Hatena::ブログ(Diary)

1年で365本ひたすら映画を観まくる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

※最新の日記はこちらで更新中です → 『ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション』

※作品別の感想はこちらからどうぞ → 「洋画」「邦画」「アニメ」「その他」

※オススメ人気記事はこちら ↓

『君の名は。』へ至るまでに新海誠監督が辿った16年の軌跡

庵野秀明監督『シン・ゴジラ』ネタバレ映画感想

『となりのトトロ』には恐ろしい秘密が隠されていた?都市伝説の謎に迫る!

『ターミネーター2』をもっと楽しく観るための制作裏話

ネタバレ解説!『アナと雪の女王』に関する7つの疑問を検証してみた

『スター・ウォーズ』が生まれた日:禁断の制作秘話を大公開!


その他、名言や名セリフ、ラストシーンの解説など、様々な映画をレビュー・評価しています。

2017-01-15 なぜ『君の名は。』ばかり批判されるのか? このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:type-r:20170115004815j:image

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。

先日、「キネマ旬報ベストテン」が発表され、日本映画では1位が『この世界の片隅に』、2位が『シン・ゴジラ』という、個人的には非常に納得できる結果で嬉しかったんですけど、大ヒット作『君の名は。』がランクインしてないことに対して「何でだよ!?」とファン批判殺到したらしい。

まあ、キネマ旬報のこれまでの傾向を考えれば「当然」というか、むしろ『この世界の片隅に』や『シン・ゴジラ』が上位に入っている方が「異例」の事態なんですが、それはともかく、どうも世間評価は『君の名は。』に厳しいような気がするんですよねえ。

一般の人が酷評するだけなら、まだ分かるんですよ。でも『君の名は。』の場合、映画監督とか漫画家とか小説家など、いわゆるクリエイター側”からの批判がすごく多いんです。これは、『この世界の片隅に』ではほぼ見られない現象であり、「なぜ『君の名は。』ばかり批判されるんだろう?」と。実際、どんな感じで批判されているのか、以下にいくつか意見を取り上げてみました。



是枝裕和(映画監督)

「この2作品(『シン・ゴジラ』と『君の名は。』)は、観ていますよ。周囲でも話題になっていましたからね。両作ともヒットの理由は、とても理解できます。とくに『君の名は。』は、当たる要素がてんこ盛りですからね。ちょっとてんこ盛りにし過ぎだろ、とは思いましたけど。この映画に限らず、女子高生タイムスリップという題材からはそろそろ離れないといけないのではないか、と思います」

「現代ビジネス」より)


江川達也(漫画家)

「まあ確かに、こりゃ売れるなとは思いましたよ。丁寧に売れる要素をぶち込んでて、まあ言ってみりゃ”大人のドラえもん”みたいなもんでね」「ただプロから見ると全然面白くないんですよ(笑)作り手側から見ると作家性が薄くて、売れる要素ばっかりぶち込んでる、ちょっと軽いライトな映画って感じで。絶賛してる人はいるんだけど、そういう人が、面白くなかったという人に対して凄いディスってるんですよ。”みんな観なきゃダメだよ!”とか言って。だからある種、『君の名は。』はファシズム映画なんですよね」

(10月6日放送フジテレビバイキング」より)


●矢田部吉彦(東京国際映画祭ディレクター

「『君の名は。』は、日本的風景文化を数多く盛り込んだことで成功した例ではあるものの、是枝さんも指摘していたように、“女子高生とタイムスリップ”はもう十分なんじゃないかなと個人的には思っています。若い人たちが作る自主映画を観ていても、夏の青空入道雲とセーラー服を映した作品があまりに多くて、少々辟易としています。

もちろん、そういう作品を撮るなというつもりはないし、『君の名は。』は素晴らしい成功例だとは思います。ただ、海外のクリエイターの作品と較べると、幼稚な題材が目立つこともある。もう少し、大人の成熟した視点で作られた作品があっても良いのでは」

「Real Sound」インタビューコメントより)


富野由悠季アニメーション監督

荒木:『君の名は。』はいい映画だと思います。

富野:そうかな?サザンオールスターズやミスチルだって、20〜30年もってるでしょ?でも『君の名は。』は今の流行りものであって、5年後も見られるかどうかは、かなり怪しいよ。今の時代は通じるけど、もうその後はダメといった可能性も、演出家は考える必要があるし、覚悟しないといけない。 それで言うと、『シン・ゴジラ』はこれ以降もずっと残りそうな要素がある。

荒木:消えていくか残っていくかはともかく、出てきた瞬間はある程度、流行りものになる必要がありますよね?

