新・三つの棺−「幻影の書庫」日記

2016-12-09

[]ほしのこえ

書きためてたストックが無くなったので、一週間も空いてしまった。

土日のうちに、また本・映画漫画感想ストック増やしておこうっと。

これも「君の名は。」よりだいぶ前に(10月の頭頃だな)TSUTAYAで54円で借りて観た作品

ほしのこえ(サービスプライス版) [DVD]

ほしのこえ(サービスプライス版) [DVD]

おお、さすがにこれはいい

 

処女作には、その作家エッセンスが凝縮されているものだけど、

やはりこの作品もそうだ。

 

その後の作者の永遠テーマとなるような、

時間』と『距離』という要素が、直球で胸に刺さる。

 

声優版の他に監督自身主人公を演じているオリジナル音声版も

収録されてるのだが、こちらも意外に味があって良かった。

 

また、映像特典として「彼女と彼女の猫」という短編も収録されてた。

画像を上げた版に収録されてるのかどうかはよくわからない)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsuki0214/20161209

2016-12-02

[][]自分にとって世界で唯一の存在だったAさんを偲んで

運命の巡り合わせというものはきっとある

 

その相手自分にとって世界で唯一の存在であることが

はっきりとわかってしま場合だってある。

 

世界で最高と思える相手なら、他にもっといたかもしれない。

自分にとって、自分の妻がそうであるように。

 

でも、世界で唯一の存在なんて、そうそう出逢えることは無いだろう。

No.1にならなくてもいい〜、もともと特別なOnly 1〜

SMAPはそう歌ってはいるが、そんな特別でもなんでもない Only 1 じゃなくって、

ホント特別な Only 1 は No.1 も当然越えるに決まってる。

 

そんな特別な Only 1 だったAさん。

いつも明るい顔で、自分に笑顔を与えてくれたAさん。

人生の色々なことを、教えてくれたAさん。

 

そんなAさんの暗くなったままの顔を見つめながら、

僕は悲しみに暮れている。

(って、以前も同じようなことやったなぁ)

 

 

 

 

 

 

Aさんの名は、AQUOS LC-32GH3。シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ。

 

何故これが世界で唯一の存在だったかといえば、9年前のこの日記に書いたように、

その当時、我が家リビングボードに収まる32型液晶が、唯一これしか無かったわけ。

 

土曜の夜まで全く問題無かったのに、日曜朝一に点けたら真っ暗なままになってしまってた。

テレビっ子世代自分としてはテレビの無い生活は辛いので、さっそく新しいの購入。

 

今回購入したのがこれ。ソニーストアにて購入。

 

さすがに今は余裕でこのサイズに収まるし、ようやくちゃんとフルHDにもなる。

(この4K時代に、しかも4K超の映像機器設計してる自分が恥ずかしい話だけど)

 

昨日、無事にセッティング完了

Wi-Fiも繋げたので、テレビの活用範囲も今までより、もっと拡がるかな?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsuki0214/20161202

2016-11-30

[]屋上の道化たち

屋上の道化たち

屋上の道化たち

なんと読者への挑戦状付きの、御手洗潔シリーズ50作目の記念作品

 

こりゃあ期待せずにはいられないだろ、ってもんだけど、

未読の方はあまり期待せずに手に取った方が、心の安定にいいでしょう。

 

強烈な謎と鮮烈な解決、と書かれてるけど、

前者はともかく、さすがに後者はなぁ。

奇天烈だけど、鮮烈と感じてくれる読者は少なそうな気がする。

 

それによくこれに挑戦状付けようなんて考えたなぁ。

これは「推理」の作品ではないんじゃないの。

 

ちょっと(どころじゃなく)都合よすぎとも思えたなぁ。

なんで、もっと電気的なトリックを想定してた。

 

偶然の連鎖が織りなすミステリ喜劇。

 

本作を面白いと感じるかどうかは、

この笑いの感覚が身に合うかどうかがポイントなのかも。

 

採点は6点。期待には満たなすぎた。

縁起ダルマ縁起ダルマ 2016/11/30 21:55 私もこの作品は「壮大なユーモアミステリ」だと思って読みました。そうでも思わないとやってられない(笑)。
突っ込み所は数々ありますが、開かないトイレの個室を、いくらガードマンでもいきなり体当たりして開けようとはしないでしょう。一声掛けて上から中を覗くよ。島田先生、『アトポス』以降は人が変わった様になってしまわれた・・・。a

tsuki0214tsuki0214 2016/12/02 13:26 そうですよね、まさかの冗談ミステリ。
意識して狙ってそうなところがあるのが、まだせめてもの救いかも。とか思ってます。
無意識だったら怖いですもの〜(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsuki0214/20161130

2016-11-29

[]娘を嫁に出す練習

今日、娘がニュージーランドに旅立つ。

 

三週間だよ。

 

かみさんも言ってたけど、成田まで見送りに行ってたら、

ひょっとして泣いてるかもしれない。

友達のところに一緒に送ってもらうので、

朝お別れしてきたんだけどね。

(娘は今日昼過ぎに出ればいいくらいなんだけど、

 極端に朝早い自分の出勤時間に合わせて早起きしてくれたようだ)

