Hatena::ブログ(Diary)

つばめの北京スケッチ〜★中国的日常★ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-01-05 番組案内:新年特番&陳真先輩の思い出など このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

昨年末からの番組をまとめてご案内します。

■【新年特番 CRIからのHappy New Year2012】入り口はこちらから↓

http://japanese.cri.cn/other/12newyear/happy.html

◆つばめが担当する番組「暮らしの中のエコノミー」↓

 http://japanese.cri.cn/782/2012/01/03/144s185196.htm

■CRI開局70周年スペシャル。半世紀あまりにわたるリスナーと北京放送との絆にスポットを当ててみました↓

【第一部】新中国からの電波

 http://japanese.cri.cn/782/2011/12/01/141s183684.htm

【第二部】中国語講座のファンです

 http://japanese.cri.cn/782/2011/12/01/141s183683.htm

【第三部】広がる中国での輪

 http://japanese.cri.cn/782/2011/12/01/141s183682.htm

【第四部】現場の皆さんから

 http://japanese.cri.cn/782/2011/12/01/141s183681.htm

■CRIウェブトーク【気ままに談談】

◆【リスナー物語―東京都・奥田正彦さん】

(上)http://japanese.cri.cn/1041/2011/12/08/241s183971.htm

 97年、奥田さんは観光列車紫金号で女性車掌さんと出会いました。現在もその付き合いが続いています。

(下)http://japanese.cri.cn/1041/2011/12/13/162s184206.htm

 中国語講座の陳真講師からある日、「奥田正彦様気づけ花様」宛てのお手紙が送られてきました。一体、どんなことが書かれているのでしょうか。

キヤノン中国・小澤秀樹社長の巻 

http://japanese.cri.cn/1041/2011/12/27/201s184815.htm

 小澤社長はギターのひきがたり名人でもあるようです?!

◆【ようこそCRIへ】シリーズ〜新人がやってきました!(下)

 http://japanese.cri.cn/1041/2011/11/11/241s182788.htm

 2011年入局の新人さんお二人の話の続きです。

2012-01-03 謹賀新年 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 

f:id:tubameyanzi:20120104125113j:image

f:id:tubameyanzi:20120104125112j:image

 遅ればせながら謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

 2012年は多難な年でした。自然災害に人的災害も重なり、もろもろの変化をめぐり、様々な力が強くぶつかり合う一年でもありました。

◆中国にとっては、あまりに長く続いた疾走のために調子が狂い始めた年でした。

 今から20年あまり前、中学生だった私は、「お前ら中国人は怠け者だ」と仕事をさぼりたがる従業員を怒る外資経営者が多いという新聞記事をとても印象深く読んだことを覚えています。もう今では、こんなことを言う外国人はどこにもいないのでは。それどころか、「中国人ほど恐ろしいぐらい働く国民はいないのでは」と言われているかもしれません。

 しかし、みんなが何のためにそこまで忙しくしているのか。

私たちが向かおうとしている方向、または、多くの中国人をぎっちり巻いたネジの反動のように動かしているものは何か。その原動力には、お金を稼ぐこと以外に、どんなものがほかにあるのでしょうか。

 そう考えると、時々不安に陥ったりします。充実した空虚感とでも言うのでしょうか。「空芯」状態にされたまま、動きを止めることができない。これがいま、自分自身が置かれている時代なのでしょうか。

◆昨年は、仕事で国内10あまりの都市を回りました。と言っても、そのほとんどが北京の自宅から会議開催地まで直接運ばれる、言ってみれば、「ロケット打ち上げ式」の出張でした。それでも、少しは空から、あるいは地上から「風景」を眺めることができました。距離をおいての中国観察でした。      

f:id:tubameyanzi:20120104124627j:image

          瀋陽行き高速列車沿道の眺め

 ところで、そうして眺めた中華の大地は、どんどん「ゲーム」の世界に似てきているように感じて仕方ありません。画一した、角ばった直線ばかりの近代化した建物の多いこと。それも姿も形も高さも同じで、まるで工場から大量生産、大量加工して吐き出されたような建物が、一気に増えました。

いまの中国では、人々がこの「希望に満ちた」はずの大地で一生懸命に作付けしているものは、農作物ならぬ建物なのです。

 さて、今度は都市の内部を眺めました。と、「私は拝金教信者なのよ」とでも宣言しているような建物がでんと構えています。(写真上は銅銭の形をした建物、写真下のビルの名前は「君尚金」)

f:id:tubameyanzi:20120104124609j:image

f:id:tubameyanzi:20120104124620j:image

 繁華街をそぞろ歩きすれば、世界が確実に身近になっています。代わりに、中国が遠のいています。どこの大都会でも、栄えているのは、東京の大通りと変わらない世界に進出しているブランド店でした。その都市の個性的な店や風情がどんどん薄れてしまい、首都北京もこの点、例外ではありません。

f:id:tubameyanzi:20120104124640j:image

 振り返ってみれば、この一年、様々な出来事が突如起き、すばやく忘れ去られていきました。「あっという間の一年だった」。そう思う人も多いかもしれません。

 下半期からようやく少しスピードダウンしてきた中国。決して忘れさってはならないものは何か、これを真摯に考える時がやって来たように思います。

                 ◆ ◆

 私の職場は昨年、開局70周年を迎えました。年頭から年末まで、お祝いムードがほぼ一年続いていました。私のいる日本語部はもっとも早くから放送開始した言語部なので、OBたちの取材など、歴史を掘り下げる一連の企画が行われました。私もスタッフの一員として慣れない動画制作の仕事を初めて試み、満足した点、うまくできなかった点それぞれあり、またチャンスがあれば、続編を作りたいなと思っています。

