おやつ新報blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016年12月01日(木)

[]今年も「おせち部」

師走の訪れとともに気ぜわしく…という訳でもない平常運転のインドですが、平常って何だ。お札が突然、紙クズになると言われたり、地球最悪スモッグが大地を覆っていたり、まったく痛くもかゆくもないハラを探られたりのサンドバッグ状態ですが気にする時間が正直、もったいない。自分の持ち時間は有限ですから。

年末年始は帰国する方も多いのですが日本は寒いし、移動も大変だし、買い物も時間がかかるし…で、居残ります。大みそか、おせち部を今年もします。インドで年越し組のみなさま、ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161201

☆ブッシュドノエルの会は満席になりましたが、サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

2016年11月30日(水)

[]デリーの園芸店へ<下>

 予約のとれないインド料理教室「Blue Lotus」で教わった情報をもとに、デリーの銀座・カーンマーケットへ出かけました。園芸店なんてあったかなあ、と思いつつ周囲をグルグル…、あったありました。「KAMAL NURSERY」です。道ばたに鉢を並べているだけの店しかみたことがなかったので、ちゃんとした店構えにみえます。まずは季節柄というわけでポインセチアを発見、でも食べられないものはスルーだスルー、と言いつつどんどん中へ入りました。何かハーブはない?と訊くと、出してくれたのがオレガノ、タイムの苗です。1ポット100ルピー(160円)です。パセリは1ポット20ルピー(320円)で、これもついでにお買い上げです。ちゃんと育つとありがたいなあ。

 「クリスマス」と指さされたのはモミの木でしょうか、2メートル近い鉢がありました。クリスチャンでもないのにツリーを飾るのってどうよ、と小さいころから思っていましたが、よく考えたら相方ユウサンの実家はクリスチャンなのでした。丁稚ケイも喜ぶし、理由も転がりこんできたし、現金難のいま、デビットカードもOKだったし…と、腰丈ほどの鉢植えを買いました。650ルピー(1000円)。食べられもしないのに高いなあ。すべての基準は食べられるか否か、なのかっ。

☆ブッシュドノエルの会は満席になりましたが、サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

[]デリーの園芸店へ<下>

 予約のとれないインド料理教室「Blue Lotus」で教わった情報をもとに、デリーの銀座・カーンマーケットへ出かけました。園芸店なんてあったかなあ、と思いつつ周囲をグルグル…、あったありました。「KAMAL NURSERY」です。道ばたに鉢を並べているだけの店しかみたことがなかったので、ちゃんとした店構えにみえます。まずは季節柄というわけでポインセチアを発見、でも食べられないものはスルーだスルー、と言いつつどんどん中へ入りました。何かハーブはない?と訊くと、出してくれたのがオレガノ、タイムの苗です。1ポット100ルピー(160円)です。パセリは1ポット20ルピー(320円)で、これもついでにお買い上げです。ちゃんと育つとありがたいなあ。

 「クリスマス」と指さされたのはモミの木でしょうか、2メートル近い鉢がありました。クリスチャンでもないのにツリーを飾るのってどうよ、と小さいころから思っていましたが、よく考えたら相方ユウサンの実家はクリスチャンなのでした。丁稚ケイも喜ぶし、理由も転がりこんできたし、現金難のいま、デビットカードもOKだったし…と、腰丈ほどの鉢植えを買いました。650ルピー(1000円)。食べられもしないのに高いなあ。すべての基準は食べられるか否か、なのかっ。

☆ブッシュドノエルの会は満席になりましたが、サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

2016年11月29日(火)

[]デリーの園芸店へ<上>

 ベランダのハーブたちが元気がなくなってきたのは、冬の訪れのせいかなあ。ミント、バジル、レモングラスたちが黄色くなってきたように思います。灼熱インドですが、いまは朝晩は12℃ぐらいです。私自身はまったく寒くなく、ひんやりしていて気持ちいいのですが、もはや厚着のインドの人々と同様、緑も寒さには弱いのか。

 京都の町家アトリエ時代は園芸上手(グリーンフィンガー)の友・マリさんに庭の管理を頼りっぱなしでした。なつかしい。サボテンさえ枯らしてしまう私はさしずめ「ブラウンフィンガー」だ…と自嘲していたのですが、最近になって園芸ベタは「茶色の親指(Brown thumb)」だと知りました。確かに親指…繊細さに欠ける感じが、ドンピシャか。

 伝説の「Blue Lotus」料理教室に伺った際、先生に尋ねました。ベランダの緑、冬はどうしていますか?「刈り込んでしまう」とのことでした。バジルとミントはそうしよう。もう少しハーブも増やしたいけれど何せ「茶色の親指」、なるべく手間は省きたい。どこで買うんだろう。

