軍事評論家=佐藤守のブログ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

■軍事を語らずして、日本を語るなかれ!!■

2006-11-22 北朝鮮はあせっている

北朝鮮はあせっている

 18日の産経新聞一面トップに、北朝鮮の「工作機関」の一部が報道された。総連の「在日本朝鮮人科学技術協会」なるものの正体が、警察当局の調査で判明し「警察当局は研究者の動向把握など全国規模の捜査に乗り出している」という。

 こんな機関がわが国内に堂々と存在していたことに国民は驚いたことだろうが、これは氷山の一角に過ぎない。警察は以前から掌握していたのだが、当時は「北朝鮮シンパ」の国会議員などが権力を振るっていて、動きが取れないでいただけである。「幹部級が万景峰号を利用して本国研究者と会い、研究に必要な技術情報を求められていたことを示す文書も見つかったという」とあるが、この調査文書は、今まで単に棚の片隅に放置されていただけだったのだろう。今、それらの過去の調書が紐解かれて白日の元に晒されつつあり、捜査員たちは勇気を取り戻して真剣に取り組み始めたのだ、と私は理解している。

 拉致問題が急激に動き出したのもそうである。国内に潜伏する工作員に関するかなり有力な情報も、拉致関係者に関する情報も、その最盛期には「政治の世界から圧力」がかかって「ボツ」になって来た。当時、工作員の筆頭だったシンガンスが逮捕されたとき、彼の「釈放」に尽力した政治家たちの一部は、まだ政界で活躍しているようだが、「実力者」は一応引退したから、そのくびきから解放された警察は、ようやく本来の仕事を開始したのであろう。今後に大いに期待したいものである。

 ところで、以前中国での会議に参加したとき、日本人でありながら中国側の「客員」として会議に参加している「連中」が居た。その一人はれっきとした日本の国会議員の秘書であったし、一言も発言せず、我々の発言をテープに取り、熱心にメモしていた女性は「民主党」の事務局員であった。彼女は「肩書きは民主党」であったが、夫婦別姓だったから正体は明らかであった。勿論秘書の方は「旧社会党」から民主党入りした男の秘書であった。

 9年前、北京での会合では、我が国の防衛産業に勤めていた男が参加していた。彼は航空機関係の技術者で、会社を辞めたといっていたが、ある研究所に所属していて米国の技術情報(公刊だが)を多量に相手に渡してご機嫌取りをしていたことを思い出す。

 その彼もその後の会合に「中国側の客員」として出席していてから驚いたものだが、中国の係員にお願いして「会議風景」の写真を撮ってもらったところ、何と、現像されてきたすべてのカットに、彼は顔が写らないように「意図的に背けていた」から、日本人として?何らかの疚しさがあったのだろう、と私は解釈している。

 蛇足だが、民主党がまとまらないのは、こんな連中が、自民党「脱出組」と合体しているからで、今や誰からも見向きもされない社会党という看板を「隠して」いるからである。相手側の「懐柔策や工作活動」を警戒するのだったら、こんな国会関連団体や、民間企業の連中の排除の方が先だろう。

 ところで、コメントでご紹介いただいた「極右評論」氏のブログに、民主党の近藤議員のことが書かれていたが、彼が「親北」かどうかは別にして(夫人が元自民党所属なのだから情報は共有?だろうが)、核実験以降、世界中からの非難を浴び、経済制裁で窮地に立った北朝鮮は、なりふり構わず「最後の掛け?」に出ている。つまり、利用できるものは何でも利用し、日本中の「工作員・シンパ」を総動員して、起死回生の作戦を遂行中だと考えられる。

 日本各地で「憲法第9条を守れ」「教育基本法改悪に反対する」会などを開催して、一見して旧社会党と共産党の得意な「国民集会」を展開しているように見える団体が目立つが、その実態は一部の有名人や、支援者たちによって「安倍体制非難」や、驚くべきことに世が世なれば「不敬罪で極刑になるべき皇室批判」が行われているという。つまり、我が国の国家体制を転覆させようという、かっての「オーム」のような動きだというから油断はできない。

 先日の佐賀県知事の記者会見で、不敬発言をした毎日新聞記者の例はその一端でしかないらしい。奇妙なことに横田の米軍放送は、BCW・テロに対する警戒を喚起し、ガスマスクの装着などについて呼びかけているが、国内で再び「サリン事件」が起きないとも限らない。用心すべきだと思うが、そのような「国民集会」に出席している連中の名前がまた興味深い。「人の口に戸は立てられない」というから、いずれ“有名人たち”の名前も公になるのだろうが、「名誉毀損で訴える自由」もない皇室に対する侮辱を、平然と行っている連中の殆どが、半島出身者であるという。

