ローライ

(アート)
ろーらい

Rollei
二眼レフカメラ「ローライフレックス」(Rolleiflex)で有名なカメラなどのブランドカメラ製品の多くはカールツァイス社やシュナイダー社の高性能レンズを備えている。

1920年、ドイツブラウンシュヴァイクにてパウル・フランケとラインホルト・ハイデッケの名前を組み合わせ、「フランケ&ハイデッケ社」(Franke & Heideck GmbH)を創立。登録商標となっているヒット商品「ローライフレックス」を始め、超小型精密35ミリカメラ「Rollei35」などを手掛けた。
1970年代より一眼レフ「ローライフレックスSL」シリーズを手掛けるが、独創的過ぎる点や故障しやすい点などで市場に受け入れられず、経営不振に陥り1981年に倒産。1982年、ローライフォトテヒニク社として再建。2010年には「ローライ35 ヴィンテージバージョン」を復刻販売した。かつてのヒット商品である「ローライフレックス」二眼レフを現在も製造販売している。

ローライの歴史

1920年 フランケ&ハイデッケ社設立。
1928年 世界初のローライ二眼レフカメラ誕生。
1929年 ローライフレックス6×6発表。
1931年 ローライフレックス4×4発表。
1933年 ローライコード発売。
1959年 テレローライフレックス発売。
1960年 ローライフレックス2.8F発売。
1961年 ワイドアングルローライフレックス発売。
1966年 35ミリコンパクトカメラ「ローライ35」発表。
1970年 6×6一眼レフ、ローライフレックスSL66発表。
1972年 ツァイス・イコンよりフォクトレンダーの製造設備及び商標権の譲渡を受ける。
1974年 ローライフレックスSLX発表。
1976年 ローライフレックスSL2000発表。
1981年 フランケ&ハイデッケ社倒産。
1982年 英国USH社に買収され、ローライフォトテヒニク社設立。
1983年 ローライフレックスSL2000F発表。
1984年 ローライフレックスSL66E発表。
1985年 ローライフレックス6006発売。
1986年 ローライフレックス3003発売。
1995年 ローライフレックス2.8GX発売。往年の二眼レフの復刻版。
1998年 株式会社駒村商会ローライ日本総代理店となる。
1999年 ローライフレックス2.8GX復活。
2000年 ローライ80周年を迎える。
2001年 ローライフレックス2.8FX発売。
35ミリコンパクトカメラ、コンパクトカメラ AFM35 発売。(富士フイルムKlasseのOEM)
2002年 レンジファインダーカメラ、Rollei35RF 発売。(フォクトレンダーBESSA-RのOEM)
2003年 ワイドアングルローライフレックス4.0FW発売。
2003年 世界初6×6オートフォーカス6008AF発売。
2012年 株式会社ケンコープロフェショナルイメージングが日本総代理店となる。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