富野:もちろん、まずは流行らないといけない。観客である第三者が評価してくれるからこそ、価値が出るんだからね。

荒木:熱狂的なファンを得ていることは同じでも、「こっちは残る」「こっちは残らない」という、その違いは何でしょう?

富野:それは『君の名は。』が今の気分だけで作っているように見えるからじゃないかな?(中略)作家タイプの一番の問題は、プログラムピクチャーを作れないのね。『月光仮面』や『ウルトラマン』や『スーパーマン』みたいなシリーズものを。新海くんは、自分の趣味性の部分だけで作っている感じがある。そこにゲームCG仕事を覚えていくプロセスの中で、多少SFチックな要素を入れる方法を身に付けたのかもしれないけれど、今後、3年後とか5年後の気分を射程に入れて、ファッショナブル映像作品が作っていけるか?という話ですね。

(「月刊アニメージュ 2017年2月号」荒木哲郎との対談より)


石田衣良(小説家)

「たぶん新海さんは楽しい恋愛高校時代にしたことがないんじゃないですか。それがテーマとして架空のまま、生涯のテーマとして活きている。青春時代の憧れを理想郷として追体験して白昼夢のようなものを作り出していく、恋愛しない人の恋愛小説のパターンなんです。

付き合ったこともセックス経験もないままカッコイイ男の子を書いていく、少女漫画世界通底しています。宮崎駿さんだったら何かしら、自然人間とか、がっちりした実体験をつかめているんですが、新海さんはそういう実体験はないんでしょうね。実体験がないからこそ作れる理想郷です

「NEWSポストセブン」インタビューより)


高橋秀樹放送作家/日本放送作家協会常務理事

「『君の名は。』は多くの若い人にきっと単純なラブストーリーとして見られているのであろう。だが筆者のようなひねくれた大人(けっこう多いはずだ)は単純なラブストーリーとしてみることは出来ない。なぜなら、ストーリーを展開するための”とってつけたような設定”が目につきすぎるのである。ヒロインの女子高生・宮水三葉女系で継いできた神社の長女であるが、その伏線が唐突に出てくる。

三葉の父親がいま町長選挙に出ているという設定はなぜ必要なのか。相手役の男子高校生立花瀧バイト先の先輩奥寺ミキ(声・長澤まさみ)の存在はなぜ必要なのか。立花は入れ替わったときに記憶した風景のスケッチだけを頼りに三葉の住む糸守町を探しに行くが、探しても探しても見つからないのにラーメン屋で唐突に見つかるのは都合良すぎないか?」

「メディアゴン」より)


江口寿史(漫画家)


入江奈々(映画ライター

2016年の映画界は原作を持たないオリジナルアニメ『君の名は。』旋風が吹き荒れた。昭和ラジオドラマ君の名は』と元ネタ比較しても面白みないし、いっそ『転校生』や『ディープ・インパクト』と比較してみては、と思ったがそれも嫌みだからやめておこう。『君の名は。』に1ミリも感動できなかった身としては爆発的ヒットが面白くない気がしてしまうが、アニメ作品のヒットの呼び水となってくれたことも確か」

「『君の名は。』に1ミリも感動できなかったライターが選ぶ2016年のベスト10」より)


井筒和幸(映画監督)

マツコ:私なんか『君の名は。』もまだ観てないしね…。

井筒:あんなオタクオナニー動画を、1000万人が観るようになったら、オレは終わりやと思うけどね。あれは「映画」ちゃうから。

マツコ:確かに言えてる。アニメって、ヘンタイさんが後ろ指さされたり、白い目で見られながらも、コツコツと築いてきた特殊な文化じゃない。でも、これだけメジャーになっちゃうと、いつか破綻するよね。

井筒:これは大島渚監督の受け売りやけど、「敗者は映像を持たない」って言葉があるんよ。つまり、原爆の映像も全てアメリカ側の映像で、負けた日本側の撮った映像は何も残ってないというわけよ。

マツコ:なるほど〜!