 引っ越ししたての8月、ナースリー(園芸店)をあちこち見て回ったのですが、ハーブ類を売っている店はほとんどありませんでした。野菜の苗なんてのぞむべくもありません。いまあるミントとバジルは野菜を買いに行く通称「ストロベリーファーム」で売ってもらったものです。先生によると「カーンマーケットにあるナースリー」がいいとのことでした。ちょっと遠いなあ。でもせっかく教えてもらったのだし、「後回し案件お片付け週間」のいま、行ってみよう。

☆ブッシュドノエルの会は満席になりましたが、サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

2016年11月28日(月)

[]またまた「Blue LOtus」料理教室へ

 丁稚ケイを送ってからディア・パーク(鹿公園)を10キロ走り、南デリーの「Blue Lotus」料理教室へ転戦です。予約は1年待ちという超人気レッスンに今月2回目の参加です、うっしっし。28日は初級コースで「パーラク・パニール(ほうれんそうカレー)」と「アール-・カ・サブジィー(基本のじゃがいもカレー)」です。ほうれんそうやからし菜といった「葉っぱものカレー」は「北インド郷愁の味」だそうで、確かに近ごろ夏はぐったりしている野菜たちもやる気を出して来た感じだものねえ。使われるスパイスも少ないし、これなら作れそうです。

 Blue Lotus→http://neelkamal.exblog.jp/

☆ブッシュドノエルの会は満席になりましたが、サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

2016年11月27日(日)

[]インド走友会コーヒー部

 コーヒーを煎るところから楽しもうと27日、拙宅で「コーヒー部」を開きました。集まったのは17人です。初めて前回、参加してくださったF子さんは煎るための「マイアミ(網)」を持って登場、すばらしいっ。ミラノ帰りのバリスタSさんのアシスタントとしてかいがいしく働いてくださいました。聞けば3日おきに豆を煎り、コーヒーを楽しんでいるとか。私なんぞはマイアミはすぐ手に入れたのに、もう3回目なのに、いまだ焙煎生活には突入していません。だってだって、まだ買って来た豆があったし…と言い訳はやめよう。やってみると本当にあっけないほどカンタンなことでも、やる気になるまでは時間がかかります。このよーいどん、までをいかに短くするかが課題です。そして1年以内に、南インドのコーヒー農園まで生豆を買いに出かけたいな。

☆ブッシュドノエルの会は満席になりましたが、サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

2016年11月26日(土)

[]モバイル決済Paytm やってみた

旧500、1000ルピーの無効化でアプリを入れたのがモバイル決済サービス「Paytm」です。中国アリババグループが出資するインド最大手で、ロゴは町中あちこちで見かけていたものの、そもそも忘れん坊の失くし名人、デビットカードやクレジットカードも持っているのに…と、必要性を感じていませんでした。しかし今回の青天のへきれき、まだまだ落ち着きそうになく、ルピー札はなるべく温存しておきたい。二つ折りの財布が曲げられないほど詰めている100ルピー札ですが、しょせん160円です。ハウスキーパーへの月給を2000ルピー2枚と100ルピーの束で払い、やれやれと思っていたら浄水フィルターを交換するのに3500ルピー(5000円)、現金のみと言われてチーン、です。うう、財布も心も二つに折れるー。

Paytmがいいのはお店で使うだけでなく、ケータイ番号が分かればPaytmをしている個人間でもやりとりできます。あっけなさすぎて心配になるぐらいです。まだまだ使いこなしていませんが、それでも急場しのぎになります。とりあえず上限の10000ルピー(1.6万円)をチャージしましたが、すぐに上限は20000ルピーになりました。お金は銀行に戻すこともできます。とりあえずバックアップとしてはありかなと思います。メトロカードにもチャージできるので行列フリー、なかなかいいかも。

Paytm https://paytm.com/

☆ブッシュドノエルの会は満席になりましたが、サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

2016年11月25日(金)

[]旧札ミッション完了

 トランプ大統領誕生の日に発表され、全世界的にはひっそりと500、1000ルピーが無効化して2週間、気になりつつも先延ばしにしていた銀行へ。歯医者みたいだなー。やりたいことは3つありました。1)12月末をもって紙くずとなる500ルピー、1000ルピーの預け入れ、2)メトロで紛失未遂→ブロック後、新しく送られてきたデビットカードをアクティベート、3)いただいた小切手の現金化、です。口座があるHDFC銀行はムンバイ拠点のインド最大手で、あちこちに支店があります。いつもは自宅に近い支店へ行くのですが、丁稚ケイの迎えまでデリーで時間があったので、学校に近いマルチャマルグ支店へ。大通りに面しておらずマーケットの内側にあるせいか、外で待っているのは15人程度でした。ラッキー。しかも私にとってさらなるラッキーは、ATMにだれも並んでいなかったことです。おカネが空っぽのせいかな。私は新札を引き出したいわけではなく、デビットカードを使えるようにするため、ATMで操作する必要があったのでした。よかった、おカネがカラで。サクサク操作して暗証番号の登録完了、これでデビットカードが使えるようになりました。ホッ。おまけに行列は女性優先だったので、すぐ支店内に入れました。

