デューク・エリントン

(音楽)
でゅーくえりんとん

→「Duke Ellington
アメリカ、ワシントンD.C.出身のジャズピアニスト。(1899-1974)
ビッグバンド、デューク・エリントン・オーケストラを率いた。
ニックネームのデュークとは公爵を意味し、親友エドガー・マッケントリーによって名付けられた。
代表曲に、"Satin Doll"、"Take the A Train"などがある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