Hatena::ブログ(Diary)

希望は、戦争?blog 〜「丸山眞男」をひっぱたきたい Returns〜 RSSフィード

 お知らせ:
・当blogは赤木智弘著『若者を見殺しにする国』のキャンペーンサイトです。
・議論の発端となっている赤木論文はこちら→その1その2

2008-11-25 ネットラジオ企画を開始しました このエントリーを含むブックマーク

管理人のkanameです!

ブログとは、すこし(というか、だいぶ)ジャンルが異なりますが、インターネットラジオ(ポッドキャスト)を始めました。

タイトルとアドレスはこちらになります。

サブカルから始めよう

http://cargocult.symphonic-net.com/

マル激サブカル版とまでは行かないまでも、できるだけクオリティーを上げていけたら良いと思っています。

コンセプトや方向性はまだ練ってません。

非人文系(書籍からの引用垂れ流し)・非オタク系(ただの趣味)でありながら、一般生活者向けのサブカル論を目指したいところです。

まだ実験段階に過ぎないので構成や音声(というか音質)のレベルから乱れています。スミマセン。

出演者/ご意見なども募集中です。

だいnだいn 2009/02/21 12:03 赤木智弘サン、フリーターがどれだけ希望しても、戦争は起きませんよ・・
国に影響を持っているのは、あなたが批判している正規雇用者なのですから・・

yamazakurayamazakura 2009/02/22 00:42 ミもフタもないご指摘ですが、なるほど真実を突いていると思います。赤木さんはどうやって社会を動かすかというビジョンが無いので困るんですね。本人はそういうのを背負わされるのがイヤダみたいなこと書いてましたけど、今更そこから逃げられるわけもないのですが。

ナンパハメナンパハメ 2009/03/06 20:27 http://mad-monk.com/g1/9/ <a href="http://mad-monk.com/g1/9/">ナンパハメ</a>

アペマンタスアペマンタス 2009/03/09 23:26 「希望は戦争」論など、今の退廃的な「平和」(それは「戦争」という「鬼胎」孕んでいます)の産物でしかありません。私は「奴隷」にはなりたくない。だから戦争はもちろんのこと、現在のような「平和」も断固否定されるべきだと思うのですが。

h.ah.a 2009/05/03 10:27 赤木さん…先日の朝日でもまだ希望は戦争って…
アナタはまだ気づいていない…
この国が教育を立て直す…また雇用問題の原因を
すべて若者の精神的原因にして
徴兵制を復活したがっている…
そうなった時徴兵されるのは貴方ですよ…
国は非正規労働者を中心に死んでいい奴を決めている某ゴルファーとか五輪選手は送らないでしょ…

yamazakurayamazakura 2009/05/03 15:59 ha様
赤木さんの理論では、貧困層は戦争が起きなかったとしても首をくくらざるを得ない状況に追い込まれたりするので、どっちみち死ぬのであれば徴兵されたほうが良い、ということになります。うまく生き延びれば儲けものであると。つまり徴兵されることにメリットがあると考えている。だからそのメリットと思われているもの自体がありえないんだ、というロジックで批判しないと、的外れということになります。赤木さんの論文をいま一度読むと、つっつきどころが出てくるかと思いますので再読をオススメします。
ついでに言うと、戦争によって金持ちがやっつけられちゃうから赤木は戦争支持なのだ、ということを言う人もいますが、これも見当外れですね。

h.ah.a 2009/05/05 23:28 反省して生まれ変わります

アペマンタスアペマンタス 2009/05/06 13:49 >どっちみち死ぬのであれば徴兵されたほうが良い、ということになります。うまく生き延びれば儲けものであると。つまり徴兵されることにメリットがあると考えている。

戦争が起き、徴兵制が施行された場合を想定してみましょう。生き延びようとして必死になっても、無情の敵弾に殺られる。戦死を免れても、PTSDや戦闘で負わされた傷がもとで一生身体の障害に苦しめられる。金持ちやエリート階層に属するインテリたちは銃後の安全地帯で「戦意高揚」を煽り、戦争が終わればシタリ顔で「平和」を説くでしょう。兵士たちは戦場に出る以上、常に死の危険と恐怖に曝される。特権層(なにも政界や財界の権力者ばかりではありません。学者センセイや評論家連もこの中に含まれるでしょう)は常に無傷でリスクを負うことなどないのです。「希望は戦争」論を笑った者達が戦争になったとたん、身の保身のために転向して「ペンの御奉公」に励み、暴利をむさぼる姿を想像できないのでしょうか?

