケまどう×2
  • 力のわたぼう×1
  • 皇帝エンゼルスライム×1
  • 教皇のマッドスミス×1
  • 女教皇のマッドスミス×2
  • 女教皇のミケまどう×2
  • 節制のモッツァレーラ×1
  • 太陽のピンクボンボン×1
  • 審判のエンゼルスライム×1
  • 愚者のマッドスミス×1
  • 愚者のミケまどう×1


射程とオーラの発動を考慮し、スウィートバッグ、マッドスミス、ミケまどう各5枚積みは安定だと思う。わたぼう1とエンゼル2も固定なので、残り2のモンスター枠が自由になるけど、アルカナ効果をさらに強化するものを組み合わせてみた。MPに関しては、戦士+自分の分は節制モッツァレーラ1枚で足りる。僧侶はエルフの飲み薬を使ってあげよう。

敵が弱い時にもバランスよく対応できるようにしたつもりなので、1や2の時はアイテム節約もできるし、4を倒せる火力があることも示せてよかった。

7月18日

DQ10 - ダークキング

実装から12日(3サイクル)が立ち、3までは何とか撃破し、4で撃沈してきたw


1と2に関しては、真やいばを維持しやすい戦戦道僧構成が簡単。サブでも問題なく行ける。賢者入りの構成もいいらしいので、試してみたいところ。


3はサブも含めて僧侶でクリア。

できるだけ後ろに構えてタゲ時に引っ張ることで、時間を稼いで敵の行動を減らすのが重要。聖女や蘇生などで前に出たくなる場面もあるが、そこで自分にキングプレスが飛んでくるのが最悪なので、ある程度は味方に任せる覚悟も必要になってくる。


盾ガードやみかわし装備はあった方が楽になるが、一応3ぐらいならなくても行けることはサブが証明済み。動きの慣れの要素が大きい。


4はなかなかメンバーの連携が取れずに苦労したが、深夜に割とかみ合うメンバーが見つかり、フレンドになれたのは収穫。最終的にはアイテムの力に頼るにしても、まずは練習しないと始まらない。まだ始まったばかりだし、焦らずにいきたい。

7月6日

DQ10 - ダークキング

とりあえず一番弱いのを撃破。踊り2旅芸僧侶の構成で、旅と踊りでぞれぞれ1回ずつクリア。


旅の時はしょっちゅう消えるバイキのかけ直し(風斬りの舞いがあると少し楽)や、ザオラルで手いっぱいで、ほとんど攻撃の余裕はなし。僧侶もキラポンしている余裕はないので、毒無効にするのは必須な感じだった。


踊りでは扇での幻惑やおたけびのショックを適宜狙いつつ、ヴァイパータナトスで攻撃するが、敵の守備が高いのがつらい。災禍の陣は効果が大きいのでうまく活用したい。


後半はレーザーが多くて回避が難しく、何度も死にながらの戦いになる。毒自体のダメージも地味に役に立っているかもしれない。


今日の最速タイムは約14分。これでは2も大変そうである…。修行せねば。

6月25日

DQ10 - キラキラマラソン

今も闇の領界で盛んなキラキラマラソン。しかしナドラダイト鉱石の値段は下がる一方なので、他の地域でのマラソンについても考えてみた。


・氷の領界

ポイントは限られるものの、そこそこの確率で拾えて、いつの間にかナドラダイトよりも高くなった天竜草は割とおいしい。キラキラポイントが少ないため、他のマラソンと併用もしやすい。


・炎の領界

確定ポイントがあるのはいいものの、ナドラダイト率は闇よりかなり低い印象。逃げられないエリアがあるのも面倒なので、基本やってない。


レンダーシア

真偽ナシームの洞窟とラゼアの風穴でサボテン集めが可能。単価はナドラダイトよりは低いものの、拾える確率としては高い。

格闘場の石→飛竜→真ナシーム→飛竜→ラゼア

ピラミッドの石→飛竜→偽ナシーム

と、普通に持っているルーラストーンだけで行けるので割とやりやすい。まあサボテンが高騰している今だけのマラソンだけど。


マガツ鳥のツメ(575万)を買ってしまったので、また頑張って金策しなければ(←職人やれよw)

5月28日

DQ10 - バージョン3.3

色々と忙しくて時間がかかったものの、何とかシナリオをクリア。

2アカ+2サポでの進行を通せたので、氷の領界のボスに比べたら強さは控えめ。


途中のボスは過去で1回時間切れになった以外、ちょっと危なさは感じつつもメイン戦士、サブ旅芸、サポ戦士+僧侶の定番構成でクリア。


塔のボスは闇の状態になってからの対処がポイントで、まず敵の範囲攻撃が雷属性のようなので、ビーナスorいんろうとストームタルトで即死を防ぐ。そして複数人がピンチなようなら迷わず世界樹のしずくを投入。こうしていればいずれ邪魔者もいなくなり、明るくなってくれる。


その次のボスは呪文が重かったので、戦士構成は諦めてメイン賢者、サブ魔使、サポバト+僧侶に変更。敵の行動は発動が遅いものが多いので、バトのランドインパクトによるふっとびも役立つ。またマホカンタがかかっていても、無視して呪文を撃ってくれる。


本当はシナリオをそんなに急ぐ必要はないんだけど、つい気になってしまうという。落ち着いたのでゆっくり魚でも釣るかな。

5月22日

DQ10 - 3.3に向けて

バージョン3.3まであと3日というわけで、アストルティアでの近況まとめ。


・レベル上げ

2アカそれぞれのリーダーキャラは全職レベル93に。サブの方は僧侶しか特訓終わってないけど、まあ気長にやろう。

日替わり討伐用のサブたちも真レンダーシアには到達。ビートも覚えて、試練8門は使えるようになった。


・レンダーヒルズ

3.3でさらに便利になると思われるレンダーヒルズに、一足先にお引越し。日替わり討伐とかでセコく稼いでも1億には到達できる時代。一応新武器を買えるぐらいの予算は残ったけど、しばらく節約しないとな。

住宅村内でサポの補充や転職ができ、達人やカジノも出口から近いので、あって損はない(ただし他に欲しいものがあったらそっち優先でいいと思う)というのが第一印象。


・イベント

一応イベントには少しだけでも参加。今回のアレフガルド討伐では、サブがあくまのきしを倒すことに成功した。バトマス4人で迷宮に潜り、3Fで出なかったらもろば自殺してやり直し。いかに効率よく死ねるかを追求するのもまあ面白かったかな。(最後の方はだいぶみんな疲れてたけど…w)


3.3も楽しめるといいな。