 (シリーズ動画「北京放送の70年」のご鑑賞は http://japanese.cri.cn/781/2011/01/26/Zt142s170044.htm

f:id:tubameyanzi:20120104124639j:image

 ところで、年末に開かれた局内会議での指導者の言葉に深くうなずきました。

自己満足から脱出し、視聴者に受け入れてもらえる放送局に変身できるか否かが、局の存続にかかっています」

 道筋がまだ見えません。しかし、「変えなくちゃ」の意識が共有されただけでも打開に向かっての第一歩です。

◆昨年、私が引き受けた仕事の中には、東日本大震災関連のことが大きなウェートを占めていました。

 局内での特別番組の企画のほか、同僚たちや通訳の仲間たちと一緒にCCTVのNewsチャンネルで40日間ほど放送通訳のお手伝いをしました。

(日本語月刊誌人民中国』への寄稿:「声の力を信じたい」

 http://gamaguchi-jyuku.seesaa.net/article/190819864.html

 また、年末には、北京で映像制作の仕事に携わっている有志の皆さんが企画した、日本ドキュメンタリー映像交流活動の「2011REAL」で、司会と通訳をさせていただきました。

f:id:tubameyanzi:20120104125556j:image

 大震災で揺れ動いた中、求めるべき変わらないものは何かが今回のイベントの大きなテーマでした。

 「人間は大自然との連鎖の中にこそ生きている。命はつないでいけるからこそ意義がある。しかし、原子力はそういった様々なもののつながりを断ってしまう。だから原発には反対なのだ」

 岩手県のたいまぐらを拠点に撮影している澄川嘉彦監督も、「祝の島」を女性スタッフの手だけで完成させた纐纈あや監督もまったく同じことを話していました。

 日本社会は今回の大震災を契機に、大きく変わろうとする気運が高まっていることを実感させました。そうした動きの中には、祝島の住民のように、ただ「千年のスパンで続いてきた変わらないもの」を守って、それを後世に伝えたいために頑張っている人も大勢いるのです。皆さんの頑張りに成果が実るよう祈っております。

 今年、中国では、1941年生まれの私の父と同年代の指導者たちが表舞台から退いていきます。彼らよりも一つ若い世代が中国を陣取っていきます。いつか、私の世代もそうして、様々な分野で一番表の舞台に立って舵取りをしていく番がやってきます。本当にそうなった時に、「まだ未熟者です」とは言っていられない。ばかな私は、そういうことをごく最近になってようやく初めて意識できました。

 昨年末、高校の同級生を取材しました。安徽省の農村生まれの彼は大学卒業後、国営繊維貿易会社に入社。中国のWTO加盟に触発を受け、8年前に辞職して起業。いま、彼が友人とともに作った会社は、年商10億元の企業に成長しました。まだ中小企業ですが、リーマンショックの余波に揉まれながらも、倒れない強固な体質を構築できました。海外ブランドに自社デザインを付け加えたところが強みで、海外市場で売ると同時に、今後は国内における独自ブランドの構築にも力を入れていくと言います。

 「中国では、ハイエンドのブランドは悉く海外のもので占められています。中国人企業家として心が痛む事態です。私はそういう中、自分の命が終わった後も、後世に長く受け継がれていけるブランドを作りたい」

久しぶりに再会した同級生は、しっかり自分の責任、そして、人生の意義を考えて行動しているのです。決して富の蓄積のためだけではなく。何とも力強く励まされました。

 余談になりますが、昨年秋に上海で行われた稲盛和夫氏の講演会で、同級生は事務局メンバーとして運営に加わったようです。それまではもっぱら欧米市場を相手にしてしかビジネスをせず、日本のことをあまり良く思っていなかった彼は、「日本人経営者に魅了された」と興奮した様子でした。

 今年40歳になる彼は、まさに中日国交正常化実現の年前後に生まれた世代でもあります。こうして日本と中国人との距離がどんどん縮まってきたことも実感させられました。

◆個人的に、新しい年の一番の願いは年相応に成長できることです。昨年は大勢の方々に力強い応援とサポートをいただき、心から御礼申し上げます。筆不精で、ろくにご挨拶もできずに、月日が過ぎ去ってしまったことも多々あり、その非礼を何とぞお許しくださるようお願い致します。

 中日国交正常化が不惑の年を迎える本年も、引き続きラジオの仕事と会議通訳を二本柱に、微力ながらも日中間の速やかな交流に少しでも力を捧げることができればと願っております。

 今年もまたいろいろとお世話になるかと思いますが、引き続きご指導、ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

2011-12-04 緊急案内、7日までオンライン無料鑑賞できる中国映画 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 遅ればせながら、日本国内にいらっしゃる皆様へのご案内です。

 中国国際放送局と日本の文化放送、福井ケーブルテレビ、日活との共催による「映像中国」〜ネットで観る中国映画祭が7日まで開催されます。

 7日まで、7本の中国映画(日本語字幕入り)を無料鑑賞いただけます。

 アドレスはhttp://www.cinema-china.jp/

 元同僚、弘美人さんがご覧になってからのご感想を無断掲載させていただき

ご参照いただければと思います。

 ちなみに、弘美人さんのブログは http://gamaguchi-jyuku.seesaa.net です。

 少しでもたくさんの方々に見ていただけたら嬉しいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■一番感動したのは、最後の「長調」です。

オルティンドーは、日本の民謡の追分や馬子唄のルーツだそうですが、

やっぱり、大地とのつながりを感じました。

お祖母さんが全ての人生の事象を大きな心で受け入れ、

自然や動物に人間と変わりない愛情を注いで生きている姿に感動しました。

駱駝の出産にも死にも、優しい言葉をかけ続ける姿、赤ちゃん駱駝の泣き声に涙が止まりませんでした。

どうやって駱駝に演技をさせたのでしょう? 本当の場面だったのでしょうか?

