アクエンアテン

(一般)
あくえんあてん

古代エジプト第18王朝の王。
それまでのアメン神信仰からアテン神信仰への切替え*1、テーベからアマルナヘの遷都など大胆で革新的な政策を推し進めたが、志半ばで没す。
彼の子であるツタンカーメンは、やむなく父の政策を破棄し、旧来のやりかたに戻した。

*1:それに伴い自分もアメンヘテプ4世からアクエンアテンに改名

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