トワイライト・ゾーン

(テレビ)
とわいらいとぞーん

1959年〜1964年にアメリカで放送された超常ミステリー系のテレビ番組(全5シリーズ)。1話完結形式。

ストーリーは毎回「登場人物が超自然の世界に迷い込み、異常な体験をする」というもの。基本的にはSF・ホラーで、視聴者の意表をつく結末(大抵暗い)となる。例外的に、少数ではあるが感動系・コメディ話もある。

日本では「ミステリーゾーン」「ミステリー」等の題名で放送された。

1980年代と2000年代に同名のテレビシリーズが製作された。1980年代には映画版『トワイライトゾーン/超次元の体験』が制作された。

余談

  • 日本のテレビドラマ「ウルトラQ」「世にも奇妙な物語」や、少年漫画「アウターゾーン」は、明らかにこの番組の影響を受けている。
  • トワイライト・ゾーンとは「たそがれ時」の意味。転じて「現実と空想の境目、現実の淵に突如現れる異世界」を意味する。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