 この際、彼らを影で支援している国会議員の名前も同時に公開して欲しいと思う。来年は参院始め統一地方選挙の年である。国民は、世界中から非難を浴びている北朝鮮に“協力”する彼らを、政界から排除する義務がある。

 この一連の動きを察するに、間違いなく北朝鮮はあせっている。今が剣が峰である。安倍政権が毅然と対応することを期待したい。

ケンケン 2006/11/22 11:31 極右評論にはご注意ください。
ナチズム礼賛や過去に特定企業の批判や特定政治家の礼賛などの著書をだしていますが、ほとんどのものが現在入手不可となっているなど過去の活動の実態が不明です。ネット街宣右翼とにらんでいます。

梟 2006/11/22 11:41 美しい国になっていくべきですね。敗戦の呪縛から開放されて、日本人が堂々と愛国心をかたれる社会になってほしい。反日政治屋、在日工作員の一掃される日は近いでしょう。神の見えざる力によってよい方向に進んでます。和歌山で談合で問題なってますが、おそこはシナ人の銅像を作るのが趣味の代議士先生の地元でしょう。彼に飛び火しないことを祈ってますが、無駄でしょう。日本国万歳

たんたんぼーずたんたんぼーず 2006/11/22 12:37 最近、世間を騒がせている知事主導の談合の摘発では、その影に「元国会議員秘書」が浮かんできているそうですが、和歌山から選出の二階俊博議員(和歌山県田辺市に江沢民の銅像を建てようとしているガイキチ)などといった支那のスパイの息の根を止めるための策だったら嬉しいかぎりです。

天の安川天の安川 2006/11/22 12:57 しばらくアクセスできない私的理由で恐縮ですが、また今日の主題からは外れますが先日佐藤閣下が中韓の反日グループと日本の反中反韓グループを同列の排外主義者のような扱いをされていましたが、その見方を修正されるようにお願いします。日本は援助こそすれ、強いて中韓の国益を犯したり軍国主義に走っているわけではないのですから反日グループの言うような宣伝攻撃を受ける言われはありません。しかし、中韓の反日グループ(在日も含めて)は宣伝するだけでなく、日本の国益と主権を浸食する活動をしています。反中反韓感情はそれに対する抵抗なのです。ですから反中反韓グループは日本を守るための貴重な砦になっています。あとはホケのような日本人で外国人参政権・人権保護法案の危険性にも何も気がついていない人たちばかりです。また在日に簡単に膝を屈するイキジなしの日本人ばかりです。香山リカ先生はプチナショナリズムとのたまう。小説家の村上氏、タレントの爆笑問題に教えを垂れている宗教学者の中?某氏は平和憲法を崇めている。戦後教育の優等生で知識人・文化人となった人たちは日本の守りに何の役にも立たない。反中反韓グループこそかけがいのない日本の守り神なのです。

名無しのごんべい名無しのごんべい 2006/11/22 14:29 右翼評論にご注意。
賛成です。先生様の人相、ブログ管理人様の人相と名前が半島出身者の特徴になぜか似ています。日本の右翼には彼らが潜んでいる。

通りすがり通りすがり 2006/11/22 14:54 ケン様、名無しのごんべい様
半日工作活動、ご苦労様です。

違いますよ違いますよ 2006/11/22 15:12 名無しのごんべいさん、『右翼評論』ではありません。『極右評論』です。瀬戸氏が怪しいとか怪しくないとかは佐藤さんがお決めになることでしょう。瀬戸氏はメールで質問を受け付けていますし、コメント欄に公開質問でも出したらどうでしょう。
ほんと、ご苦労様。

キラーT細胞キラーT細胞 2006/11/22 15:18 ケン氏さんへ。極右評論支援グループの方によれば、貴殿の素性は創価の工作隊員だとばれてゐますよ。http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51198755.html#comments
名無しのごんべい氏もぐるですかね。佐藤先生やこのブログにコメントを寄せる人達の多くは賢明な方々ですから、騙される事はないでせうけれど。

キラーT細胞キラーT細胞 2006/11/22 15:25 「ケン氏さんへ」は「さん」が余計でした。訂正致します。

(*- -)(*_ _)ペコリ (*- -)(*_ _)ペコリ 2006/11/22 15:48 パチンコの送金もまだ止められてはいないようで、何故なんだろう、いつ止めるんだろうと気になります。
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10020304185.html#cbox

備後屋備後屋 2006/11/22 15:51 >ケン氏
 はぁ?ナチズム礼賛が何故問題なのか論点を出さずに単語のイメージだけでこき下ろす程度の論法では通用しませんよ。ナチスドイツの一番の問題は民族虐殺(もっとも一番多く犠牲になったのはスラブ系の人)および戦争に負けた結果責任の2点だと思いますが。ナチスが何もかも悪いとなれば最低でもアウトバーンとビーグルはサッサと破壊しないとおかしいですよ。あとヒトラーの信任厚かったポルシェとかもNGかな。