音声を発することが私たちの仕事です。

どういう声を、どんな心で発していけば良いのか、

この映画が大きく示唆してくれていると思いました。

声は人生なのですね。内モンゴル旅行をしたことがありますので、とても実感がありました。

■「狂った恋の落とし方?」は意表をついたストーリー展開で面白かったです。

離婚式生前葬は、日本でもあるのですが、

生きること、愛することの意味を、軽妙に語る構成に脱帽です。

最後のシーンは自殺幇助じゃないの! と心配しましたが(笑)、まあ”お洒落”な人生の終わりかも知れません。

■「大明宮」は歴史の勉強になりましたが、ちょっと退屈しました。

■「アナイ」は民族の踊りや合唱、景色の美しさに魅了されました。

伝統を次世代へ繋いでいく、深い深い愛。刺繍も本当に美しいし、ああやって創られているんだなと、印象に残りました。

■「ガンラメイド」。ちょっとストーリーが作為的だけど、チベットの景色を堪能しました。

是非行きたいと思っているカイラスがチラッチラッと写るので、かなり興奮してみました。

魂の考え方も私は受け入れられるし、好きです。

■「雲の上の太陽」は、最初の外国人と現地の人たちの考え方の違いでぶつかるところなど

とても面白かったです。これからどうなるのだろうとワクワクしたのですが、

まあ、教科書的にストーリーが進んでしまって、取っ組み合いの喧嘩が始まるというシッチャカメッチャカはおきませんでした。

皆善人。ここでも民族芸能がとても魅力的な映像になっていて、美しさにトローンと涎をたらしてみました。

中国って広いから、ものすごく多様な文化を包容しているんですね。

民族の誇りが高らかに詠われているような映画だと思います。

ある意味では人間らしい、自然と共存するお手本の映画でしょう。

日本にいる、中国人の友人は、この映画にとても感動したと言っていました。

■「靴磨きの少年」は愉快でした。出稼ぎの農民の姿を気取らずによく表現していたと思います。

私が知っている中国の人たちがいっぱい出てきて、とても生活感にあふれていました。

少年を見ていて、日本の漫画の「はだしのゲン」の、ゲンのような子だなあと思いました。

混沌とした現在の中国の姿、お金持ちでも、貧乏でも、プライドを持って生きる

優しい人間たちを、愉快に描いていると思います。元気がでますよね、こういう映画は。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2011-11-08 ついていけない!〜高速列車での済南出張 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 初めて乗ってみた。この夏に開通した北京ー上海間の高速鉄道に。北京南駅から済南南駅までの乗車だった。

 距離は480キロ。走行時間1時間半。途中停車駅はなし。グリーン席の料金は315元。

 列車の中は広々としていて、乗り心地は悪くはなかった。

f:id:tubameyanzi:20111109015822j:image

 1989年、私は初めて北京に来た時、父と一般の快速列車に乗っていた。済南についたのは夜明け前か夜が明けたばかりだったのか、15分か20分以上も停車していた大きな駅だった。当時は済南までくると、北京までは後6〜7時間。列車も一息つく必要があるようで、長めの休みが取られていた。

 それが、今ではこんなに快適な列車で、こんなに早く着くことができる。隔世の感があり。

f:id:tubameyanzi:20111109014056j:image

 新幹線の乗り心地と良く似ていると思った。が、うまく言えないが、何かが違っている、何かが大きく違うようだ。それはいったい何だったのだろう。

 はっきりと答えられない。とりあえず、違和感を抱きながら、とりとめもなく車窓の外を眺めることにしていた。と、見えてきたのは、広々とした華北平野の大地だった。綿花の取り入れシーズンのようで、大きな俵がたくさん置かれていた。手作業でせわしく綿を積んでいる作業員の姿もところどころ見えた。

 速度は時速300キロ。ほぼ安定的に走行していた。それだけあって、車窓の外の風景もすばやく変わっていく。村が見える。高層ビルが見える。工場が見える。高速道路が見える。水が見える。枯れた大地が見える。冬小麦の畑なのか、青々とした緑も見えた。

 ただ、見えてきた村というのは、道路の舗装もままならぬ村で、田んぼのあぜ道にはカラフルなゴミが積みあがっていた。また、高層ビルというのは、野原のど真ん中に誰かが種でも蒔いたように、にょきにょきと高くそびえているビルだけの建物が多かった。周りとは極めて不釣合いを感じるビルだけのところだった。それも種が同じだったようで、色、形、高さ、配置、何もかも統一規格だった。

 さらに、工場というのは、あたり一面が真っ白に染まったセメント工場もあった。

 高速道路というのは、実に広々としていて、ぴかぴかの路だった。野原のど真ん中を縦横していて、たいへん目立つ存在だった。ただ、通行車両が少なく、たまにしか走っていなかった。白い点線はそのお陰で、たいへん目立って見えた。

 一方、水というのは、あぜ道の水路にせよ、ため池にせよ、河川にせよ、水という水が汚れていて汚かった。中には、澄んだ墨汁のような小川も見えて、少しも波風はなく、出土されたばかりの銅鏡のような光を放っていた。そこにはおそらく生き物がまったくいない、死の光だった。その光をうっかり目でキャッチした自分は、身震いをしてしまった。水が無言の抗議をしているのが聞こえたからだ。

