Hatena::ブログ(Diary)

鳥目の会ブログ

2014-10-20 お知らせ ツィッターはじめました

[]ツィッターはじめました

10月より鳥目の会もツィッターはじめました。ブログも間遠で苦労していました。つぶやくことならやれるか、からです。

まだ、フォローもとりあえず、フォロワーもひとりです。検索でもたどりつけるかどうか。

ぼちぼちとつぶやくつもりですが。すでにいくつかは発信しました。

2014年10月20日 世話人

2014-08-18 コラム 8月14日戒能民江氏発言を読む

[]8月14日戒能民江氏発言を読む

8月14日しんぶん赤旗2面「黙ってはいられない」欄に、「戦争は女性の人権を奪う」と題した、戒能民江氏(1944年生まれ)の発言がのりました。その中の一文を紹介します。

『安倍さんは「女性の活用」といいますが、「男女共同参画社会」の実現は強調しません。男女平等という建て前すらいわないのです。個人の尊厳と固定的な性別役割を内容とする「男女共同参画社会」の実現を嫌悪しているのがわかります。』

ついこの間、広島長崎での平和式典で、昨年同様不戦も反省も言及せずしかも他も昨年をコピペしたと言われてしかたのない、首相としてのあいさつでした。多くの批判があったことは当然といえるでしょう。しかも「被爆国民」とあったのを「被爆国」としたのはなぜかと、毎日新聞で指摘をされました。これについてはすぐ、「被爆国」となぜしたかの弁明が安倍氏にかかわるインターネットで掲載されたそうです。痛い、見透かされた指摘であったことがわかります。コピペである弁明はいなおってせず、ずるく立ち回ってもぐりこませたことがばれると、その点だけはあせって釈明する、見苦しいことです。

その根っこに、「男女平等」をいわないこと(人権の近代感覚が希薄?)があることを、人生の先輩である戒能氏から教えられました。安倍氏を選んだ有権者のひとりとして不明を恥じなくてはなりません。

安倍内閣のたがのはずれよう、多くの人との矛盾、是正がもとめられる時期、捻じ曲げられたものを直していく時期ががきているようです。それはやはり、まず安倍退陣からでしょう。国民の声を安倍氏に届けなくてはなりません。そのために私も微力でも努力を。しかし、私も、「人権」「男女共同参画社会」について改めて勉強が必要と気づかされました。

2014年8月18日 前荷 進

2014-08-13 コラム 安倍首相、広島長崎スピーチにはさらに問題点

[]安倍首相広島長崎発言にはさらに問題点

天木直人メールマガジン8月13日内73号」、「安倍コピペ演説のもうひとつの問題点」との投稿でした。8月の広島長崎の平和記念式典でのスピーチについて、コピペの他にさらに問題ある内容だったとの指摘です。同日毎日新聞コラム「水説」での指摘を引用していました。「昨年スピーチ」では、「私たち日本人は唯一の戦争被爆国であります。そのような者として。−−」とありましたが、今年は「人類史上唯一の戦争被爆国として、核兵器の参加を体験した我が国には、」となっているのでした。

天木氏の記事からの指摘は次のようでした。「そこまで意識して広島長崎の演説が仕組まれているとすれば、コピペどころではない。安倍国家杉的政権の真骨頂である。−−安倍首相をみくびってはいけない。」まことに的確ではないでしょうか。

私もコピペで開いた口がふさがらなかった人間の一人ですが、またそうなりました。そう言ったいいまわしには安倍氏は敏感なのでしょうか。少なくとも懲りない態度を続ける気持ちになっているようです。やれやれです。

とんでもないと言わなくてはなりません。わかって居直っているならなおのことです。「閣議決定すれば憲法解釈を変えられる」との逆立ち発想も極まれりということかもしれません。

2014年8月13日 世話人

2014-08-09 コラム 8月6日安倍晋三首相スピーチ

[]8月6日広島での平和記念式典での安倍晋三首相スピーチ

8月6日、広島原爆が投下されて69年目にあたります。現地での平和記念式典で、安倍晋三首相スピーチしました。ところがその内容が、問題になっています。昨年のスピーチを実質引き写しをしたもので発言したのではないかという「疑い」です。

東京都世田谷区区議会議員上川あや氏が、本人のツィッターに、今年昨年のスピーチの冒頭部分をテキスト比較ソフトで冒頭部分を投稿したことで、そのことが広がりました。たくさんの人がリツィートすることとない、東京新聞朝日新聞でも後追い紹介記事が報じられました。

私もどういうことだろうとはじめ思ったのです。しかし、昨年のものの「引き写し(コピペ)」と言われてもしょうがないような今年のスピーチのようだと、認識することになりました。気持ちも心も入っていないスピーチを行ったわけでした。しかも場所が場所、相手が相手のところでです。

亡くなった被爆者、戦死者を冒涜する行為ではないかと私は思いました。そうとられてもしかたのないことを彼は行ったわけです。「特定秘密保護法」「集団的自衛権閣議決定」を推し進めた日本政府の最高責任者が、悪く言うと、その本音を衣の下から示したように思いました。被爆者代表の閣議決定撤回の声に耳を貸さなかった人物であること、これでも明らかです。式典参列の被爆者、遺族に対しても許せないことをしてしまったのではないでしょうか。

ふざけたスピーチをしてそのままでよいとはとてもいえません。安倍氏謝罪、これを求める気分です。首相としての能力資質もまことに疑わなくてはなりません。国民のあきれ怒り、外国からも辛口の批判、にさらされるこれからになることは間違いありません。

2014年8月9日 与謝名 阿寒

2014-06-20 コラム 繰り返される橋下徹発言、百田発言

[]繰り返される橋下徹発言、百田尚樹発言

従軍慰安婦に関して、またまた橋下徹大阪市長、作家百田尚樹氏が、発言したようです。慰安婦に関していうと、橋下氏は外国もやっていた制度と、百田氏は軍強要の従軍慰安婦の存在否定と、発言したとマスコミに報じられました。それで知る限り、学びも反省も感じられない繰り返し発言です。またかその程度かと驚きました。これほど大きな問題であるのに、です。

両氏の発言については、いろいろな言及が山ほどされ、国内外にあふれています。なるほど聞こえないふりでやらなくては、続けられないものであることが、両名の発言内容(慰安婦と限りませんが)でわかります。

相変わらずの発言を繰り返すことで、なぜ自らの墓穴を掘る作業を続けるのか、私には不思議でなりません。白旗をあげたくない現実を直視しない人の発想はこういうものなのかもしれません。

ていねいに打ち返す気持ちを私なりに続けたいと思います。かみあった発言を努力することになるでしょう。本人たちにむけて、耳にしている人たちにむけて。わかってくれるまで続ける気持ちで。同じ土俵にいる日本人でsから、相手の繰り返しにも面倒くさがらずに、何回でも。「水に落ちた犬はさらに打て」ですから。


2014年6月20日 与謝名阿寒