 小さい支店で開いている窓口は1つだけでした。うわあ、こりゃ待つなあ…と思いましたが、でも小切手も旧札も列に並び直さず、いっぺんにできるからいっか。自宅近くの支店ではいちいち列が違っていたので、小規模店に行って正解でした。

 さらに翌日、自宅近くの支店で残りの旧札を預けました。これで旧札退治は完了です。ああすっきりー。新札も出回り始めたようですが、やはりまだ何があるか分かりません。ヨーグルト1個を買うのにもちゅうちょするようになっています。おかげで眠っていた食材を引っ張りだすことが多くなって、これはこれでよしとしよう。

☆12月の粉遊びの会@ブッシュドノエルは満席になりましたが、「サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会」はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

2016年11月24日(木)

[]粉遊びの会@栗のタルト、終了しました

 10月下旬から続けた栗のタルトづくりの会は24日、最後のレッスンでした。全11回で合計130人の方に来ていただいたことになります。途中でパリに行ったり、驚天動地のルピー廃貨もあったりでわたわたしましたが、何とか終えることができました。心から感謝いたします。新アトリエとなって2回目のシリーズで、ようやくオペレーションが慣れてきたか…な。とはいえ課題もまだまだ山積みです。日本から運んできた限りある材料を最大限いかして、ひとりひとりにもっと満足して楽しんでいただくにはどうしたらいいか…。12月14,15,16日に開く「シュトレン茶会」までのインターバル期間、ブラッシュアップを重ねます。さーてさっそく、シュトレンのためのフルーツを漬け込もう。

 ☆12月の粉遊びの会@ブッシュドノエルは満席になりましたが、「サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会」はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

2016年11月23日(水)

[]Blue Lotus 料理教室へ

久しぶりに「Blue lotus料理教室」へ。多芸すぎるインド最強ブロガーが主宰するインド料理レッスン中級コースです。彼女に会うのがメーンでカレーは二の次…といったら怒られそうです。おまけにクラスメートはインドへの好奇心200%な面々ばかりで、飛び交うスパイスとか店の名前がハテナ過ぎて反応できない…日本語なのにっ。しかも「このスパイス私ダメ」とか盛り下がり発言を連発、フツーなら鼻つまみ者ですが、先生はじめみなさんあたたかくほったらかし…いや見守ってくれて本当にありがたい。

 23日のお題は「秘伝バターチキン」「サトイモのドライカレー(アルビー・カ・サブジー)」でした。アジュワン、ターメリック、アムチュール・・・・サトイモのレシピにずらっと並んだスパイスの数は8種類、これ見ただけで挫折しそう。そういうとベテランA子さんに「サトイモのカレー、作ろうなんて人はみんな持っていますよ」と一蹴され撃沈です。ま、私のお菓子のレシピだって「こんなのうちにないよ!」と叫ばれているんだろうな。

 いただいたお料理はやさしい家庭の味でした。デザートはインドの不二家(と勝手に呼ぶ)ハルディラム(Haldiram's)のお菓子「ソーンパプリ」です。インドに背を向けて暮らす(おいおい)私でも食べたことのある、インドといえば…のお菓子です。綿菓子の筋にピスタチオとカルダモン味がからまるというか何というか、このカルダモンって私、正直、苦手…およよよ、です。いや、ジンジャーエールなんかに味の引き締め役として入っているのは大好きなんですが、ピンで迫られると…個性が強すぎるというか、ダメなのー。

 そんな私のカルダモン耐性の弱さを知ってか知らずか、先生、ケンカ売っとるな…と涙目になったのですが、一緒に出されたチャイが甘くなかったのが幸いしました。クロワッサンをカフェオレに浸すように、思いつきでひとかけら、ちゃぽんとチャイに落としてみました。みるみる溶けて、チャイがコクのあるナッツ味に。あ、イケル。全部ちゃっぽんして溶かしてしまいました。インドの人にビックリされそうですが許して。

Blue Lotus→http://neelkamal.exblog.jp/

☆12月の粉遊びの会@ブッシュドノエルは満席になりましたが、「サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会」はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119

2016年11月22日(火)

[]母の命日

11月に入ると母を思います。1歳半のケイをバギーに乗せ、病院に見舞っていました。いつもの日常のようで、だんだんできることが減ってきて、最期は駆け足で…。亡くなって4年。早すぎます。幸せだったのかな。苦労ばかりかけたなあ。父も母もこの世にいないって、何て気楽で、何てさみしいんだろう。メソメソしていたら、5歳半のケイがぎゅうと抱きしめながら言いました。「ケイクンがいるから大丈夫」。ありがとう。

デリーの台所・INAマーケットなどでイチゴが出始めました。ちょっとホッ。甘さはあまり期待できませんが、やっぱりクリスマスには欠かせません。ブッシュドノエルの会は満席になりましたが、サンタの靴下お菓子とシュトレン茶会はお席がございます。ぜひいらしてくださいませ。詳しくはコチラ→

http://d.hatena.ne.jp/oshirase/20161119