シナイ半島

シナイ半島

(地理)
しないはんとう

Sinai

アラビア半島とアフリカ大陸の間にある半島。東側はアカバ湾を隔ててアラビア半島と、西側はスエズ湾を隔ててアフリカ大陸と対峙する。現在はエジプト領であるが、歴史的に様々な国の争奪地となってきた。

古代におけるローマ帝国、東ローマ帝国の領土。中世以降はウマイヤ朝、アッバース朝、ファーティマ朝、アイユーブ朝、マムルーク朝の領土となり、近世はオスマン帝国の領土となった。17世紀に入オスマン帝国から独立したエジプトのムハンマド・アリー朝の支配下に置かれる。1952年のエジプト革命後、エジプト・アラブ共和国下に置かれた。1967年の第三次中東戦争時にイスラエルの侵攻によって同国に占領されるも1979年にエジプトに返還された。

ネットの話題: シナイ半島

人気

新着

新着ブログ: シナイ半島