コピープロテクト

コピープロテクト

(コンピュータ)
こぴーぷろてくと

電子媒体(ソフトウェアや音楽作品、映像作品など)において、製作者が意図しないコピーが行われることを防止する技術の総称。コピーガード。

プロテクト技術一覧

CD-ROMやDVD-ROMがイメージ化ディスクコピーされるのを防ぐための技術

SafeDiscセーフディスク
ウィークセクタと呼ばれる記録域を使用して内部にあるチェックと一致するかを判定する
RingPROTECリングプロテック
CD-ROMの記録面にリング状の無信号部分を作成し、読み込み時にエラーセクタとして認識させることでコピー防止対策をする
ProRingプロリング
上記リンクプロテックの高位バージョン。リングを複数作成できるほか、仮想ドライブへの対策・メディア判別機能が付加されている
SecuROMセキュロム
データ記録域に特殊なデータを組み込み、これをチェックすることでオリジナルディスクを判別する
CDSシーディーエス
俗称CCCDTOCと呼ばれる特別な記録域に偽のTOC情報を記録し、通常では正確なディスク情報を取得できなくさせることでコピー防止対策をする
レーベルゲートCD
基本原理はCDSと同じ
DummyFilesダミーファイル
必要な容量以上のデータを記録し、ライティング時に容量オーバーさせることでコピー防止対策をする

ネットの話題: コピープロテクト

人気

新着

新着ブログ: コピープロテクト