井筒:オレはそれがずっと続いてると思うね。全て勝者の国のマネ。アニメの顔を見たら、そこに日本人の顔は一人もいないやろ。

マツコ:そうよね。みんな目が大きくて、金色みたいな髪を風でなびかせて、そんなわけないだろって!

井筒:日本人は、負けた日本人のリアルな顔が見たくないねん。それが常に深層にあって、根づいてしまったいうことよ。

マツコ:そっかぁ。昭和の映画に出てくる女優さんも日本人離れしたバタ臭〜い顔の人が多かったしね。最近は最近で、無味無臭な顔ばっかりだし…。

井筒:だから、日本のドラマでも映画でもアニメでもたとえクソ真面目に脚本書いたところで、ニセモノの顔しか出てこないから、結局は薄っぺらいねん。どこの国の話か不明やもん。

マツコ:日本はアニメの顔っていう、特殊な世界を作っちゃったんだね。

井筒:アニメの聖地巡礼って片腹痛くなるわ。マジでアホちゃうかと。そこにあんな目玉のデカい女子はおりまへんがな!

「アサ芸プラス」マツコ・デラックスとの対談より)


●堀田延(放送作家)


というわけで、様々な分野で活躍しているクリエイター達の評価を見てみたんですけど、皆さん『君の名は。』に関しては厳しい意見が多いというか、石田衣良さんに至っては、もはや「作品に対する評価」ですらなく、単に「新海誠監督の人間性」をディスってるだけですよね(苦笑)。

要するに「新海誠は学生時代に女の子と付き合った経験がないから、こんな映画しか作れないんだ」って言ってるわけでしょ?ちょっと酷いんじゃないかなあ。さすがにこれには新海監督も頭に来たらしく、「なんで見ず知らずの人にそこまで言われなきゃならないんだ!」と怒っていたようです。

まあ作品がヒットすれば、それに応じて批判的な意見が増えるのも仕方がないことではあるんでしょうけど、『君の名は。』の場合は、特にクリエイターの気持ちを刺激するような何らかの要素が含まれているのかもしれませんねえ(^_^)



●関連記事

新海誠監督の『ほしのこえ』がアニメ界に与えた影響と衝撃

『君の名は。』へ至るまでに新海誠監督が辿った16年の軌跡

江川達也、テレビの生放送で『君の名は。』を痛烈批判!

川村元気が語る『君の名は。』大ヒットの秘訣とは?

明石家さんま激白!『君の名は。』の元ネタは『ひょうきん族』?

●人気記事一覧

これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10

日本映画のレベルが低くなったのはテレビ局のせい?

まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!

町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」

「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?

庵野秀明監督と岡本喜八監督の貴重な対談


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)

トップページへ

KenKen 2017/01/15 16:00 皆さん、悔しいんだろうね〜!
恋愛したことない?じゃあ人殺してないひとは犯罪映画撮れない?
お酒飲めない俳優の方が酔った演技が上手いって話聞いたことあります。

話が都合良すぎ。。。映画とか物語ってソコを否定しちゃうと一切出来ないしつまんなくなっちゃいますよね。
この方はこの屁理屈言う為に何回観たのかな?

今の流行りものだけで5年後は怪しい。。。5年後の評価を気にして映画作ってるわけじゃないだろうし。
ファーストガンダムはたまたまヒットして今も残ってるけど(評価されているかどうかは知りませんが)その後のゼーダとかが今残っているかどうかを考えると。。。

当たる要素てんこ盛りで客が感動しているならいいじゃないのかな?
タイムスリップと女子高生という題材から離れないと。。。
じゃあロボットとか近未来とかファンタジーとかからも離れてアニメ作らないといけないのかな?

