ラーマーヤナ

(一般)
らーまーやな

古代インドの叙事詩
ヒンドゥー教の神話と、コーサラ国のラーマ王子(ラーマ神)に関する伝説をまとめたもの
文学としてだけではなく、絵画、彫刻、建築、演劇、音楽、舞踏などの題材としてインド・東南アジアに深く浸透している

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