アペマンタスアペマンタス 2009/05/06 14:17 >徴兵されることにメリットがあると考えている。

「分かったか豚娘ども、分ったら返事をしろ!」

「口でクソたれる前と後に『サー』と言え!分かったかウジ虫! 」

「その日まではウジ虫だ!地球上で最下等の生命体だ !!!」
 
「貴様らは両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない! 」

(映画『フルメタルジャケット』ハートマン先任軍曹の台詞)

アペマンタスアペマンタス 2009/05/06 21:11 もうすこし補足を・・・

「じっくりかわいがってやる! 泣いたり笑ったり出来なくしてやる! 」

「クビ切り落としてクソ流し込むぞ!」

「スキンのまま生まれたクソバカか、デブ? それとも努力してこうなったのか? 」

「死ぬか? 俺のせいで死ぬつもりか? さっさと死ね! 」

(同上)

yamazakurayamazakura 2009/05/06 21:53 アペマンタス様
繰り返し同じことを書きますが、赤木さんは「戦死してもいい」という考えです。平和でも戦時でも貧困層はどっちみち死ぬ運命にあるのだし、でも戦死すれば社会的な尊敬は勝ち取れます、と。
だから「アンタ死ぬよ?」は赤木さんに対しては無効な攻撃となります。別のロジックを立てないと厳しい。

はいちゃんちゃんちゃん!!!!はいちゃんちゃんちゃん!!!! 2009/08/17 00:00
もーさすがに3回は果てるってーー!!!(>_<)
連続じゃないだけマシだけど1 0 万の為とはいえ3回ヤるとティ ンコさんが火を噴きそうなくらい真っ赤っ赤だよ(^^;
まー何気に足 コ キしてもらったのって初めてだし、得っちゃ得だけどねーwww

http://kachi.strowcrue.net/dQJjuYg/

ウェルダン穂積ウェルダン穂積 2010/01/31 18:46 http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-7791-1487-8.html

>ガラパゴス諸島の闘争――あまりにも長いので最後に読んだ方がいいかもしれない「まえがき」
>法政大学は、ヘンな大学である。学生運動が、二〇〇九年現在も、まだ持続している。

新著なのに、「ガラパゴス諸島」なんて、マヌケな言葉を使い、自分たちの孤立ぶり、時代錯誤ぶりを認めているあたりが、なさけなさすぎよなぁwwww

法政が「ヘンな大学」と認めているなら、そこでなんと94年まで、時代錯誤運動を繰り返していた中川文人は、ただのマヌケってことだろwww


>当然、一般の学生に対する影響力はほとんどない。

もう、おそろしく、みじめな敗北宣言だよな。「一般の学生に対する影響力はほとんどない」ような思い出話なんて、今頃、読んでどうするんだよ?

さらにツイッターでは、よりマヌケな事態になっているぞ。(笑い)↓
http://twitter.com/NakagawaYusuke/status/8223824585
>弟、中川 文人:の自伝「ポスト学生運動史 法大黒ヘル編…1985〜1994」発行:彩流社が届いた。

>私のことも書かれているが、脚色、粉飾が多い。信じないでください。

出版早々、この本の当事者である中川文人の実兄=中川右介に「脚色、粉飾が多い。信じないで」と全否定されるマヌケさ(笑い)。
これで、新刊の信憑性も、あっという間に地に落ちたわな。。。。 もう、なんの説得力も無い。
まあ、「根っからの虚言症患者」「誇大妄想狂」外山恒一が、書いたクズ本らしいわ。
こんな嘘つき本を、わざわざ1800円も出して、信じ込んで買うバカどもが、哀れwwww
外山の詐欺本に、だまされるなよ!

andand 2010/02/03 09:14 そもそも国だけが戦争を起こすんじゃないし、「戦争」と言った時、実際に戦争を経験した世代もしてない世代も第二次大戦やそれ以前の「戦争」にしか発想が及ばない時点で「平和ボケ」してるなあと思う。