アニメ作品のヒットの呼び水。。。このひとはある意味褒めてますね。
面白い面白くないは個人の感性なので、観て1ミリも感動できなかったのは仕方ないと思います。

ファシズム映画。。。これは君の名はに限らずブームになったものに対して日本という世の中はそういうトコありますね。

若い子が人生での最高映画って言ってることで国家的危機。。。
あ、これはちょっと同感。
『君の名は』は面白かったけど、面白い映画は他にももっとあるよ。
『君の名は』の世界に閉じこもって何度も観ないで他の映画も観てみようよ!って言ってあげたいですね。

何ら不思議ではない反応何ら不思議ではない反応 2017/01/16 02:19 200憶ってことは1500万人ぐらい?ならまあ業界人も結構見てるわけで。見た上でリスペクトできないから非難が噴出してるんでしょうね。所謂日本で人気が出る恋愛映画や恋愛小説、恋愛漫画というよりラブコメの中には恋愛というより若い男女の初なイチャイチャを描いたものが多くあります。誰もが一度は触れたことがあるはず。これには定式、王道というものがあり一度ならまだしも創作物に触れていく過程で段々とウンザリしていく人もいます。特にクリエイター側はこういったものを嫌になる程求められているはずなのです。批判してる面子見ても案の定それに歯向かって創作してると見受けられる方が多い。順当に考えるならこんなものが流行った所でそれが挑戦といえるのかと本気で思っているわけで。尚且つ流行に拍車がかかり自分の作品に圧力が掛かる危険も一部の人は考慮してると思います。

アントンサービスアントンサービス 2017/01/16 09:35 結局クリエイターとしてやりたいことを自分ひとりで完結させているように見えるところが気に食わないんでしょうね。
新海誠監督の場合、とにかくPC使ってひとりで勝手に作ってるんだというイメージが強いから、これだけメジャーになると、なんであんな奴が・・と思うのも無理はない。
特に映画製作の場合、クリエイティブな作業以外のめんどくさい部分(交渉事や金策だったり人集めだったり)が多いから、新海誠監督が、そういうところを全部すっとばして好き放題やってるように見える。映画監督や作家の現場の人間が批判してるのは、要はあいつだけ好き勝手やってるのはズルい!という単なるやっかみでしょう。
ただ、実際には完全にひとりで作ったのはデビュー作だけで、それ以降は通常の映画製作と変わりない作業を行っているはずですよね。
まあ、やはりここまで大ヒットしたからでしょうね。

KetKet 2017/01/16 10:01 成功すれば「こんなのが流行るなんて世の終わりだ。」と批判して、失敗すれば、コメントしないか一種の俗物扱い。 どうして批判しかできないんだろう。 庵野氏とか実績がある人はともかくロクに稼げてない江川氏は何を言っているのか....

nananana 2017/01/16 12:08 5年後君の名はが残らないっていうけど
その頃は新海誠メジャー作品第3弾の公開で盛り上がってるのでは?w

この人たちは何と戦ってるんだろ。
石田衣良に関しては、なんでこんなにぶっ込んでくるのか不思議。
そういえば小説版の君の名はも読んだけど、面白かった。

この人たちみたいに年をとって、面白いものが減るって悲しいな

かずかず 2017/01/16 15:21 とりあえず批判しときゃどっかしらのメディアが取り上げてくれるだろーぐらいの感覚で批判してそう。特に石田衣良(笑)
それに国家的危機とか言ってる人の考え方の方がよっぽど危機的ですよ。映画自体あまり観ない今の若い人達にとって今まで観た数少ない映画の中で1番でもなんの不思議もない。それで若い人達が映画に興味を持って映画館に足を運んだり古い映画を観たりして名作と巡り合えればそれはとても素敵な事だと思う訳ですよ。

takatotakato 2017/01/16 22:40 映画監督でも、映画関係者でもなく「君の名は」をワーストに入れている私のような人間もいるのをお忘れなく。決してアニメ、恋愛もの、新海さん作品が嫌いなわけではありません。しかし、本作のビジュアル、ストーリー、キャラクター、音楽には心底ガッカリでした。