 

 「和谐号」の名とは正反対に、目の前に見えたすべてが必ずしも「調和」とも言えない。あえて、きれいな言葉で表現するならば、多様性があるというのだろうか?が、正直な言葉で言うと、支離滅裂そのものだった。自分自身が身を置いたのは、中国のほこりである「高速列車」。車内は21世紀らしい近代的な空間。しかし、ちょっとでも目線を外にやると、見える範囲だけでも、別世界が広がっていた。近代以前とさほど変わらない世界だったり、近代以前だと想像だにできないゴミにひどく汚染された環境もある。これもそれも同じ21世紀の中国なのか、とまじめに考えると頭が痛くなる。統一感はない。何もかもばらばらに存在している。

 快適なはずの高速鉄道の旅は、有無を言わさず見せられた風景のせいで、快適さが半減し、もう半分は苦痛に悩まされていた。

 そして、到着した済南のホテル。国際会議が開かれる会場は山東大厦。いくつかの複数のビルや講堂からなっている超大型の建物群だ。すべての建物は廊下でつながっていた。国賓館以上のスケールと豪華さ。人民大会堂の入り口にあるような太い大理石の柱がふんだんに使われており、ギリシャの宮殿か、秦の始皇帝の幻の宮殿か。錯覚が起きてしまうほどだった。

f:id:tubameyanzi:20111109013738j:image

 とにかく高い。そして、広い。バンケットは3階建てのビルが丸ごとすぽっと入るほどの大きさ。ただ、がらんと空いていた。宴会用の円卓では、いっせいに60人が丸く囲んで食事をしていた。(しかし、それだと机の向うにいるとおしゃべりしたいと思っても、できっこない)。通った廊下には、いたるところに孔子と孟子の教えを想起させる書や置物が置かれていた。これも良く言えば、おおらかで骨太で存在感がある。が、悪く言えば、大而无用(ばかでかい)、必要以上、実用性を通り越して、面子を重んじすぎたということにつきる。

 びっくりしたのはホテルの部屋。まずは宿泊棟は1階から20数階まで大きな吹き抜けになっている。客室はアート型の壁に沿って配置されている。コンピューターゲームでセッティングされているようなバーチャル世界そのものだった。

f:id:tubameyanzi:20111109013831j:image

f:id:tubameyanzi:20111109021724j:image

 眺めると、鳩小屋という言葉が思い出される。ただ、部屋の中はきわめて広い。30平米以上もあるのでは。ウォッシュルームにはシャワールームに便器、洗面台、湯船がそれぞれゆったりと自分のスペースを確保していた。

 さて、ドアを開けた瞬間のことだった。カード式の鍵を通し、ドアをあけたとたん、ガーと部屋の向うで電動の音がした。カーテンを自動的にあけてくれたのだ。荷物を降ろした。「さあ、トイレに入ろう」とウォッシュルームに入った。シー…また電子音がした。便器のふたを自動的に開けたのだ。「ご主人様、おまちしておりました」、とまでは、さすが音声ガイドはなかった。

 そして、鏡の脇にあるボタンを押すと、2秒もしない内に、湯船付近のガラスの壁に電気が通され、一瞬にしてガラスが曇って電動式のカーテンになった。とにかく、不思議な御伽噺の国ようで、手品の連続だった。

 ただ、翌日になって初めて気づいたことに嘆いた。それは、先進的なカーテンには、全部開けるか、全部閉めるか、そのどちらかしか選べない。ほど良い加減で半分だけ閉めようと思っても。選択肢は二つしかない。今度は電動をやめて、手動に変えて、手で調整しようとトライしてみた。しかし、今度は、カーテンのほうはプライドが高くて、でんと立ち構えていて、そんな手で俺を動かそうとでも思っているのという構え方で、断固としてやらせてもらえなかった。

 どこか物足りない。どこか尋常じゃない。

 このとっつきにくいカーテンが、そういう今の中国を端的に表したものなのかなと思ったりしてしまった。いや、もしかして、ただ、カーテンの操り方の修行が私に足りなかっただけのことかもしれない。

f:id:tubameyanzi:20111109014345j:image

f:id:tubameyanzi:20111109014204j:image

済南南駅はたいへん広い。まだ利用客がそれほど多くなかったようだ。しかし、市内から15キロ離れている。ただ、もう10年すればどうなるのか、想像はできない。ただ、ここもただ広くて、列車を待っている間に食事でもしようと思っても、選択肢はなかった。お弁当を売るところさえなかった。あったのは、山東省の薄い焼餅のお菓子だけだった。私がついたのは夕食の時間帯だったので、待合室には老若男女がぱりぱりと焼餅を食べていたおかしな風景が見られた(笑)。

