エウメネス

(一般)
えうめねす

Eumenes
「カルディアのエウメネス」(紀元前360年頃〜紀元前316年)
アレクサンドロス大王の秘書(書記官)。ギリシア人。後継者戦争の主役の一人。
フィリッポス2世に書記として仕え、大王の東方遠征にも同行。軍才を見出され、マケドニア軍の将の一人となる。

アフタヌーン連載「ヒストリエ」の主人公。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