それこそ戦争に「いかされる」「徴兵制がどうたら」って「心配」しかしていない

邂逅邂逅 2012/02/13 12:18 5人のオジを「天皇バンザイ」で無くしたので、ささやかでも平和に繋がるように、子供を分け隔てしない子に育てたが、知的障害児と級友として付き合うことでイジメられ病気にされたので。
今は人間が怖いです。また、近年 戦争は各国の権力者が自分達が自国民から的にされない様にする為に行っているように感じます。棄民を巻き込まないで欲しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/t-akagi/20081125

2008-08-10

[]赤木智弘は世界を包む 21:06 赤木智弘は世界を包むを含むブックマーク

「2008 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動−ヤスクニ・戦争・貧困」に行ってきました。




教条主義平和主義者かと思ってた高橋哲哉氏が赤木論文の意義を認めた!!!!


ぶったたいていいってよ。右の頬をぶたれたら左もささげるってよ。


是非、口だけでなく、給料を返上して非常勤講師に回すなり、横にいる無能な準教授は辞職して優秀な方に席を譲るなりしてワーキングシェアを実践していただきたいものだ。

たっくんたっくん 2008/08/17 18:34 朝日新聞の朝刊で貴殿のことを知りました。
戦後最大の不況は米国(ロスチャイルド)の指示で日銀が実行したのです。
属国である日本を植民地とするべく、米国(ロスチャイルド)にとって都合の良いように雇用の流動化が行われ、外資による日本企業の破格の安値での買収も実行されました。我々が苦しんでいる影には黒幕がいるのです。それを実行したのは小泉ですが、口車に乗せられ彼を選んだのも我々です。日本人同士でいがみ合っていてもどうしようもないと思います。どうか目を覚ましてください。我々を苦しめているのは一体誰なのか?マスコミは一切報道しません。しかしネットではそれを追求する同士がいます。貴方も立ち上がって下さい。最後の方に証拠として如何に米国が内政干渉(まさしく箸の上げ下げにも口出しする有様)とも言うべき駐日大使館の『日米規制改革及び競争政策イニシアティブ』を載せたの
参考にしてください。
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060627
http://www.anti-rothschild.net/material/05f.html
http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-j20060728-50.html
http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-20080705-50.html

アキツシマアキツシマ 2008/08/18 18:28 我々の敵は「食えていて尚且つ将来に希望をもっている庶民」の「無関心」だよ。
昨今「自己責任」という言葉が一人歩きし、「未だにこの日本で飢え死にする奴がいるんだ」
と言った所で「その人の努力が足りないんでしょ〜そうなったのも『自己責任』だよ」
っていう反応が多いな。

俺が「つまり『自己責任』で生き延びろと言う訳だなw綱渡りで生きてる奴が病気になり
クビなったとする。その後仕事が見つからず、蓄えが尽きて、生活保護も拒否られそれで
生き延びたかったら他者から奪うしかないよな。明日あんたが奪われる側になっても
文句はいうなよwそんな運を引き寄せたのも『自己責任』って訳だろう」
ここまで言ってやっと何か考えようという気になるらしい。

TakaonTakaon 2008/08/19 14:32 赤木智弘様の達成した偉業とは「論座を廃刊」にした事だけでした。
アホな事いう人の記事が掲載される月刊誌なんか、真面目な人程買わなくなるよなぁ〜。

pokemonpokemon 2008/08/20 18:00 20代男性です。
「希望は戦争」ぼくは賛同できない。
でも、賛同する人達がいることは支持したい。
できれば、そういう人達で私的な軍隊を作って、
北朝鮮を攻めてほしい。
拉致被害者を連れて帰る。死んでいれば遺骨・遺品を持ち帰る。
めっちゃヒーローやと思う。
後処理は各国政府・企業・NGOなどに任せればいい。

戦争願望はいいけど、日本でするなよ。世界中には紛争やっている所なんて
いくらでもあるんだからそこ行ってくればいいじゃん。

なんか幽遊白書のドクター・神谷みたいだね。
人間じゃなくて妖怪になら殺されてもいい。皆道連れに。

yamazakurayamazakura 2008/08/20 20:45 >pokemonさん
んー、「希望は戦争」に賛同する人は、「日本で」戦争が起きてくれないと意味無いと考えてるから無理じゃないですかね〜。