「君の名は」に出ていた悠木さんが、同じように脇役を演じている同時期の作品「声の形」は2016年ベスト1に入れました。単純に、作品の質と評判が一致してないから批判されてるだけかと。批判すること
自体が悪い、嫉妬だ!みたいな風潮は不健全で、全体主義としか言いようがありません。批判批判には、冷静に論理的して頂きたい。

かずかず 2017/01/17 02:11 批判自体は良いと思いますよ。好き嫌いもありますから。ただ『私は面白くないと思いました。』なら批判批判はされないんですよね。一部の『私は面白くないと思いました。これを面白いって言ってるやつおかしいんじゃねーの?大丈夫か?』みたいな事を言ってる人が批判批判されているんだと思います。

type-rtype-r 2017/01/17 19:06 >何ら不思議ではない反応
>200憶ってことは1500万人ぐらい?ならまあ業界人も結構見てるわけで。
>見た上でリスペクトできないから非難が噴出してるんでしょうね。

映画が大ヒットして観客動員数が増えれば、当然その中に含まれるクリエイターの数も増えるわけで、クリエイターから批判が出るのも何ら不思議ではない、というのであれば、254億円を突破した『アナと雪の女王』なんかも同様にクリエイターからの批判が噴出しているはずですが、アナ雪ではこういう現象が起きてないですよね。

アナ雪の場合、一般の観客の批判以外に、伊集院光さんとか「おぎやはぎ」の小木さんみたいな”芸能人からの批判”はあったんですが、クリエイターからの批判は聞いたことがありません(もしあったら教えてください)。

まあ、「『君の名は。』がつまんない映画だからだよ」という意見を否定はしませんけど(笑)、だったら日本で1600万人以上が観賞している現状は「駄作を観て喜んでいる人がそんなに多い」ということなのでしょうか?いや、中国や韓国など海外でも大ヒットしているわけで、日本だけの現象ではないんですよね。

「全世界的な規模でこういうアニメを好む層が増えている」という説もあったりするので、クリエイター側がそのような事態に危機感を抱いているのだとすれば、一連の”『君の名は。』批判”も理解できなくはありませんが。しかし、いずれにしても新海監督の人格まで攻撃するのはやりすぎだと思いますよ(^_^;)

type-rtype-r 2017/01/17 21:36 >takatoさん
>批判すること自体が悪い、嫉妬だ!みたいな風潮は不健全で、
>全体主義としか言いようがありません。

はい、全く同意見です。ただ、この記事とは関係ないですね。記事をよく読んでもらうと分かると思いますが、僕は別に「『君の名は。』を批判するなんて、けしからん!」などと言っているわけではないので。あくまでも、「他の映画に比べてクリエイター側からの批判が多いのはなぜなのか?」と”疑問”を提示しているだけですから。あと、”ストーリー”や”キャラクター”など作品に対する評価だけでなく、新海監督の人間性にまで言及する行為は、果たして「健全な評価」と言えるんでしょうかね?その辺が非常に引っ掛かるんですよ。

takatotakato 2017/01/18 09:30 >type-rさん

 ご指摘ありがとうございます。自分が疑問に感じたのは、記事自体に対するよりコメントに対してです。批判が多いのは、単純に話題性が物凄い割には、内容が伴っていないというだけだと思います。

 新海さん自体をどうこういうのは、批判ですらないというのは同意です。ただ、そういう発言に対して、発言者の人間性を云々するような意見が出てるのでは、同じことかと。

hiroyukihiroyuki 2017/01/18 19:07 「ヒットしたから批判も増えたのでは」という意見が多いようですが
もしそうだとすれば、「理不尽な批判」だと思います。
だって(変な言い方だけど)新海監督のせいで200億超えたわけじゃないでしょ?
200億はあくまでも「結果」なんだから。
それなのに「実績が凄い割には作品内容が伴ってない」とか言われてもねぇ。。。
ヒットしようがしまいが、元々「こういうアニメ」なんだから
そんな理由で批判してもしょうがないでしょ?
じゃあ、200億の大ヒットに相応しい内容ってどんな内容なんだ?
って話ですよマジで。

