Hatena::ブログ(Diary)

okatakeの日記

2017-01-17

okatake2017-01-17

昨日、NHKでネプチューン主演の空想大河ドラマ「小田信夫」試写を見る。前田司郎脚本が、時代劇をどこまでふざけられるか、という試み。ネプチューンの三人が会場に来ての記者会見があったが、ぼくは次があるので直ちに退席。阿佐ケ谷へ。これまたNHK「東京ディープ」で「阿佐ケ谷」を取り上げることになり、青柳邸で「阿佐ヶ谷会」についての青柳いづみこさん中心の撮りがあるという。中央線文学研究の第一人者・萩原先生の要請で、平日昼間に身体が空く「新阿佐ヶ谷会」メンバーということで、ひさしぶりに青柳邸へ。ここは、いづみこさんの祖父青柳瑞穂が暮らした家で、井伏鱒二上林暁木山捷平太宰治などが集った。事前に、青柳いづみこ川本三郎監修『「阿佐ヶ谷会」文学アルバム』2007/幻戯書房南陀楼綾繁編集)を読み返す。たぶん、自分の書庫から見つからないだろう、図書館で借りるかなどと思ったら、思っていた場所であっさり見つかった。探している本が、こんなに簡単に見つかるのは珍しい。久しぶりに、自分の書いた「阿佐ケ谷・荻窪文学散歩」などを読んでいたら、これ、よく出来た本で、よくぞ作っておいてよかったなあ、と思う。本文活字が精興舎というのもうれしい。

青柳いづみこ邸で、川本三郎さんを顧問に、縁の編集者や装幀家、ライター、音楽家、教員などが集い、酒を飲む「新阿佐ヶ谷会」が始まったのが2002年1月。きっかけは、2000年にいづみこさんの著書『青柳瑞穂の生涯』(新潮社、のち平凡社ライブラリー)が出た時、志願して「サンデー毎日」著者インタビューで青柳邸を訪れたことにある。ここが、あの「阿佐ヶ谷会」の家かとカンゲキし、その熱をいづみこさんに思う存分伝えたところ、それじゃあと始まったのだった。そういう細かなことも、じつはこの本を読むまで忘れていた。2003年には、阿佐ヶ谷会に倣って、奥多摩へ遠足に出かけている。「阿佐ケ谷・荻窪文学散歩」ルポを書くのに、ナンダロウくん、新潮社Yさん、カメラマンTさんと一緒に周辺を巡って、そのときの写真が『アルバム』に収録されていて懐かしい。川村書店前で、ご主人、均一を漁るぼくとナンダロウくんの後ろ姿が写っている。これ、貴重な写真だ。

青柳邸を辞す時、いづみこさんから、高橋悠治と録音した新譜CD「大田黒元雄のピアノ」をいただく。大田黒元雄邸に残された1900年スタインウェイを修復、日本でプロコフィエフが弾いたというピアノが復活、大田黒邸で催されたピアノの夕べで演奏された曲を、両ピアニスト青柳、高橋という異色組み合わせが再現するという試み。深夜に聞き、いままた早朝に聞いたら、荘重、典雅な気分になる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okatake/20170117

2017-01-16

寒い昨日、ほとんど家にいる。夜は父「おでん」を作る。「おでん」をストーブで仕込みながら、京都女子駅伝を途中から。京都在住時代は毎年見ていた。京都の見知った風景が映るし、健気に走る若い女の子たちにも魅せられた。今年の京都は大変な雪だ。今出川から白川へ折れる手前、善行堂が映らぬかと目を凝らすがチェックできなかった。しかし、ぼくがよく見ていた30年前に比べたら、女子駅伝の選手たち、可愛い子が増えました。以前は(以下、24文字抹消)だったから。静岡4区を走った宮田佳菜代さん(すぐ名前をメモ)は「おっ」と思うキレイな人。

夜、CSで録画した「コンティキ」を見る。へイエルダールが仲間といかだでチリからポリネシアまで100日かけて海を渡る。『コンティキ号探検記』は世界的ベストセラーになった。それを映画化。いま河出文庫で入手可能。ちくま文庫にも入っていたか。そうか、筑摩の世界ノンフィクション全集にかつて入っていて、それが筑摩叢書になり、ちくま文庫にという流れか。こちらは「探検記」ではなく「漂流記」。しかし、意志をもって、計画のもと目的地を目指しての航海だから「漂流記」はおかしいか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okatake/20170116

2017-01-15

ソニーエンタメステーションの「ドーナツボーイズ」連載第5弾「水色の研究」がアップされました。アクセス、クリック、「いいね!」の順でご堪能ください。連載存続は、あなたの一押しにかかっております。

https://entertainmentstation.jp/63329

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okatake/20170115

2017-01-14

いやあ、冬らしくなってきました。今日なんか、雪がちらついていた。

昨日は神保町愛書会。コミガレに流れ、塩山御大と遭遇、いっしょに中華で昼飯、ドトールと四方山話をさせてもらい、ぼくは白山へ。本郷通りを冬の東京さんぽをしながら、今年オープンしてすでに話題の古本屋「青いカバ」へ。詳細は「古通」に書くつもり。すぐ近くの東洋文庫へも初見参。これが13日。

今日はゴンチチを聞きながら高円寺西部会館「均一祭」へ、30分オクレぐらいで参戦。いやあ、すごい人出だ。押し合いへしあいのなか、知り合い何人かに挨拶。常連セドリもはりきってセルフ籠を満杯にしている。昭和34年「冒険王」付録、板井レンタロー『モウちゃん』、2008年全古書連会員名簿などを買う。板井れんたろう(という表記に親しみがある)は、丸っこい絵で、「スリルくん」「ポテト大将」「おらぁグズラだど」など懐かしい漫画家。見ているだけで、ほのぼのしてくる。

会場で古ツアさんを見つけ、一緒に西荻へ。以後の行動は、古ツア・ブログを参照。そのとおりであった。ヴォーリズの生涯を小説化した『屋根をかける人』を読了。音羽館の今月再開は、23日なんて書いたが、25日(水)から、になるようです。訂正しておきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okatake/20170114

2017-01-13

古書通信編集部ツィッターにて、『気がついたらいつも本ばかり読んでいた』(原書房)が、ついに東京堂書店ベストセラー売り上げで一位になったことを知る。やはりうれしい。ぼくの理想が「植草甚一吉田拓郎」とも、同書き込みにも書かれていて、けっきょくそうなんだなあ、と気づく。この二人が、ぼくの二大「なりたい男」なのだ。もう、何もかも間に合わないけど。早く仕事を片付け、1位を滑り落ちないうちに神保町東京堂書店」ウィンドウに記念写真を撮りに行こう。日本全国に「東京堂」が100店舗ぐらいあれば、ぼくも何とか食っていける気がする。あ、本を売って下さっているほかの新刊書店にも感謝しております。

https://mobile.twitter.com/yumenoyamame

朝日新聞」に、地域ブランド調査で、茨城栃木群馬の3県が下位を独占という記事があった。ぼくも、今はこの3県の位置関係や違いが多少わかるようになった(混乱はまだある)が、関西在住自体は霧の向こうにかすむ県で、ひとかたまりに見えた。久世光彦ドラマ「あとは寝るだけ」の「北関東逆境会」を思い出す。

赤旗 試写室」、藤子・F・不二雄原作、堤真一主演の連続ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」第一回の試写原稿を書く。脚本・演出福田雄一が、おふざけギリギリまで遊んでいる。「サン毎」新刊案内は山田宏一ヒッチコック映画読本』など。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okatake/20170113