ペガスス座

(サイエンス)
ぺがすすざ

[英] Pegasus
ペガスス座は、北天の星座で、トレミーの48星座のひとつ。
秋の夜、頭上高く4個の星が星空を真四角に仕切るようにならんでいるのが、「ペガススの大四辺形*1秋の大四辺形)で、ペガスス座の胴体を形作っている。ちなみにペガスス座の下半身は雲にかくれているとされている。

恒星

α星、β星、ε星の3つが2等星。α星、β星、γ星はペガススの大四辺形を構成する。

  • α星:マルカブ
  • β星:シェアト
  • γ星:アルゲニブ
  • ε星:エニフ

神話

勇者ペルセウスが怪物メドゥーサの首を切り落としたとき、血が岩にしみ、そこから飛び出してきた天馬とされている。そのペガススはペルセウスとともに、アンドロメダ姫を海魔ティアマトから助け出した後、ベレロフォーンという若者とともに怪物キメーラ退治に出かけていくことになった。
ペガススにまたがったベレロフォーンは、空から矢を射かけてキメーラを退治したが、自らの武勇に驕ったベレロフォーンは、ペガススとともに天界まで駆け上がろうとした。驚いた大神ゼウスは1匹のアブを放ってペガススの脇腹を刺させ、びっくりしたペガススは、ベレロフォーンを振り落とし、そのまま天に駆け上がって星座になったといわれている。

関連語 リスト::天文学

*1:ペガススの大四辺形のうちの一つはアンドロメダ座α星のアルフェラッツ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