富野監督の「5年後に残ってるかどうか」という批判もおかしい。
所詮は「女子高生が自分のおっぱいを揉みしだくアニメ」なんだよ?
そんなのが、5年後10年後も残る名作なわけないじゃんw
富野さんは鋭く批判してるつもりなのかもしれないけど、
海水をなめて「この水は塩からい」と言ってるようなもんでしょ。
言われなくても分かってるっつーのwww
要するに、批判の内容が完全に的外れなんですよ。
プロのクリエイターが揃いも揃ってこの程度のことしか言えないのかね。
マジでガッカリだわ。

そもそもヒットしてなきゃ、どうせ見向きもしなかったんでしょ?
それが、たまたまヒットしたからノコノコ観に行って
「クソつまんねえアニメのくせに大ヒットしやがって!」みたいに攻撃するの、
強烈にダサくないですか?
しかもヒットの規模に応じて作品の優劣を判断するとか、本当にバカバカしい。
批判するのは別に構わないけど
クリエイターなら、もう少しマシな批判をしてもらいたいもんですね。

akiraakira 2017/01/22 19:14 自分も批判すること自体は別になんとも思いませんね。ただ好きな人を見下したり、バカにしたりするのはねぇ… 某映画秘宝関連にそんなのがいましたがw

通りすがり通りすがり 2017/01/23 22:52 映画業界に曲がりなりにも身をおいてる人間が
大ヒット作品を前に観客批判する姿は見るに堪えないね

mariemarie 2017/01/24 10:40 大した内容じゃないくせにめっちゃ売れやがって!!というやっかみ&嫉妬半分、普通の高校生のラブ話になんでこんなに高評価??という疑問半分なんでしょうね、クリエイターのみなさんは。

売れるにもタイミングとかあるから、これがあと3年後でも3年前でも売れなかったかもしれない。
2016年のたくさんの人々の気持ちにはちょうど引っかかった・・・ってことだと思います。
RADWINPSのMVだなという評価もありましたね。
それでもいいと思います。アニメ映画では普段劇場に足を運ばない人に足を運ばせ、さらには心には残る結果を出したのですから。
「アナ雪」も劇場で一回見ましたけど、あれはもうほんと1回で充分。2度3度見たいと思うほどの深みは全くない。
あとは好みの問題だと思います。誰かにとっては「君の名は。」が
私にとっての「アナ雪」程度だったにすぎない。
私はとても気に入ってますよ「君の名は。」2回見ました。
もう一回くらい見たい。背景の美しさがもう抜群でした。それだけでも十分素晴らしい。

marin.marin. 2017/01/29 04:23 新海本人が一番分かってる、痛いとこつかれたなって。
で、一番驚いてる。これでこんなヒットしちゃうんだって。
そらプロの目は誤摩化せんからね。

MiroMiro 2017/01/29 14:21 すごく良くできてます。
関わったクリエイターの方々の思い入れが、ひしと伝わってくる作品です。
こういうモノづくりができる(チームをまとめて作品を世に出す)監督の才能は、かなりのものだと思います。
私も2回観ましたが、周りにもリピーターが多いです。
これだけ多くの人に支持される作品、良作だからこそだと思います。
ただ、日本の風景の美しさや日本の文化の素晴らしさを伝えようとする作品ゆえの風当たりの強さというのは当然あると思いますが、興行収入という結果(お客様の支持)が全てを物語っていると思います。
批判するクリエイターの方々は、クリエイターであるならば「こういう作品をつくれ」と、自身の作品でお手本を見せるべきなのですが。