ぽんたぽんた 2006/11/22 19:15 天の川さん
私も同じ事を思いました。

佐藤先生、中韓の人の反日と日本人の反中・反韓は別のものです。
反中・反韓の日本人は殆ど「もうあの国とは関わりたくない」と思っているのに対して、反日の中韓の人たちは、事あるごとに日本を引き合いにして日本と関わりたく手仕方がないようです。憎いなら、嫌いなら放置してくれればいいのに・・・。
私は反中ではありませんが、朝鮮(南北)が大大嫌いです。半島丸ごと消滅してしまえと強く願っておりますが、国旗を焼いたり踏みつけたり、嘘をついて相手を貶めるような卑怯卑劣な真似はしません。
日本の反中・反韓感情と中韓の反日を同列になさるなんてあんまりです。

元空自隊員元空自隊員 2006/11/22 19:29 対象国の工作員による、(元)自衛隊員の一本釣りが怖いですね。
私の率直な心境としては、自衛隊で養った技能とか、ものの考え方というのは、確かに一般社会でも立派に通用するものもあります。しかしながら、一部の将官クラスを除く大抵のOBは、再就職して、ある種のギャップに悩み、現役時代に培った技能・知識が社会(シャバ)で全然価値がない現実に思い知らされます。
こんな時、破格の待遇で迎え入れてくれるスポンサーが現れたら、、、、、、、、、、、、
私だって、自分の知識・経験を正当に買ってくれる会社があれば、それが華系であろうと朝鮮系であろうと、心が揺さぶられる可能性はありますよ。
スパイ予備軍の元自衛官は無数にいると考えた方がいいでしょうね。

雉さん雉さん 2006/11/22 23:37 私も元空自隊員ですが
逆にそんな破格な待遇を言われて協力して欲しいとと言われたら逆に疑いますね。
私の境遇には不遇な時期があって変に人を信用すると辛い目に遭うという疑心の時がありその事で苦労した事もありましたが佐藤先生のブログを拝見していて、逆に良かったな思います。
(佐藤先生のプロフィールを見ていたら私の現役時代にある某基地に所属されていたので驚きました)

さて、ある自動車雑誌の情報サイトですが
気になる内容があったので付記しておきます。

中国要人用リムジンはメイド・バイ・トヨタ
第一汽車は2年前の北京ショーにコンセプトカーとして「HQ3」を出品した。マジェスタの外観デザインの一部を変更したモデルだった。今回は市販型の HQ3を発表し、同時にHQ3ベースのストレッチリムジンを出品した、HQ3は3LV6または4.3LV8を搭載するが、防弾仕様のリムジンは4.3Lのみの設定のようだ。生産は来年にも開始されるという。
 現在、紅旗ブランドのストレッチリムジンは、90年代末にフォードがリンカーン・タウンカーをベースに設計を手直ししたものだが、政府要人や企業経営者の間ではあまり評判が良くない。「新旗艦」は待望の商品である。今後、第一汽車としてはトヨタの技術支援でラインナップ構築を行うようだ。
http://www.motorfan.jp/
http://www.motorfan.jp/modules/news/article.php?storyid=201
人民日報日本向け電子版より
曽副総理、北京モーターショーで
自主創造推進を強調
国務院の曽培炎副総理は19日、同日開幕した第9回北京国際自動車展覧会(北京モーターショー)を見学した。
曽副総理は見学中、「中国自動車産業は発展に向けたよいチャンスをつかんでいると同時に、一連の試練にも直面している」と強調。今後の課題として、▽消費市場に向けて、製品構成を積極的に調整する▽企業の連携や再編を急ぎ、大型かつ有力な優良企業を育成する▽生産能力を合理的に抑制し、建設の重複を防ぐ▽自動車市場システムをより整備し、自動車消費環境を改善する▽輸出規模を引き続き拡大し、対外開放水準を絶えず向上させる――ことなどを挙げた。また特に必要なこととして、(1)先端の技術・管理方式を導入し、自主開発能力の強化と結合させ、中核技術を段階的に掌握し、中国独自の自動車ブランドを育成する(2)省エネルギーの環境保護タイプ自動車の発展に力を注ぎ、新型の自動車用燃料・素材を積極的に開発し、普及に努める――の2点を挙げた。曽副総理は「北京モーターショーの成功は、世界の自動車分野における交流と協力の強化、中国自動車工業・自動車市場のさらなる発展促進にとって、重要なはたらきをする」と指摘し、「モーターショー開催の効果とサービスの質を一層高め、今モーターショーを世界トップレベルの自動車イベントにしなければならない」と述べた。

