オウィディウス

(読書)
おうぃでぃうす

(B.C.43-17) 古代ローマの詩人。ウェルギリウスやホラティウスと並ぶラテン文学黄金時代を代表する詩人の一人。
エレゲイア詩人として、性的描写の多い恋愛詩を書いた。

代表作

『変身物語』ギリシャ神話を物語として人間の機微にふれるようにアレンジした。ティツィアーノやルーベンスなどルネッサンス・バロック絵画にはギリシャ神話が題材になっているものが多いが、最も多く典拠にしたのは『変身物語』である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