アナログ放送

(一般)
あなろぐほうそう

アナログ変調された電波で伝送されている放送方式こと。アナログ変調には周波数変調や振幅変調などがある。
日本のテレビのアナログ放送は2011年7月24日に終了し、デジタル放送に移行された*1
日本はNTSC方式(NTSC-J)を採用している。
他にPALSECAM方式がある。

地上波テレビアナログ放送

  • 2008年7月24日、アナログ表示開始
  • 2009年7月、一部レターボックス化予定
  • 2010年7月5日、常時レターボックス化
  • 2011年7月24日正午から岩手県・宮城県・福島県を除く地域では終了案内のみになった後、同日23時59分に停波。
  • 2012年3月末日に岩手県・宮城県・福島県で停波予定

BSアナログ放送

2011年7月24日停波

BSアナログハイビジョン放送

NHKが2007年(平成19年)9月30日に終了

*1:東日本大震災の影響を受けた岩手県・宮城県・福島県を除く。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