今回の北京モーターショーには、約20カ国・地域から自動車関連メーカー1500社が参加した。来場者は50万人を超える見込み。(編集KS)

「人民網日本語版」2006年11月20日
http://www.people.ne.jp/2006/11/20/jp20061120_65123.html
この二つのソースを見て中国の意図は何か
トヨタは天皇陛下の御料車と政府閣僚のリムジンを作っている会社であり、更にハイブリット車も売ってる会社である事。更に中国は先日アメリカ海軍とディーゼル潜水艦でひと悶着あった経緯があります。特に近年の原油高で欧米を中心に静かで排気ガスの綺麗で高性能になった燃費の良いディーゼルエンジンへの関心が高まっている背景を考えると曽副総理の発言は非常に注目しておくべきだと思います
彼の発言は危険な警告だと
受け止める日本人はどれだけいるのでしょうか?

77437743 2006/11/23 00:19 “排外主義”とは、他国に存在する自国の利権が脅かされそうになったときに、その国を攻撃するためにつけるレッテルだと思います。そもそも、国家とは排外主義が本質です。軍隊を組織し、よそからの侵入を防止しているのですから。だから、日本人が自らの国民に対し、“排外主義”とレッテルをつけるのは滑稽であり、異常であると思います。また前述の前提から、“排外主義”と盛んにレッテルをつけようとする人物は、その者が所属する第三国の利権を日本で拡大させるための工作員とみなすことができます。

天の安川 様
>また在日に簡単に膝を屈するイキジなしの日本人ばかりです。
精神論で片付けるのはよくありません。この問題の本質は、組織対個人です。彼らは、反日と差別を軸に、在日を思春期に洗脳し、団結させ、軍事教練を受けさせ、日本社会の各所に潜入させています(どのようにして、そして、どのような場所に潜入させると日本を操るのに効果的かも考えてみるとよいかと思います) 。洗脳され強く団結した組織と、War Guilt Information Program に洗脳され、フェミニストを仮面につけたアカにタマを抜かれたしおしおの少数の日本人、どちらが勝てますか?
では、彼らが最も恐れていること、つまり悪夢のような状態とはどのような状態でしょうか?それは、日本人が自らの利権を守るために団結することです。そうすれば、組織対組織になり、規模がでかいほうが有利になります。では、そのような状態を阻止するにはどうしたらよいでしょう。考えてみていただきたい。心当たりがたくさんあると思います。そして、それを実現するためにどのような工作がなされているのかも。

くーくー 2006/11/23 00:21  北の動きもそうですが、本当に安部氏には冷静に対処して欲しい。これを機に、いよいよ半島系パチンコ店の摘発、対中ODAの見直し等の課題にも着手して頂きたい所。私達も、各種反日・侮日マスコミに対しては徹底的に声を挙げていかなければなりませんね。

zzzzzz 2006/11/23 00:33 ショウパブでの自衛隊員の盛りのついた犬の様な事件やシナによるハニートラップに罹ったり、これが現代の侍の姿かと思うと悲しいかぎりです。駐屯地祭等で見た自衛隊員との差には驚いております。議員や自衛隊はじめ日本国全体にスパイが多すぎる。

庶民庶民 2006/11/23 17:24 ‘本列島には地下核シェルターを整備する。
∧堂湛襯縫紂璽検璽薀鵐匹修梁召旅颪僕蠅濆んで、2000万人規模の日本人コロニーを作らせてもらえないものでしょうか?
F本列島に残留した日本人が中朝露から核攻撃や侵略をうけたら、海外の日本人コロニーが反撃するしかない。

容子容子 2006/11/23 20:11 北朝鮮がいよいよ総連を使って日本国内をかく乱しようとしていると伺い、日本で出来る最も効果的な方法は総連を徹底的に調べれば、拉致関係の実態も、核施設に必要な機器類を送った人もそこには資料があるように思います。
http://blog.goo.ne.jp/abe_yk私のブログを先生に診て批評して頂けたら幸いです。

odagenodagen 2006/11/24 02:43 元空自隊員さん
>>私だって、自分の知識・経験を正当に買ってくれる会社があれば、それが華系であろうと朝鮮系であろうと、心が揺さぶられる可能性はありますよ。
>>スパイ予備軍の元自衛官は無数にいると考えた方がいいでしょうね。

正直な心情はそうだと思いますし、理解できます。それは現行法が罰則が甘く、これまで事態の重大性を認識していなくてもよかったということではないでしょうか?

