スリップストリーム

(スポーツ)
すりっぷすとりーむ

モータースポーツ用語

高速走行をしている他車の後ろにできる空気抵抗の小さい領域。
ここに入ることで単独で走るよりも速度を伸ばすことができるため、結果として前車を追い抜くのに使える。
ただし空気抵抗が小さいということはエアロダイナミクスの効果も小さくなるため、コーナリング時にはグリップの低下を招いて不利となる(もっと単純な話として、適切なコーナリングスピードより速くなってもコーナーが曲り切れず何らメリットがない)。したがってストレート部分でしか用いられない。また、空気流入量も減るため暑い時にはエンジンのオーバーヒート等を招くリスクもある。
一見よく似たテクニックとしてドラフティングというものがあるが、これの期待される効果はスリップストリームとは異なる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