 

健康に気を付けて。早め早めに薬とか飲んで」

と言ったあと、

「達者で暮らせよ」

と、照れ隠しの戯れ言で締め括る。

ひと笑いで涙の粒を奥でとどめてみせるんだ。

 

娘を嫁に出す時の予行演習なのかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsuki0214/20161129

2016-11-24

[]スタフ

スタフ staph

スタフ staph

う〜ん、最終的には結構微妙作品だったかも。

 

読んでる途中は結構楽しかったんだよな。

いい作品になりそうな手応えすら、なんとなく感じてた。

 

でも、このラス前までの作品雰囲気と、ラスト真相との、

何とも言えない馴染まなさ。

 

落差で意外性を形作ってるというのとも違うニュアンス

上手く表現できなくて、申し訳ないけど。

 

これがどうにも気持ち悪かった。

 

ミスとまではなりきれない、落ち込みきれないどんより感。

 

わかるけどわからない心理

 

採点は6点。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsuki0214/20161124

2016-11-22

[]挑戦者たち

グズグズしてるうちに、感想書いてない本が1ダース以上溜まってる。

ちょっと短評にして、ペース上げて潰していこう。

読む端から忘れていく鳥頭なので思い出せなくなってしまう。

 

挑戦者たち

挑戦者たち

なんと法月の読者挑戦小説集だぁ〜、すごいぞ、わくわく!

 

なんて、どっかですっかり勘違いしてた自分アッパー喰らわしたい。

 

「読者への挑戦」だけが大量にあるという実験作だった。

言い方を変えると、「読者への挑戦」しかない。

 

う〜ん、試みとしては面白いし、

本格者ならではの遊び心には富んでるんだけど、

まぁ、それだけっちゃあ、それだけ。

 

読者より何より、作者が一番楽しんでる作品だな。

 

採点は6点以外つけようがない。

採点対象ですらないようにも思うけど)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsuki0214/20161122

2016-11-21

[]これがお前達のやり方かぁ〜!

先々週の土曜日の話だけど、シェーバーの掃除をしようと、洗面台のシャワーヘッド

強力な水力にして洗ってたところ、水面台の床が水浸しになってるのに気付いた。

 

洗面台の下部を開けてみると、そもそも水受ける箱みたいなのが用意してあって

(結露した場合の水受けなんだろうか?)、そこが一杯になって漏れてる。

これまでずっと溜まってた分が遂に一杯になって溢れたんじゃないかという淡い期待は虚しく、

水抜いてからも、蛇口捻るとどんどん溜まってく。

取りあえず自分で出来る範囲で緩みとか見てみたけど、わからない。

 

こりゃ水のトラブル呼ぶしかないや。

f:id:tsuki0214:20161121132806j:image

 

というわけで、予防注射から帰宅後、台所のマグネット漁ると三社ほどあったので、

大手のイースマイルってとこに連絡してみた。

 

すぐには来て貰えず、夜の7時から9時の間だという。まぁ仕方ない。

 

で、7時過ぎに来てくれたんだけど、蛇口のホースが破れてて交換が必要とのこと。

でも、この蛇口メーカは既に潰れてて、後継メーカ部品あるかどうか、

月曜日以降に連絡するとのこと。

でも、おそらく蛇口ごと交換で、シャワーヘッドだと通常5〜6万円以上、

下手すると合う蛇口が無いと、洗面台ごと交換で、15〜16万円はかかると。

 

イースマイルが帰った後で、こりゃ別の業者も呼ばなくちゃと調べてみると、

水道業者って、軒並みネットの評判が悪い。

大手系はぼられるとの評判が一般的

ランキングサイトも色々あるんだけど、業者自体運営してたりするらしい。

悪質なとこだと、名義だけ幾つも変えて、それらでランキング

埋めてるところさえある。

こりゃ信頼できるとこ探すなんて無理だよ。

 

家建てた建築屋さんに連絡して、水道屋紹介して貰おうとしたら、

冷たい対応で、期待できなかったのでやめた。

 

ネットで見ると、地元の水道屋、特に市が雇ってるようなところが

良さそうだということだったので、タウンページを取り出して探して、

都の認可を取ってる業者に、日曜日来て貰った。

 

結果は同じようなものだったんだけど、こちらは後継メーカ名前

ちゃんと出して、部品調べて改めて連絡くれるとのこと。

 

で、後者火曜日に連絡くれて、ホースだけの交換で済むので、

部品代8,200円の取付代8,000円とのこと。

 

イースマイル水曜日にようやく連絡が来て、

蛇口ごと交換で、57,186円、もしくは74,520円だってさ。

こうやって大物部品で交換させて、高い支払いをさせる仕組みなんだな。

 

大いに勉強になりました。

 

当然後者にお願いして、現在部品納入待ち。

早く直って欲しいなぁ。 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsuki0214/20161121