つまり自衛官の守秘義務と漏洩に対する罰則が、一般の公務員のと同じレベルでは意識の高まりようはないということです。
軍法会議にかけられ「最高刑は死刑」ということでないと抑止効果は期待出来ない。

実行を踏みとどまらせるために現行よりはるかに厳しい罰を伴うスパイ防止法の、早期制定が望まれます。そしてOBも含め自衛官はそのための特別な法廷で裁かれるのがあるべ姿でしょう。

国家情報本部の立ち上げには実効性あるスパイ防止法が不可欠です。当然盛り込まれると思っております。

産業スパイも重罪ですが国の根幹を揺るがすことになる軍事情報等を売り渡す行為が日本国全国民にする背信行為だというさらに強い意識を現役、OBもふくめて自衛官や防衛産業の担当者にも持ってもらわなければなりません。

雉さん雉さん 2006/11/24 13:19 odagen さん
>現行法が罰則が甘く、これまで事態の重大性を認>識していなくてもよかった
>自衛官の守秘義務と漏洩に対する罰則が、一般の>公務員のと同じレベルでは意識の高まりようはな い
>実行を踏みとどまらせるために現行よりはるかに>厳しい罰を伴うスパイ防止法の、早期制定が望ま>れます。そしてOBも含め自衛官はそのための特>別な法廷で裁かれるのがあるべ姿でしょう。
>産業スパイも重罪ですが国の根幹を揺るがすこと>になる軍事情報等を売り渡す行為が日本国全国民>にする背信行為だというさらに強い意識を現役、>OBもふくめて自衛官や防衛産業の担当者にも持>ってもらわなければなりません。

私は何時も思うですが国防とは経済学を学んでいる人なら特に財政学的に見ると純公共財と理解出来ると思います。つまり国防体系を時代に変化に合わせ変化させる事は経済的にも恩恵を受ける結果となるという視点で物事を考える事が日本人に欠落している。(良い例が携帯電話とIT技術革新です。(電子商取引での暗号技術)基本と成るコアテクノロジーは元々は軍事技術がです。)  

国防体系は国家戦略の中心となり、それを基本として外交と経済を国益に繋げる。幾らスパイ防止法を作ってもこの基本的概念が無い輩が多いと無駄になる。日本の経済界や政治家この視点が無い。
これは我々国民も同じです。

更に言えば国防に携わっている企業にも国防産業は結局自己の企業利益供与しか視点が無い。利己的で視野の狭い企業倫理観を持った輩が多くなったのも結局私が述べている国家の基本的概念を知らずに育ったツケなのだと思います。つまり国防という純公共財を食い物にしている(フリーライド(只乗り)という認識がない。
更に言えば自衛隊をリタイヤした人を社会が上手く活用しない事のも結局その根源は前記に述べている事になるのです。  国防は国民に等しく負担するものです。イデオロギー的視点で拒否している輩がいるのも現実ですがこの馬鹿どもが普段の生活で使っている家電や自動車、サービス産業の恩恵を受けるのも元をたどれば国防となる
(例にすれば戦時で補給体制を整える為に必要な
 輸送手段や輸送体系を管理するIT技術も民間の 視点で使えるモノに当てはまるモノならコンビニ のPOS体系や宅配や工場へのジャストイン輸送 となります)
 
スパイ防止法を作るのは至極当然でむしろこんな当たり前の事を未だに議論している事事態が欧米からすれば笑われている。むしろ社会が国防に担った人を尊敬し、社会がその人達を受け入れることが当然と思わない今の日本の現実が非常識だと思う。

スパイ予備軍を作りたくないなら社会が作らない体制を作る為に現実的な視点でのサポート体制と法整備をしなけれ幾らスパイ防止法を作っても無駄になるだけです。 

むしろ一番やるべき事は日本を駄目にした左翼や無駄な公共財を作る為に画策した官僚や売国政治家を抹殺する方が先だ!!

DDDD 2006/11/24 13:26 >北朝鮮の「工作機関」

中国板(2ch)
http://academy4.2ch.net/china/index.html


エントリーとは直接関係ありませんが、衆人監視の対象としたいのでとりあえず貼っておきます。
中国から中国板は閲覧できるようですが、自作自演の工作員が横行していると確信しています。

これも一種のスパイ活動でしょう。

DDDD 2006/11/24 13:27 >中国から中国板は閲覧できるようですが

常にかどうかは分かりかねますが。

JFSJFS 2006/11/24 17:17 7743さん、中国共産党日本解放第二期工作要綱では「敗戦日本を米帝が独占占領したことは悪質極まる罪悪であるが、米帝が日本の教育理念、制度を徹底的に破壊し、国家・民族を口にすることが、あの悲惨な敗戦を齎した軍国主義に直結するものであると
教育せしめたことは、高く評価されねばならない」とか「統一された、組織を操る極右勢力が存在すれば、これ程大きな危険はない。彼等の微小な力「一」は、たちまちにして「百」「千」となろう。大衆は、彼等の武装決起に背を向けないどころか、それを望み、それに投じるであろう。もとより、最後の勝利は我が方に帰するが、一時的にせよ、内戦は避けられず、それは我々の利益とはならない。」とか言っているので、日本人の団結と組織力の発揮が急務であると言えますね。私は願わくば、防衛費10パーセント代や核兵器の貸与を含む保有、諜報工作機関の設立や日本人愛国化教育の実施などを含む教育改革をすることが求められているのではないかと思いました。