よしおよしお 2017/01/29 19:11 慣れないエンタメに挑んで、いろいろてんこ盛りしちゃったって感じだな。
ただそれが結果大衆にウケちゃった。いろんな要因はあるだろうが、綺麗な映像と編集ワークと若者が好きな音楽があればヒットしちゃう。作品としてみれば欠陥はあるが、客はそんな細かなこと気にしてない。ま、専門家や映画通から上記のような意見が出るのもわかるし当然。ヒット作ではあるが名作ではないってのはその通り。新海本来の作家性は「秒速5センチ」や「言の葉の庭」にこそあるだろう。新海の作家性と集客が合致した時が、本物のヒット。作家性と集客、両立できてるのが宮崎駿。

惟蓮惟蓮 2017/01/30 10:32 こうやってこうやってこうやればヒットするよ〜
って話が本当なら、それが100%確実ならば、作品製作に対し出資がなされ製作が始まるわけですが、実際『君の名は。』が出てくるまで、ジブリの記録に挑める作品もなかったわけで、「やれると思ってたんなら、なぜ今までやってなかったの?」ということにつきますよネ。
「こうすればヒットする」ってわかってたんなら、やっとけばいいじゃん、と。
出てきたものを見て、「そうそう、こうやればヒットするんだよ〜」とコメントするのは簡単なのですが、そういう方々は「やってない」というのも事実なわけで。
エンターテイメントもビジネスですから、結果が全てだし、結果を出す人にまた、新たな依頼もいくのだと思いますネ。
ま、(笑)
ヒットした分だけ、けなしたい評論家も増えるという事で、それだけ良い作品なんだというバロメーターのひとつでもありますネ。

tt 2017/01/30 20:02 江川達也は漫画家として食って行くため、とにかくヒット作を生み出したかった。少年誌に連載するにあたり、中高生に受けるものってことで戦略的に「エロ」と「かわいいキャラもの」を利用し結果みごと売れっ子漫画家の仲間入りを果たした。「君の名は。」の新海に、その頃の自分を見てるんじゃないか。この映画は作品というより商品に近い。

kazukazu 2017/08/11 07:09 進撃の巨人は映画評論家たち誰も批判しないのに、奇妙だ。
新海監督に何も業界の後ろ盾がない、彼らに利害関係がない、
ゆえにボロクソ言われてる気がします。

hh 2018/01/05 00:40 皆、新海監督の売れっぷりに嫉妬しているんだよww
特に高橋さんについてはアニメ自体を否定しているようなもんじゃん。
悔しかったら、この作品を超える物を作ればいい。

小結小結 2018/01/06 16:20 世界的に大ヒットとか言ってる信者がいるけれど、日本と中国でのヒットがほぼ全てで、欧米ではランク外の取るに足らない作品だぞ?

ソースはここね↓

「映画中毒者の独白:「君の名は。」実写映画化の裏に見えるマネーな事情?海外の興行収入は…」
2ページ目、よく読んでみろや。


それから、1月3日の地上波初放送の視聴率・・17.4%ね・・。
「社会現象を巻き起こした」というなら、20%は行かないとねぇ。

ちなみに・・

『千と千尋の神隠し』の歴代視聴率

2003年1月:46.9%
2004年12月:26.1%
2007年2月:18.6%
2009年6月:21.4%
2011年1月:16.5%
2012年7月:19.2%
2014年11月:19.6%
2017年1月:18.5%

8回目の放送の視聴率に負ける250億映画があるらしい(笑)。


映画祭の賞も、評価も、円盤の売り上げも、視聴率も、「千と千尋の神隠し」には遠く及びませんなぁ・・。あ、「君の名は。」が駄作だとは言いませんよ。

東宝の重役が、「売り上げ200万枚を目指す!」とか言って鼻息荒くしてましたが、未だに100万枚にも届かずというのにどの口が言ってんだか!?

ま、売り上げが400万枚を超える「千と千尋の神隠し」とは、どの道レベルが違いますがね・・

nanashinanashi 2018/01/18 23:41 関西では20.6だったそうな。
ちなみにアナ雪関西初回は20.9
千と千尋関西8回目は18.9%

3%も関東関西で差が出たのはなんでだろう?