 何かが抜けていると言えば、乗務員のことを思い出した。若くてきれいな子ばかりだった。制服もきちんとしていて、格好はよかった。みな、無愛想な人では決してないと思う。しかし、チケットを検査する際、客に一言声をかける心がけがなかった。一等席でも特別扱いされることもなかった。すぐにできるところから抜けていたものをどんどん追加できるといいなと思っている 

f:id:tubameyanzi:20111109013934j:image

 さて、会議が終わり、済南南駅から再び高速列車に乗った。1時間半ほどで今度は北京南駅に降り立った。気づいたら、自分が済南に搬送されて24時間、屋根のないところを一歩も歩かなかった。今回もポイント対ポイントの「衛星発射式」の出張だった。北京と済南の距離がうんと縮まったのはもちろんのこと。ただ、私にしてみれば、この二つの町はすでにつながっている一つの町にさえなってしまっている。帰途では、夜の帳も降り、外を眺めても何か見えるわけでもない。そう思って、今度は『スティーブジョブス』を読むのに専念していた。あっという間の1時間半だった。市内移動の感覚だった。480キロの土地のこと、気づいたら、もう自分の頭の中からすぽっと抜けてしまった。記憶すら薄れてしまおうとしている。支離滅裂と違和感を感じさせたのはまだ昨日のことだったのに。恐ろしく思った。

 


 

 

2011-10-19 御蔭様で無事70歳を祝いました このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:tubameyanzi:20111020234656j:image

 お蔭様で、70周年お祝いの山場が過ぎました。ばたばたしている中、収録が何とか済みました。大量の編集作業が待っています。とりわけ、ご協力いただいたリスナーの皆様に心から謝謝!


◆各社の関連報道は以下のリンクから:

http://jp.xinhuanet.com/2011-10/19/c_131200058.htm

http://japan.xinhuanet.com/2011-10/19/c_131199953.htm (中国語記事)

http://www.peoplechina.com.cn/xinwen/txt/2011-10/19/content_399370.htm

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-10/19/content_23669521.htm

http://japanese.china.org.cn/life/txt/2011-10/18/content_23654827.htm

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4855884.html

f:id:tubameyanzi:20111020232401j:image:leftf:id:tubameyanzi:20111020232357j:image:leftf:id:tubameyanzi:20111020232154j:image:left

2011-10-04 連休中の番組収録 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 連休らしく、今日は気楽なテーマでおしゃべりしました。

 中国は1日から国慶節大型連休が始まりました。今年の連休は、北京では青空が広がり行楽日和が続いていますが、上海周辺はあいにくの雨、南の海南省や広東は台風の影響を受けたそうです。そのため、昨年同期に比べて、北方では観光客が伸びているものの、南方では人出が例年とさほど変わらないということです。

f:id:tubameyanzi:20111004223927j:imagef:id:tubameyanzi:20111004223925j:imagef:id:tubameyanzi:20111004223918j:image

 連休中にお届けする今週の番組のキーワードは「大型連休」と「物価」です。北京、上海、広州の各地の連休の様子をご紹介します。

 10月1日、温家宝首相が北京の大学食堂を視察し、朝食を食べていた学生に「ゆで卵は1個いくらですか」と声をかけました。それがきっかけで、いま、インターネットのミニブログで話題が沸騰です。そのわけは? また、物価の上昇傾向は効果的に抑えられたのでしょうか。

 

2011-10-03 カーテンを洗う 心を洗う このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 大型連休の3日目が終わろうとしています。昨日の故宮には、延べ約13万人が訪れ、過去受け入れ人数の最高を記録したそうです。今年から、GW中に一日あたり8万人以内に抑えるという入場制限を初めて設けました。故宮を敷き詰める石畳、今日も磨り減り続けているようです。

 さて、GWが始まってからまだどこも出かけていないつばめです。人ごみを恐れて、出勤のほか、家の中の整理清掃に専念することにしています。カーテンを洗ったり、長年使っていないものを処分したりすることに追われています。埃のたくさん溜まったこと。バケツの中はすぐに墨汁に変わってしまいます。

 「大震災の後、ものの考え方が変わり、いろんなものを処分してしまいました」。

 大掃除をしながら、何故か思い出したのは、先日、届いた東京からの雪枝さんのメールです。

 雪枝さんは四半世紀にわたってCRIを聞いてくださっています。開局70周年記念の特番の出演お願いで久しぶりメールをしたら、読むとどきっとした一行が目に入りました。ちなみに、その次のフレーズに心打たれました。

 「しかし、北京放送の資料は捨てずに、とっておきました」。リスナーの方々との心の交流に頑張ってきた先輩たちは、どれだけ嬉しいことか。雪枝さんに心から謝謝!

 さて、つばめ宅に置いてあるだけで、何年も触れてもいないものの中には、大量のテープがありました。しかし、手にとって見ると、一つ一つ思い出に残る記録でもあります。

 2002年の夏に、FM富士の西本DJの番組に出演した時の録音を聞いてみました。おそらくラジオ番組の作り方や雰囲気など、いまも基本的なスタイルは変わっていないように思います。しかし、話の内容には苦笑いしてしまいました。番組の中で、いまの中国を代表する世代として紹介したのは、なんと「70后」(1970年代生まれの人間)でした(笑)。もういつの間にか、中国では忘れ去られ、人々の耳から遠のいてしまった表現なのです。

 いまはなんたって「80后」世代。ところで、「80后」も奢れるのはもうあまり日がないかもしれません。何故なら、「90后」たちは密やかにではありますが、力を伸ばし続けてきているからです。CRIの今年の新入局員30数人いますが、その中に、90后世代は2人もいると聞いています。

 この10年、中国の変化も凄まじいものでした。言うまでもなく、日本も世界も同じです。

 世の中のすばやく変化しているスピードを変えることができませんが、それを知りながら、どうやって自分のスピードをしっかり舵取りできるのか、大きなチャレンジです。

 埃の掃除は心の掃除でもある。こんなことを考えている今日この頃です。

erliuzierliuzi 2011/10/04 10:19 お忙しかったようですね、久しぶりに新しいトピック登場、以前の録音テープを聴いての感想がありました。そこに出てきた「70后」の表現にギクリ。現代中国の用語ではなく、日本語として高齢者を表す言い方にも通じるからです。わたしはまだ「后期」高齢者には到達していませんが・・・。