佐藤先生、いつ佐藤先生、いつ 2006/11/24 18:54 も貴重なご意見ありがとうございます。先日、成田第一ターミナル経由で帰国したのですが入国コンコースの上の「おかえりなさい」の空港公団電光掲示板のうえに、「韓国なんとか」と韓国海産物の電光広告表示がでかでかと、外人が一番最初に見る掲示板がこれ、一体どこの国に帰ってきたのかとびっくりしました。空港公団の見識を疑いますが、これなども意図的にやられているのでしょうか。表示といえば東京メトロの霞ヶ関駅はいつのまにかハングル併記、一体、誰が決めて、どうなっているんでしょうか。

ぜろ坊主ぜろ坊主 2006/11/24 20:02  日本はスパイ防止法(国家反逆罪)を作る必要がある。今までも覚えのある者が一生懸命反対してきたが、現在の国際情勢を考えれば国内sw彼等の跳梁を許せる状況ではない。
 自衛官の機密漏えいに窃盗罪適用などばかげている。退職自衛官については国は彼らに名誉と職を与えなければならない。少し前に企業が大リストラをやった結果大量の技術情報が中国韓国に流れたが、退職を余儀なくされた技術者たちの多くは自分を必要とする場所が欲しかっただけなのだ。

ヒラ社員ヒラ社員 2006/11/25 00:41 政府、皇室を侮辱する連中。
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-201.html
許せません。

パックスパックス 2006/11/25 21:51 本題から離れますが…
南京事件(南京大屠殺)が、捏造ではなく事実であったかのような「印象操作」をしている人物を発見しましたので御報告。
名前は「藤井 久」で、肩書きは「戦史研究家」です。
月刊誌『軍事研究』の今年12月号、241ページ(中段〜下段)に(↓)こうあります。
【大量動員を迎えると、(将校にも)兵隊間と同じ問題が生じて大混乱となり… …そのピークが「南京事件」だったといえよう】

大混乱と不祥事はシナ軍の話でありますから…
これは松井軍司令官と帝国陸軍に対する誹謗です。

こういう「中共」ならびに「出版労連」の喜びそうなことをチラッと書くのが(蛆虫どもの)渡世の術かと(笑
.

まつまつ 2006/11/26 07:34 ちとスレ違いかもしれませんが、自衛隊の方たちの再就職指導はどうなんでしょうか。不祥事は再就職の不安にもあるのではないでしょうか。佐藤さんは例外ですが、自衛隊の偉い方は大体、関連企業の顧問に天下りして無駄飯を食べている。せっかくの能力を無駄にしていると思います。この点米軍の将官はチャレンジ精神が旺盛のように思うのですが、いかがでしょうか。

