サモエド

(動植物)
さもえど

[英] Samoyed
サモエドは、ロシアのシベリアを原産地とする犬の品種のひとつで、シベリアン・スピッツとも呼ばれる。
成犬の体高は48〜60cm、体重は16〜29kg。
極寒に耐えるのに適した皮下脂肪と豊富な体毛を備えており、優れた耐寒性と激しい作業に耐えうる強靭な体力・持久力を持つ。また、体格に比して粗食である点も評価され、極寒下でそりの牽引、トナカイの警護などのほか、極地探検でも重用された。
厚い被毛は、よく立った上毛とやわらかく密生した下毛のダブルコートで、耐寒性に優れており、毛色は、純白、白、ビスケット、クリームなどがある。
ひとつの民族が過酷な生活環境の中で長期にわたって飼育し続けた結果、人との信頼関係が育まれ、性格は非常に社交的で、番犬には適さないとされる。
しっかりと立ち上がったやや短い耳、適度な長さの鼻筋、微笑んでいるかのような黒目の顔立ちが魅力的で、愛好家の間では、そのいつも笑っているような口元をサモエドスマイルと呼ばれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