2011-10-01 番組案内:北京放送を支えた日本人スタッフ&帰国華僑 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

またGWが始まりました。北京は30日は夜中に、天安門広場へ急ぐ、お客さんを満載した大型観光バスがぞろぞろいました。翌朝の国旗掲揚式を一目見るための観光客だそうです。

あふれんばかりの観光客で混雑するに違いないだろうと思って、

どこにも出かける気持ちになりません。人の多い時は大人しく家に閉じこもったほうが賢明な選択です。

さて、先月から生まれて初めての動画番組の制作を試みました↓

奥が深いんです。そして、チームワークが大事なのです。

目の中で見て記憶した事とカメラで記録してほしいこと、

かなり違いがあることに気づき、そして、カメラで前者を忠実に

記録することの難しさ、ほんとによく分かりました。

限られた時間との戦いもあり、ほんとにたいへんでした。

そのため、不十分とは十分承知しながら、以下の番組を制作しました↓

http://japanese.cri.cn/781/2011/01/26/Zt142s170044.htm

つばめの担当した第8話、第9話以外にもぜひ

ほかの回も合わせてご覧いただければ幸いです。

ちなみに、先日の日本酒蔵元のご主人の取材もアップしました↓

http://japanese.cri.cn/1041/2011/09/30/141s181117.htm

お酒は門外漢ですが、お話をとっても面白く聞かせていただきました。

2011-08-04 石碑の立てられているコンテクスト このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ここ数日、方正県の「日本開拓団民亡者名録」と書かれた石碑のことが、中国でたいへん議論になっている。

 圧倒的に批判的な声が多い。その中で、個人的に本日の新京報が比較的バランスの取れた紙面づくりをしていたように思っている↓

 f:id:tubameyanzi:20110805234050j:image

 一番最後の、歴史学者の余戈氏は、石碑の命名の仕方に疑問を投げかけ、「開拓民」は日本サイドの言い方で、初期の開拓民は軍隊ではないが、武装されていて、必要に応じて、日本軍の予備として人手を提供していた性質があることに鑑み、少なくとも「“”」を入れるべきだと指摘した。60年代、周恩来氏の指示で石碑が作られた時も「日本人墓」と漠然とした言い方をしていたが、いつの間にか現在の名前になって、県の名義で石碑を建てたことに疑問を出した。

 個人的に納得できる解釈だと受け止めた。

 【专家称方正县做法突破历史尺度 开拓团至少应加引号2011年08月05日 04:02 来源:新京报 作者:杨万国】 http://t.cn/a8pfLE 知名抗战史研究学者余戈:”起码应该在碑文主题的“开拓团”上加引号。修改序言,其中必须加上中国政府对开拓团的历史性质评价,并标明地方政府立碑立场。”

http://news.ifeng.com/mainland/special/rijunlibei/content-1/detail_2011_08/05/8191538_0.shtml

http://epaper.bjnews.com.cn/html/2011-08/05/node_16.htm

ちなみに、「石碑」のことを中国ではどのような文脈で報道され、評論されているのかについて見てみたい。

今日の新京報を例に、A25版に丸一ページの石碑報道だったほか、日本関連のニュースがもう2本注目されるべきだ(海江田氏が原子力担当の経済産業省高官3人を更迭した以外の本件関連ニュース)。

一つは先日発表された「防衛白書」、もう一つは右よりとされている歴史教科書の横浜市全市公立学校での採用だった。

 ◆A04「中国新聞 時事」版に 日本の2011年版「防衛白書」に対しては、

中国外交部が「中国脅威論を誇張させている」と日本政府を非難する記事が掲載されていた。

 ◆A30「国際新聞・区域」には、育鵬社の歴史教科書が横浜市の147箇所の公立中学で全面採用のニュースが掲載。

 テレビはまだ見ていないが、おそらく同じ構成だったと思う。今朝聞いた中央人民放送局報道は同じような構成だった。

 同ラジオによると、横浜市教育委員会の上述の決定により、全部で3万あまりの生徒がこの教科書で歴史を学ぶことになっている。さらに、論説員のとげとげしいコメント(大意)で結ばれた。

 「今年の大地震の後、原発事故を受けて、子ども達を放射能の危害から守るため、一部の小中学校はキャンパスの地上の汚染された土を掘り返して環境の浄化に努力してきた。放射線は目に見えないものだが、人体に害がある。同じように、意識できないかもしれないが、精神的にもし放射能のような誤った歴史観で育った子ども達が大きくなって、その精神はどうなるのか。そのような教育を受けた子ども達が大きくなってから、日本がどうなるのか、懸念されるべきことだ」

 折りしも、東京にいるメディア界の大先輩のErliuziさんから大類氏のメールが転送されてきた。前後の文脈が分からないこともあり、外国人の私には、完全に読解できるまでに困難があるが、その中で、意外だと思った一段落だけをピックアップして貼り付ける。

 「この6月、別件で方正に行ったところ、石碑の基礎ができているのだと外事弁公室の方に見せられました。「?」と思いながらも、今回石碑がこんな形で出来上がっているのを見ますと、美観から少し疑問が湧きました。方正地区日本人公墓と麻山地区日本人公墓(鶏西市麻山で、集団自決した400名ほどが葬られている公墓で1984年に建立されたものです)のすぐ後に立っていて、景観からすると、かつての公墓の後方に広々と広がるさわやかな姿が一掃され、少なくとも私の美意識からすると拍手を送りたい気持ちにはなりませんでした。どうして側面の方に建立しなかったのか。

