エスノセントリズム

(一般)
えすのせんとりずむ

意味

【ethnocentrism】
自民族中心主義
自民族を絶対化して、異民族を自民族中心の常識で理解しようとすること。他民族を相対的に理解できても、その価値を尊重できないこと。人類学などによって、人類の共通性を見出せない限り、他民族を理解するのは難しいというもの。排他主義排外主義の背景であって、そのものではない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