中村武志

(スポーツ)
なかむらたけし

プロ野球選手、指導者。
右投右打、ポジションは捕手。背番号は39番。

1967年3月17日生まれ。京都府出身。
花園高校から1984年、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。

1987年、中尾孝義の後釜として一軍に定着。翌年、正捕手となる。星野仙一に見出され、時には鉄拳制裁を食らっていた。

肩とリード力に定評があり、中日の投手王国を支え2度のセ・リーグ優勝に貢献。

2002年、谷繁元信をFAで獲得することで、チームから弾き出される感じで横浜ベイスターズに移籍。

横浜では相川亮二の伸び悩みによりそれなりの出場機会を得たが、相川の一本立ちにより2004年になって出場機会が減る。


2005年、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。

同年、現役引退。


2006年、湘南シーレックスのバッテリーコーチに就任。
2009年、中日ドラゴンズの捕手コーチに就任し古巣復帰。
2013年、千葉ロッテマリーンズのバッテリーコーチに就任。

中村武志

(読書)
なかむらたけし

小説家。明治四十二年、長野県生まれ。国鉄勤務のかたわら執筆した「目白三平」シリーズで一躍有名となる。
内田百間に心酔し、阿房列車の出発を欠かさず見送ったところから「見送亭夢袋」という愛称で百間作品に登場する。
著書に『百間先生と目白三平』(旺文社文庫)がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