リファ

(一般)
りふぁ

→リファイン

リファ

(はてな)
りふぁ
  • 「言及する」「参照する」という意味の英語の動詞“"refer”(リファー)が転じて、はてなダイアリー内で名詞的に使用される言葉。同単語の名詞形は“reference”(リファレンス)だが、はてなダイアリー内では通例としてこの表現が多用されている。
  • はてなダイアリーで他ユーザーの日記から記述や個人IDが言及・参照されると、編集画面のリンク先表示として、"referred"の項目が上位に立ち、その箇所のURLが表示される。……仕様だったが、ブログサービスで「トラックバック」の呼び名が広まったことなどから現在では「トラックバック」表示に変更されている。
  • それでも一般のトラックバックと区別して、はてなダイアリー内の自動トラックバックを指すときに便利なので「リファを送る」「リファをもらう」などと言い回すことがある。
  • 「HTTP_REFER」環境変数のこと。
  • 関連:リファラ、referer

結局、指すものとしては以下の用法が混在している

  • サイトへのリンクが記述されたページからの「アクセスがあったときに」記録されるもの。ブラウザが前に表示していたページのURL。語源はこれ。
  • いわゆる「トラックバック」。はてなダイアリーにおいては、手動でのトラックバック送信により記録されるもの。
  • いわゆる「自動トラックバック」。id:〜などの記述により自動的に記録されるもの。
  • サイトや掲示板からaタグなどにより貼られた単なるリンク。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