あっくんあっくん 2008/08/21 11:45 希望は戦争っていうのは、昔の日本みたいですね。
景気が悪いから、アジアを侵略し豊かな国にしようと。今と価値観が違うから、それがグローバルスタンダードだったし
いいこととされていた。
実際戦争に徴兵された人の話を聞くとかなりワクワクしていたそうです。負け戦っていうのが伝えられてないのもあったけど
まず第一に海外旅行なんてまず無い時代。海外で基盤を築いて一旗立ててやろう、その布石だ!って感じでワクワクして海外
に出兵していったみたいです。実際戦争成金だらけだった背景もあります。小汚い小作人が、満州から帰ると財産築いて故郷
に錦をっていうサクセスストーリーがあったそうです。

yamazakurayamazakura 2008/08/21 16:14 >「あっくん」さん
で、満州で一旗上げてはみたものの敗戦で身包み剥がされ、一方戦地に赴いた人からは少なくない死者も出たし、国内では空襲と原爆…といった具合に、(まぼろしの)天国から地獄に突き落とされた例も枚挙に暇がないわけですけどね。
おそらく21世紀の戦争は成金とか生み出す間もなくミサイルでどっかーんでオシマイって形になると思うので、いっときの「天国」ですら期待できないし、戦争が「希望」ではないというのはむしろ良いことかもしれないです、戦争待望論が無効化するという意味で。
もっとも、赤木氏も「希望は戦争」と言っているわりにはそうなるような努力もしてないようだし、それをやる力も持っていないのでその意味では安心ではありますw

daiskedaiske 2008/08/22 11:23 >是非、口だけでなく、給料を返上して非常勤講師に回すなり、横にいる無能な準教授は辞職して優秀な方に席を譲るなりしてワーキングシェアを実践していただきたいものだ。

赤木さんとやらにも、是非口だけではなく、実際に戦争を実践していただきたいものですな。できますよ、フリーターでも。

武装蜂起すべき武装蜂起すべき 2008/08/25 16:31 戦争を望むっていうのが、よく分からないんですよね・・・
今、日本のたくさんの若者が宅間イズムに夢中になっています
宅間イズムとは、ようするに内戦を主張する思想ですね
弱者の権利の為に命を張って戦う英雄、それが宅間さんや加藤さんなんです
大塩平八郎と同じなんですよ
自分は弱者を日々苦しめる一般市民は全て死刑にすべきだと思う もはや死以外に奴等が償う方法はないと思う
宅間さんや加藤さんは、本当に素晴らしい人である
ちなみに宅間サンの思想は2ちゃんねるで検索すればいくらでも出てくるよ
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/mental/1212507775/

ゆうゆう 2008/09/09 14:40 自分は希望は内戦、です。
内戦のすばらしさっていうのを、もっと伝えたいと思っています
戦争やったって、別に自分の生活は豊かになりませんよ
大体、植民地が独立するのが主流になったのだって直接統治より間接統治、すなわち
経済的支配のほうが効率がいいからでしょう
しかし、内戦は違う。自分の国内での身分を変化できるチャンスです
226事件や血盟団事件のように、どんどん内戦の契機になるような素晴らしい事件が
続発してくれればと思う

アペマンタスアペマンタス 2008/09/22 19:51 >社会に出た時期が人間の序列を決める擬似デモクラティックな社会の中で、一方的にイジメ抜かれる私たちにとっての戦争とは、現状をひっくり返して、「丸山眞男」の横っ面をひっぱたける立場にたてるかもしれないという、まさに希望の光なのだ。

要は権力のおこぼれに与りたいというわけですか。「丸山眞男」を苛めることができても、ドレイであることに変わりはありませんな。

アペマンタスアペマンタス 2008/09/22 20:51 >実際戦争成金だらけだった背景もあります。小汚い小作人が、満州から帰ると財産築いて故郷
に錦をっていうサクセスストーリーがあったそうです。

>で、満州で一旗上げてはみたものの敗戦で身包み剥がされ、一方戦地に赴いた人からは少なくない死者も出たし、国内では空襲と原爆…といった具合に、(まぼろしの)天国から地獄に突き落とされた例も枚挙に暇がないわけですけどね

