Hatena Blog Tags

三田文学

(読書)
みたぶんがく

文芸雑誌

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

■『江藤淳とその時代』~『夏目漱石』論から『小林秀雄』論へ(3)。 わずか22,3歳の大学生だった江藤淳が「三田文学」に発表したデビュー作『夏目漱石』論は、文芸評論、作家論、作品論としては、異例の衝撃をもって文壇に登場した。文芸評論が、大きな話題になることは珍しい。ましてや『夏目漱石』論である。ありふれたテーマであって、余程のことがない限り、世間の耳目を集めることは難しい。何故、江藤淳の『夏目漱石』論は、文壇の話題になったのか。話題になっただけではなく、そのまま、新人批評家=江藤淳は、時代の風雲児となり

■『江藤淳とその時代』~『夏目漱石』論から『小林秀雄』論へ(3)。わずか22,3歳の大学生だった江藤淳が「三田文学」に発表したデビュー作『夏目漱石』論は、文芸評論、作家論、作品論としては、異例の衝撃をもって文壇に登場した。文芸評論が、大きな話題になることは珍しい。ましてや『夏目漱石』論である。ありふれたテーマであって、余程のことがない限り、世間の耳目を集めることは難しい。何故、江藤淳の『夏目漱石』論は、文壇の話題になったのか。話題になっただけではなく、そのまま、新人批評家=江藤淳は、時代の風雲児となり、一斉を風靡することになる。この問題は、江藤淳を論じる上で、避けて通れない重要問題である。江藤…