草場正太郎草場正太郎 2006/11/26 15:59 我が国の憲法改正について一意見を述べてみました。 第9条の第一項に
国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力による行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久に放棄する。
とありますがわが国の元は武士の国であるから卑怯な振る舞いはしてはならぬ事になっていますからわざわざ憲法にも載せなければならないほどに腐っていたのであろうか?ここら辺は一種のわが国に対する侮辱でもある。その侮辱している憲法を持たねばならなかったとは妙な心境である。憲法に従って威嚇はしないが、威嚇されたらどうするのであろうか?ここには書かれていない。合わせて攻める事はしないが、攻めてきたらどうするのであろうか?これも書かれていない。敵側から攻めてくるとは想定していなかったのではなかろうか?この間に攻めてこなかったのは幸いであった。(むろんアメリカが守ってくれていたのであるから当然なのだが)ひたすら攻めてこないように祈るのみであったとは不可思議というほかない。世界同等にして同一民族、同一文化、同一伝統といったものならば我が日本国憲法、平和憲法が威厳を発揮しよう。裏を返せば日本国憲法が通るような世界になったらいいわけだ。日本国民が主として平和を構築せよ!そうしたらば各国とも見習うであろうとの願望ともなっている。わが国の誇りと共に高度の教育水準を持ち、また、卑怯であるという精神を知っている人種はざらには世界にはいない。これらの同一精神が宿ってみて我が日本国憲法が生きるのであって世界同時進行とは行かないから各国に当てはめるには無理がある。この世界がまだ紛争が終わったわけではないのに一国だけ平和を念頭においてやっていますといってみたところで相手側にしてみたらそんなもの知った事ではないと攻め込むかも知れず、現状では日本国憲法が当てはまるような世でないことだけは確かだ。将来において日本みたいに世界がなってくるというのであれば見込みも立とうが今の現状を見ている限りは夢物語のようでしかない。未だかってわが国の憲法を見習おうと言う国は見当たらない。文化、風俗、民族、宗教などが違うのであるから当然なのかも知れぬが。
自分の国は自分で守るという気概がなければいくらアメリカが守ってくれているというものの守りがいのある国でなければならないであろうに!そのためには自国は自国で守るというしっかりした気概が必要である。日米安全保障条約があるとはいうものの自国は自国が守ると言う事は国際信義の初歩でもある。守りきれていなかったら平和が乱れ紛争の元にとなってゆく他国にも不安の材料を与える事になる。自国を守るという事が如何に大事かが分かろうと言うものだ。アメリカにおんぶされてはいけないのである。いつまでたっても独り立ちできないということである。 独り立ちできてないのにどうして世界の国々が本気で当てにするであろうか?アメリカの人も日本を守る事に賭けては命をかけているのであってその尊い命が無駄にならないようにする事が自国は自国が守ると言う事なのである。平和の続きは平和であるとは限らない、戦争だって起こりうることを頭に入れておかねばならない。黙っていれば平和は訪れるというのなら話は別だが。真に必要な人種たれと日本人としての誇りを持てと御先祖は言うであろう。そのために日本はあると。国を守って世界平和に向けて力を尽くせというのである。国を守るという事が世界の平和に貢献することになるのだから。国を守るという事が日本は疎い感じがする。自分の国を守れなくってどうして世界の平和を守る事ができるのであろうか?拉致問題にしても当事者でないと分からないような風潮が生まれる。島国国土の緊張感のなさから来るのであろう。その分だけ相応に損をしていることだけは確かである。この感じ方も気薄なようでどうしようもないものなのかわからないでいる。
尚且つも我が日本国憲法、全権大使であった故吉田茂前首相も足らないところは日本自身の手で造り替えねばならないと語られている。

通りすがりの者通りすがりの者 2006/11/26 17:25 やっと、来年から防衛省になりそうですね。防衛大臣が誕生するわけです(まだ油断はできませんが)。当然すぎることが、やっと実現といったとこですかね。次に必要なのがスパイ防止法ですね。これを制定して、普通の国になるわけです。朝鮮系スパイ、支那系スパイ、ロシア系スパイ、ありとあらゆる工作員・スパイを逮捕できるように早急に整備すべきです。社民党、共産党、そして民主党にも潜伏するスパイの一網打尽の逮捕を早く見たいものです。それから逮捕には一般市民など民間の協力が不可欠であることも忘れないこと。たとえば、沖縄のPAC3の搬入に反対のデモをゲート前でやっていた連中(たかだか数十名前後?)は、その後自治労の事務所のあるビルに入っていったとかいう情報等々。こうした情報について、かならず公安は調査をすべきですね。いずれにせよ一刻も早く普通の国になりたいものです。

雉さん雉さん 2006/11/26 17:32 戦史の比較研究に本腰、防衛庁が海外から
史料積極収集(読売新聞より)
防衛庁は2007年度から、同庁の調査研究機関である防衛研究所(東京都目黒区)で、戦史の国際的な比較研究を強化する。

 昭和戦争中に連合国を中心とする諸外国が作成した日本関連史料や、連合国が押収した旧日本軍史料のうち、歴史的価値の高い史料を積極的に収集し、国内史料と比較して、戦史研究を多角的に進める。07年度は、研究所職員を米英露豪などに派遣し、各国の研究機関が保管する該当史料の実態調査に着手する方針だ。

 防衛庁が戦史の比較研究に本腰を入れるのは、「戦史研究の世界では、国内外の史料を比較しながら史実を検証する手法が主流となりつつある」(防衛政策課)との判断からだ。防衛研究所が引き継いでいた大本営の膨大な史料の整理・分類が、昨年度にようやく完了のメドがつき、立ち遅れが指摘されていた戦史の比較研究に重点を移せることになった。

 海外にある史料で、防衛庁が「日本の戦史研究に影響を与えた」とする事例としては、蒋介石が、生前に抗日戦の戦略や舞台裏をつづった日記などがある。

 防衛庁では、海外での実態調査を通じ、重要な史料の特定と目録入手を行ったうえで、非公開分を含め、各国にある日本関連史料の複写などの収集を順次進める。研究を深めることで、「先の大戦で、日本が各国の意図や戦略を読み違え、外交交渉による解決の可能性を逃していったという歴史的教訓が得られる」(防衛政策課)とみている。