金は有っても無くても人を狂わせるようですね。

金て奴は妙な藭様だ、豚の食ひ物にも劣る肉體の持ち主でも金があると崇拜される!・・・奴隷然たる驚異的尊敬を人身に植ゑ附けるのも汝(きさま)だ、えらい神徳だ。汝に仕へる聖者連は、汝ばかりにお辭儀をするやつらは、しょッちゅう疫病に罹れやァがれ!
(シェークスピア『アセンズのタイモン』第五幕第一場・坪内逍遥訳)

アペマンタスアペマンタス 2008/09/22 20:55 訂正

妙な傷尢lだ→妙な神さまだ

アペマンタスアペマンタス 2008/09/23 09:06 >戦争やったって、別に自分の生活は豊かになりませんよ

そう、真の敵はアメリカでもロシアでも中国、北朝鮮でもありません。背後にいるのです。その敵の存在を許している、我々の内面にも。

>是非、口だけでなく、給料を返上して非常勤講師に回すなり、横にいる無能な準教授は辞職して優秀な方に席を譲るなりしてワーキングシェアを実践していただきたいものだ。

日本の大学の惨状を見ると、改革への道は極めて困難であると言えましょう。

http://d.hatena.ne.jp/Dahlem-Dorf/20080613

いざとなれば、チンケな島国根性など捨て去り、広い世界へ脱出しましょう。それが真の「地球市民」であると思います。

アペマンタスアペマンタス 2008/09/23 22:43 >たっくんさん
>日本人同士でいがみ合っていてもどうしようもないと思います。どうか目を覚ましてください。

あなたこそ早く目を覚まされたほうがよろしいですよ。陰謀論なんて、下らない島国根性の産物です。それこそ、このちっぽけで何の希望もない離れ小島に、心ある人々を押し込めておこうという敵の策謀に過ぎません。陰謀論信者は、「鎖国」と「大東亜戦争」の愚劣な歴史から何も学んでいないのです。

アペマンタスアペマンタス 2008/09/24 19:56 >ぶったたいていいってよ。右の頬をぶたれたら左もささげるってよ。

どんな悪徳も幾らかづゝ外面(うわべ)には美徳の徴(しるし)を見せびらかしてゐる、それをせぬやうな、そんな單純な悪徳は世の中には無い。
(シェークスピア『ヴェニスの商人』第三幕第二場・坪内逍遥訳)

御用心を。

宅間真理教宅間真理教 2008/11/06 09:28 504 :少年法により名無し:2008/07/24(木) 22:57:38 0
宅間イズムの教典を見て「そんな被害妄想な」と思う人もいるかもしれない
しかし、本当にそうだろうか?それは、洗脳されている
法律というのは、ゼロの状態から作ったものだ
レイプはダメ、強盗はダメ、それは人を傷つけるから。当たり前の道理だ。
しかし、法律を作る段階でやはりツメの甘さが出てくる それが「強者の理論」だ。
強者に都合のいいように作られてしまったのだ。
だから、人を殴ったり刺したりするのは違法で罰せられるが、同程度人を傷つける、子供を産んだり彼女作ったり
家庭持ったり、いい服を着たり、働いたり、学校いったり・・・ そういうことは罰せられていない
それができない人の心を蝕む、それで自殺する人も大勢いるわけで殺人犯である

つまり、そういった奴らは正義の宅間イズムで死刑にしないと、被害者は報われないわけである

2008-06-03

[]上野千鶴子さんと本田由紀さんのトークセッション 14:22 上野千鶴子さんと本田由紀さんのトークセッションを含むブックマーク

本田由紀著『軋む社会』の刊行を記念して、トークセッションをおこないます。

第1回の本田さんのお相手は広田照幸さん。そして、第2回のお相手は上野千鶴子さんです。

以下、トークの詳細です。ぜひご参加ください。


本田由紀著『軋む社会』刊行記念トークセッション

<タイトル> 「次世代のためにすべきことは何か――超能力主義、家庭教育、そして若者をキーワードに」

<講  師> 上野千鶴子東京大学大学院人文社会系研究科教授)

