カプースチン

カプースチン

(音楽)
かぷーすちん

Nikolai Kapustin (ニコライ・カプースチン)
作曲家、ピアニスト。
1937年にウクライナで生まれ、その後モスクワに移住。
モスクワ音楽院在学中ジャズに興味を持ち始め、自身の作曲にその要素を取り入れるようになる。
1980年、作曲活動に専念するためにコンサート活動を終了*1
現在も作曲活動は続いていて作品番号は120を超える。ピアノソナタをはじめとするピアノソロが有名だが、ピアノコンチェルト、ビッグバンド、管楽器や弦楽器用の作品など幅広いジャンルを取り扱う。
..
2004年、日本国内では入手の難しかった自作自演盤のCDが(再)発売。同年、ピアノ作品の楽譜がカプースチン自身の監修の元、全音楽譜出版社から低価格で発売されて評判になる。

*1:ものすごく惜しい

新着ブログ: カプースチン