デカルト座標

(サイエンス)
でかるとざひょう

直線直交座標のこと。

デカルトによって発明された。『方法序説』の中で述べられている。

部屋を飛び回っていたハエの位置を記すために思いついたらしい。


*リスト:リスト::数学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