  また、5000名に近い人々は無理としても、もっと多数の名前が判明してから石碑を建てることができなかったのか、という疑問も持ちました。しかし、県政府の意向であり、関係者に個人的に少しばかり意見を述べるに留めておきました」

 個人的に、石碑を建てることも含めて、歴史をなんらかの形で後世に伝えることには反対しない。碑文の内容はまだ見ていないが、伝えられてきた情報では、やはり問題もあるように感じている。

 それにしても、方正県は一体、どうして、何故、性急にそうした石碑を作ったのか、疑問が残っている。 

erliuzierliuzi 2011/08/17 18:10 あの鉄道部スポークスマンが交代させられました。「更迭ではない」
と当局側が言っていますが、聞く方は「相変わらずだナ」と思ったことでしょう。中国人民大学マスコミ学部の喩国明・副学部長の指摘通り、深刻な技術問題のからむ事故だけに、一介の発言人に任せた鉄道部の姿勢が改めて問われるでしょう。

2011-08-02 7日間振り続けた雨 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 うわべでは、事態が沈静化に向かいつつあるようだ。ミニブログでの書き込みの量さえ減っては来ている。代わりに、「明かり窓」のように「このミニブログはすでに削除された」という空っぽのボックスが目立っている。

 初七日を前に、複数の新聞は印刷直前に、紙面の差し替え命令が発令されたことはもう秘密ではない。

 ただ、何か溜まり続けているもの、蓄積し続けているものがあることは間違いない。恐ろしいエネルギーとして蓄積されつつある。 

 

 事件発生翌日夜の記者会見に出席した鉄道省の問題発言続出の報道官は、今や懐かしく思われており、「誠実な人」だと偲ばれている。これはお世辞抜きの本音だ。というのは、最近出てきた鉄道次官は、「土を埋めたようなことはしていない」、「捜索を停止しろうとは一度も指示を出したことがない」、「救援作業を愚かにして焦って復旧工事に切り替えたと言われているが、これは現場で救援に頑張っていた2000人以上の鉄道関係者の心に傷をつけた言論だ」と瞬きをせずに、テレビで公言していた。閉口した。それに比べて、問題報道官は「穴をほって土の中に埋めた」、「救援作業終了後にも2歳半の赤ちゃんが救出された。これは命の奇跡だ」と事実は否認しなかった。

 報道官の「あなたたちが信じよう、信じまいと、とにかくぼくは信じている」が流行語になっている。

f:id:tubameyanzi:20110803164859j:image

 初七日の30日の取締りがいつも以上に厳しかった。差し替えられた「新京報」の一面はこの写真と見出しになった。

 「七日間雨が降り止まなかった=初七日」

 「一日に二回も警告をならした=一日二回も差し替え指示が出された」

 「雨が降り続けている中を走る自転車=中国は雨の中で前進している」

以上のことは決して深読みしたわけでもなく、秘密でもない。

そこまで来ている。

 f:id:tubameyanzi:20110803163422j:image

 その代わり、鉄道省の負債状況への追及は行なわれている。

 昨日、私の担当した「経済直行便」もその話題でした。

 記事は以下のようまとめてみました。

■ 高速鉄道事故、中国経済の成長スピードにも影響かhttp://japanese.cri.cn/918/2011/08/03/144s178628_1.htm

 番組録音は以下からです

http://japanese.cri.cn/782/2011/08/02/142s178590.htm

          ◆◆◆

 7月23日夜、温州郊外で起きた高速列車の追突事故から10日経とうとしています。

 2015年までに、高速鉄道の営業キロを1万3000キロに伸ばし、世界最長になる整備計画を進めている最中での出来事だけあって、大きな衝撃が走っています。

事故が起きたのは、23日前に開通した北京・福州線です。全長2233キロ、いま、中国最長の高速鉄道路線でもあります。中国鉄道省は、事故再発を防止するため、2ヶ月にわたる全国規模の安全点検を進めており、隠れた安全リスクの摘出に尽力しています。

 一方、今回の事故が中国経済に与える影響も注目されています。鉄道関連株の暴落で影響を受けたA株市場(国内の投資家向けの人民元立て市場)を始め、急速に整備されつつある高速鉄道網とそれを支える鉄道関連投資負債の行方、ひいては中国経済の今後の成長パターンへの影響に社会の注目が集まっています。

■低迷が続く鉄道関連株 

 23日(土)夜の列車事故を受け、上海証券取引所に上場している鉄道関連株33銘柄の時価総額は、わずか2日で376億元(日本円ではおよそ4500億円)も縮小しました。

 鉄道関連株はここ数年来、勢いよく成長し続けていることから、株式市場を押し上げる上で重要な役割を果たしてきました。ただ、今年に入ってから、鉄道株は調整期に入っていました。2月初め、元鉄道相の汚職問題が発覚したのを受け、鉄道株の時価総額はピーク時より30%下がりました。

 アナリストは、今回の事故の深刻さから、もともと疲弊状態にある鉄道株は、今後も引き続き下げ傾向が続き、下半期は継続的に激しい変動にさらされるだろうと見ています。

 「追突事故が中国の資本市場に与えた影響は投資者の予想を上回るものになった。そのマイナスの影響はもしかしたら、まだ始まったばかりに過ぎないかもしれない」という見方も出ています。

