ミシシッピアカミミガメ

(動植物)
みししっぴあかみみがめ

学名:Trachemys scripta elegans
アカミミガメの亜種。アメリカ合衆国およびメキシコのミシシッピ川、リオグランデ川水系に自然分布している。

幼体はミドリガメと呼ばれて販売される。売られているときはかわいいが、成長すると甲長は最大30〜35cm程度に達する。

遺棄された個体の発見例が多く、生態系への影響が指摘されているが、規制が難しいなどとして特定外来生物には指定されず、要注意外来生物とされている。


関連語 リスト::動物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