厄神様の拠所

2014-07-23 2014 神尾観鈴生誕

f:id:safwa-magnas:20140723230536j:image

f:id:safwa-magnas:20140723230315j:image


多分クリスマスみたいなものなのだろうとおもいます

今年も無事にこの日を迎えることができました。

神尾観鈴さんの誕生日です。おめでとうございます

もはや言葉も尽くしたという感じがあるようにおもいますが、しかして毎年この日に感じるものは違っていて

何時までも新鮮な感動を与えてくれる日なのであります

自分にとっては彼女は年々その存在が大きくなるという稀有な人というわけです。

そんな彼女存在尊敬感謝を奉げる区切りが、この日ということなのでしょう。

来年も、その次も。再びおおきくなって出会えること願って。

2014-06-02 2014 新藤姉妹生誕

f:id:safwa-magnas:20140602232505j:image

f:id:safwa-magnas:20140602232824j:image

今年もこの日ですねえ。無事に迎えることができました。

新藤景、千尋両名の誕生日です。おめでとうございます


結局のところ、彼女が心から離れるということは多分ないんだろうと思います

彼女達との出会いが、私の生を実りあるものにしてくれる。

彼女達との思い出が、私の死を豊かなものにしてくれるだろうと信じて。

飽くなき感謝を込めて。

2014-02-01

予定

2013-07-23 2013 7/23 神尾観鈴誕生祭

f:id:safwa-magnas:20130723232508j:image

我がヒロインオブヒロイン神尾観鈴誕生日でございます

おめでとう。

彼女出会ってから、随分長い時間が流れました。

かねてより、彼女物語を守っていきたい、長く語り継いでいきたい。

そういう風に思っており、それは今も変わっておりません。


それは彼女への愛情から来るものだと考えておりましたが、実はそうではないのかも知れません。

彼女物語を守る。彼女存在を"保守”する。

その動機はもしかしたら、この途方もない存在への忠誠心からなのではないか、と最近ではそのように考えております

いずれにせよ私の気持ちは変わりません。

永遠なれ。

2013-06-02 新藤姉妹聖誕祭2013

f:id:safwa-magnas:20130602201955j:image

f:id:safwa-magnas:20130602202416j:image


今年もこの日がやってきましたね。

この日記は本来このためにあるわけですから(違う)

この日が巡ってくるたびに、自分彼女たちに胸を張って生きられるのかと考えてしまいます

彼女たちの実に”人間らしい"生き様にただただ感服せざるをえません。

そういう意味特に景ちゃんは常に僕の先輩であるのかもしれません。

彼女たちの変わらぬ強さを力に変えて。

明日来年もその先も、再び出会う時を願って。

誕生日おめでとうございます