 研究の成果は、同課内に07年度新設する「戦略企画室」での中長期的な政策立案にも役立てたい考えだ。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061126i302.htm
我々は過去への思い出によってではなく、
未来に対する責任によって賢くなるのである。
バーナード・ショー

雉さん 雉さん  2006/11/26 17:49 草場正太郎さん
朝鮮系スパイ、支那系スパイ、ロシア系スパイ、
ありとあらゆる工作員・スパイを逮捕できるよう
に早急に整備すべきです。社民党、共産党、そし
て民主党にも潜伏するスパイの一網打尽の逮捕を
早く見たいものです。それから逮捕には一般市民
など民間の協力が不可欠であることも忘れないこ
と。
たとえば、沖縄のPAC3の搬入に反対のデモをゲート前でやっていた連中(たかだか数十名前後?)は、その後自治労の事務所のあるビルに入っていったとかいう情報等々。こうした情報について、かならず公安は調査をすべきですね。いずれにせよ一刻も早く普通の国になりたいものです。』

国家公務員労働組合連合会
http://www.kokko-net.org/kokkororen/
が今日11/26の読売新聞朝刊に載っていた憲法九条反対や教育基本法改正反対と称して意見公告を載せていました。こういったプロパガンタ工作で国民を騙す事しか出来ない状態を見ても左翼達は追い詰められています。
紙面一面分の広告掲載料はカンパだと思われますがその殆どが組合員の組合費、つまり我々の税金が使われているのです。

皆さんこの辺りをよく考えて欲しい上に広告費欲しさにこんな広告を載せる読売新聞にも無節操ぶりには呆れます。

鬼作鬼作 2006/11/27 10:50 マスコミの論調が、例の『太陽政策』マンセーの如きものが目立ってきました。
しかも、小泉前政権は対話と圧力を取っていたが、安倍政権は圧力と圧力しか取らないという論調です。
武力のみを外交交渉の材料とする北朝鮮が、アメリカの強硬措置を突きつけられて、事の重大性を自覚し、『在日支援団体』の活動をてこ入れし、それにマスコミが乗っかっている愚かな姿です。
こんな馬鹿しかいないんだから、野良犬移動の様子を一日中垂れ流す事しかできないのでしょう。

ie7ie7 2006/11/29 16:17 >かっての「オーム」のような動き
× オーム
○ オウム。言葉は正確にということで。

神国日本神国日本 2007/02/13 07:08 幕末、隣国である中国の民が欧米列強から奴隷同然に扱われていることを知った長州藩は、下関沿岸に据えた大砲で、関門海峡に停泊していたアメリカ商船ペンブローグ号を攻撃した。その後も次々と関門海峡を通る外国船を砲撃していった。1881年(明治14年)、アメリカによって独立を脅かされていたハワイ王国のカラカウワ王は、日本を訪れ、姪のカイウラニ姫の婿として山階宮定麿王をお迎えし、日本の力でハワイの独立を守ってもらいたいと明治天皇に嘆願したが、明治天皇はアメリカとの摩擦に対抗する力はなく丁重にお断りした。1894年アメリカ人は武力でハワイ王国の支配権を奪取し、アメリカ人宣教師の息子ドールを大統領とするハワイ共和国を作った。ベバレッヂ上院議員は我々は東洋におけるわれわれの機会を放棄しない。我々は神によって世界の文明を託されたわが民族の使命を遂行するにあたってわれわれの役目を放棄しない。「神によって世界の文明を託されたわが民族の使命」 アメリカは、自らが非白人劣等民族の領土を植民地化することによって、文明をもたらすことを神から与えられた「明白なる天意」と称した。
 日本人が自らの戦争責任ばかりを責め立て、アメリカの残虐行為を怨まないのはなぜか。
 現在のアメリカとイスラエルは確実に狂いつつあるのですが、その原因はキリスト教とユダヤ教にある。キリスト教は復讐の宗教であり、戦争を絶えず続けていないといられない強迫観念に駆られてしまう。だからヨーロッパは世界を征服するために侵略を始めたのですが、欧米の植民地支配を終わらせたのは「神国」である日本である。自分のことだけしか考えない朝鮮人中国人には決して出来ることではない。

x9ea463x9ea463 2007/07/13 05:44 <a href=”http://9d5f09.com”>ae9ed1</a> | [url=http://b49c50.com]fde2a3[/url] | [link=http://2cd869.com]ff0bae[/link] | http://1b4569.com | 820d43 | [http://c24020.com f5dfab]

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20061122/1164155927


ページビュー
31160770