アンナ・カヴァン

アンナ・カヴァン

(読書)
あんなかばあん

Anna Kavan
1901−68
フランス生まれのイギリスの幻想文学作家。
ヨーロッパ諸国やカリフォルニアを転々として育つ。1926年ヘロイン中毒に陥り、作品中にその影響が現れていると言われる。
代表作『氷』について、B・W・オールディスは、そのSF史の名著『十億年の宴』の末尾を「『氷』 は唯一無比の作品だ」 という、熱烈な賛辞で締めくくっている。

翻訳本

『氷』 山田和子(訳) <バジリコ株式会社・2008・全面改訳・新版>

氷

以下、絶版のもの

『愛の渇き』 大谷真理子(訳) <サンリオSF文庫・1981>
『氷』 山田和子(訳) <サンリオSF文庫・1985>
『ジュリアとバズ−カ』 千葉薫(訳) <サンリオSF文庫・1981>

ネットの話題: アンナ・カヴァン

人気

新着

新着ブログ: アンナ・カヴァン