アラハバキ

(一般)
あらはばき

日本の民俗信仰の神のひとつ。記紀に登場せず、正体ははっきりしない。
遮光器土偶をこの神としたのは偽書の東日流外三郡誌であるので注意。
フィクションや前述の東日流外三郡誌などの偽書でネタとされ、それらをネタ元とする情報が虚実入り混じって流通して、現代に生きる神話さながらの状況となっており、ネット上の情報に限らず(ネット上の情報はより以上に)、十分に注意が必要である。
六道神士の漫画については荒吐-アラハバキ-を参照。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