■減らされるか、インフラ整備の投資

 固定資産投資は、中国の経済成長において重要な役割があります。2009年、GDPに占める固定資産投資の割合は67%でした。固定資産投資の25%をインフラ整備が占めており、その中で最大のシェアを占めているのが鉄道投資です。

計算によりますと、7000億元の鉄道投資には3000万トンの鉄鋼、1億4千万トンのセメントが必要です。また、全国の半分以上の物流と8割の石炭が鉄道で運搬されていることから、鉄道投資は鉄鋼、セメント、石炭産業ともプラスの相関関係にあり、経済成長を牽引する要素の一つです。

 もし今回の事故により、高速鉄道整備への投資テンポが緩やかになっていくとすれば、中下流産業の需要にも影響が及び、鉄道投資による経済成長を牽引する力が衰え、経済の各種指標にまで響くのではという懸念が出ています。さらに、事件の影響で国産技術や設備の仕入れが減られることになれば、鉄道信号と通信システムのみでも、年間500億元の市場シェアに影響が出る試算になります。

 ただ、こうした懸念は短期間のものに過ぎず、長期的に見れば、中国経済が高度成長を続けていく勢いは変わらず、人や物の流れが伸び続けていく傾向も変わることはない。高速鉄道網の全国普及計画そのものの傾向も変わらないだろうという指摘もあります。

 アナリストはさらに、もし今回の事故処理の成果として、鉄道省の改革が実現となれば、将来的に見ると、市場の上昇を押し上げる良い材料にもなると見ています。

■世界最速の高速鉄道整備計画 

 中国鉄道省が2010年3月に発表した高速鉄道整備計画によりますと、2012年までに、「四縦四横」(国土を横断、貫通するように縦、横4本ずつ整備する)の幹線を整備し、それにより、中国の高速鉄道は全営業キロが1万3千キロに伸び、世界最長になります。海外から高速列車の導入を決めたのは2004年のことだったので、ゼロから世界一まで10年足らずで完成するという計画になります。

 これらの幹線は、すでに運行開始の路線は13本、建設中が26本、これから着工予定のものは23本です。中でも、すでに営業開始している13本の路線だけでも、すでに5898億元の資金が投入されました。また、建設中の26本の総工費は8491億元になると見込まれています。

 鉄道省は、鉄道整備の資金は保障されているので、将来も投資は減らさないと訴えていますが、業界筋は今回の事故を受け、投資規模にはある程度影響が出るではないかと見る意見もあります。

■高まる鉄道省の資産負債率、金融当局も警戒

 中国の鉄道整備の資金源は二つの部分からなっています。一つは建設基金、減価償却基金、地方政府の出資および社会保障基金などの機関投資家の資金、もう一つは銀行融資と債権の発行です。中でも、後者の割合が極めて高いとされています。

 この3月末の統計では、中国鉄道省の資産負債率は58.24%で、負債残高は2兆元近くに達しました。今回の追突事故は、債務リスクをいっそう高いものにしたと分析されています。

 7月26日付の北京の日刊紙「新京報」によりますと、鉄道省は7月21日、今年3回目の短期融資計画として、総額200億元の債権を発行しました。しかし、実際に市場で募集できたのは187.3億元に過ぎず、残りの十数億元は複数の銀行が引き取らざるを得ないという事態が起きました。

 中信債券のアナリスト・張宏波氏は「鉄道整備計画の規模拡大に伴い、鉄道省の資金不足問題が顕著になっている。もし、今後も利子付債務に頼って資金調達をするなら、年間の有利子負債は5000億元に上り、2015年までに負債総額は4兆6800億元になり、資産負債率は72.2%に達する恐れがある」という分析を示しました。

 企業負債の警戒線は60%です。それに比べ、中国鉄道省の資産負債率は58.24%になり、しかも高まっていく方向にあります。

拡大傾向にある鉄道省の債務リスクに対し、市場と金融当局は警戒を強めています。中国銀行業監督管理委員会リスク予防を下半期の重点課題に据え、鉄道セクターの融資問題をしっかりと処理すべき課題の一つに列挙しています。 また、鉄道省がこれまで銀行融資を受ける際、利子は基準金利より10%も低く抑えられていましたが、長年、借金だけが増えている状況に鑑み、鉄道関連融資の利子は今年の年頭からほぼ、基準金利に戻されました。

■短期間での改善が望めない収益状況 

 ところで、拡大されつつある投資に対し、鉄道省の収益構造はとても喜べる状況にありません。

 鉄道省が明らかにした昨年度の財務諸表によりますと、2010年度の売上は6875億元なのに対して、利益はわずかの1500万元でした。

また、中国における高速鉄道の敷設コストは、1キロ当たり1億4200万元もかかります。この巨額投資に比べ、現段階の収益性はそれほど芳しくはありません。武漢と広州を結ぶ高速列車を例にすると、2009年の開通から、延べ利用客数は2000万人に達しましたが、赤字は30億元にもなっています。

 高速列車はまだ普及段階にあり、短期間で大量の乗客を引き付け、高額な収益を出すことは現実的ではないし、運賃の引き上げにより収益性を高めようと思っても、やはり一定期間の時間がかかります。

鉄道省の負債率上昇のリスクが指摘されている一方、「確かにリスクが大きいが、政府系のサポートがあるので、資金サプライに問題が生じるような事態にはならないだろう」という意見もあります。

今回の高速鉄道事故は中国の国民に、今後、中国の向かうべき道、求めるべき暮らしについてじっくり考えるきっかけを提供しました。と同時に、事故が今後の中国経済のあり方に与える影響も、引き続き注視されます。

Connection: close