スマートフォン用の表示で見る

坊っちゃん

キーワードの候補

2件

読書

坊っちゃん

ぼっちゃん

 ぼっちゃん 【坊っちゃん】(※新字表記)

 夏目漱石の小説の一つ。初出:明治39年4月「ホトトギス

 明治28年、東京高等師範学校の教授だった夏目漱石は、四国の松山中学の教諭となる。数え年29歳のときだった。一年間松山ですごした生活が「坊っちゃん」成立に大きな関係があり、その間に見聞した事実や、接触した人物を材料にして、フィクションを作り上げたものである。

 人生の最大の悪は虚偽であるということが、この作品のテーマといえる。「おれ」は庶民的な正義感の代表で、それが大多数の読者に愛される原因である。清の愛情も美しい。

 

坊っちゃん (岩波文庫)

坊っちゃん (岩波文庫)


fiction/modern

a novel written by "夏目漱石".

Just for your convenience, id:nobody will hyper-link this page to a useful WWW resource called "青空文庫". You'll obtain much more detail about the author (that is, 夏目漱石) as well as the novel, I hope.

As of 05Feb03, "坊っちゃん" in "青空文庫" is localted at http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/card752.html . If you notice the death of link in the future, please edit this page to correct the URL field below. Thanks in advance. (id:nobody)

坊っちゃん (新潮文庫)

坊っちゃん (新潮文庫)

アニメ

坊っちゃん

ぼっちゃん