        本田由紀東京大学大学院教育学研究科准教授

<場  所> 三省堂書店神保町本店 8F特設会場

<日  時> 2008年6月27日(金) 18:00開場 18:30開演

<参加条件> 店頭またはお電話にてご予約のお客様、先着100名に整理券を配布。当日参加費として¥500−お支払いいただきます。トークセッションのあとサイン会を予定。対象本は特になし。持ち込みの書籍にサイン可。

<ご予約先> 三省堂書店神保町本店 4階(電話 03−3233−3312)

<内  容>

5月に刊行した『軋む社会』で本田由紀は、教育、仕事、若者、そして家族を事例にしつつ、日本社会の軋みについて述べた。今回のトークセッションでは、本田が指摘するような仕事における「超能力主義(ハイパー・メリトクラシー)」と家庭における「教育」、さらに「若者」に関する諸問題の三点にしぼって対話を進めていきたい。

本田には、それぞれのテーマについての持論を展開していただく。そして、長年、ジェンダーの視点から日本社会を分析・研究し、提言をおこなってきた上野千鶴子には、こうした本田の議論をどのように受けとめているのか語っていただく。

いま、日本社会の何が問題なのか。私たちが次世代のためにすべきことは何か。おふたりの議論が化学反応を起こし、現代日本の軋みをあぶり出す。さらに、その化学反応は、軋みを緩和するためのヒントをも提示する。

2008-05-28

[]6月11日 ジーク外山Presents「外山恒一・新著『青いムーブメント』刊行記念トークライブ〜 プレカリアート右派!?〜」 23:55 6月11日 ジーク外山Presents「外山恒一・新著『青いムーブメント』刊行記念トークライブ〜 プレカリアート右派!?〜」を含むブックマーク


近年熱い注目を集める“プレカリアート”運動の近傍に身をおきながら、片や「ファシスト」、片や「希望は、戦争」と、本気なのか露悪趣味なのか“右まがい”の暴論でヒンシュクを買いまくっている異端の論客2人が登場。本番当日が初対面とのことだが、果たしてこの組み合わせ、激突となるか意気投合となるか、見逃せない一夜だ。

【出演】

赤木智弘(『論座』07年1月号掲載論文「「丸山眞男」をひっぱたきたい」筆者)

外山恒一九州ファシスト党・我々団 臨時総統)

中川文人(司会/法政大学統一OB会)

OPEN18:30 / START19:30

前売¥1,000(飲食代別)

当日¥1,500(飲食代別)

前売チケットは店頭、電話予約にて5/25より販売開始。

[]6月11日ジーク外山Presents「外山恒一・新著『青いムーブメント』刊行記念トークライブ〜 プレカリアート右派!?〜」 23:56 6月11日ジーク外山Presents「外山恒一・新著『青いムーブメント』刊行記念トークライブ〜 プレカリアート右派!?〜」を含むブックマーク


近年熱い注目を集める“プレカリアート”運動の近傍に身をおきながら、片や「ファシスト」、片や「希望は、戦争」と、本気なのか露悪趣味なのか“右まがい”の暴論でヒンシュクを買いまくっている異端の論客2人が登場。本番当日が初対面とのことだが、果たしてこの組み合わせ、激突となるか意気投合となるか、見逃せない一夜だ。

【出演】

赤木智弘(『論座』07年1月号掲載論文「「丸山眞男」をひっぱたきたい」筆者)

外山恒一九州ファシスト党・我々団 臨時総統)

中川文人(司会/法政大学統一OB会)

OPEN18:30 / START19:30

前売¥1,000(飲食代別)

当日¥1,500(飲食代別)

前売チケットは店頭、電話予約にて5/25より販売開始。

HatashiHatashi 2009/04/02 15:34 悪質中1男子 先生を「流産させる会」

このニュース読んで、赤木さんに聞きたい。
椅子のねじを取るということは、傷害事件にあたるのではないですか?
その目的が、お腹の子供を流産させるため 非常に悪質ではないでしょうか?
中学生は、幼児ですか?善悪、命の尊さも解らないのですか?
解らないからこのような事をするのでしょうが、悪いことをしたらそれなりの罰を
与える必要があるのでしょうか?当然、周りの大人たち(親族、教師)にも大きな責任があると思います。
何もかも、難しくする必要はないと思います。悪いことは悪いと教えるべきだと思います。
もう一度、赤木さんの意見を聞かせてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/t-akagi/20080528