Hatena Blog Tags

光速度

(サイエンス)
こうそくど

光の速度。光速に同じ。物理学的には真空中の光速度をcで表し、基礎定数のひとつとなっている。→ローレンツ変換、相対性理論
真空中では1秒あたり2億9979万2458メートルである*1
近似的によく言われるのは30万km/sで、まあ誤差は1万分の7ほどなので日常生活的にはこれで十分である。


リスト::物理関連

*1:現在のSI単位系は1メートルの定義が「真空中で1秒の299,792,458分の1の時間に光が進む行程の長さ」なので、端数はこれで終わり。小数点以下が付くことはない

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

人間

1+1=3(裏ルールでプラス1)。このように矛盾した論理に裏ルールを添えることで形式論理性を保ち論理拡張することを矛盾拡張論理と言います。矛盾拡張論理は足し算、引き算、掛け算、割り算、微分積分等なんでも作れて無限に成り立ちます。 一般の形式論理と矛盾拡張論理の外を非論理と言います。神は少なくとも形式論理、矛盾拡張論理、非論理、感性のうちに現れますのでゲーデルやチャイティンが形式論理を否定しても神は確実にいることになりますーマルクスガブリエルが形式論理では世界が成り立たない。と言うのも視野狭窄で矛盾拡張論理や非論理の世界では十分世界は確実にあり得ます。哲学者は形式論理ですべてを表せると言いますが…

矛盾

1+1=3(裏ルールでプラス1)。このように矛盾した論理に裏ルールを添えることで形式論理性を保ち論理拡張することを矛盾拡張論理と言います。矛盾拡張論理は足し算、引き算、掛け算、割り算、微分積分等なんでも作れて無限に成り立ちます。 一般の形式論理と矛盾拡張論理の外を非論理と言います。神は少なくとも形式論理、矛盾拡張論理、非論理、感性のうちに現れますのでゲーデルやチャイティンが形式論理を否定しても神は確実にいることになりますーマルクスガブリエルが形式論理では世界が成り立たない。と言うのも視野狭窄で矛盾拡張論理や非論理の世界では十分世界は確実にあり得ます。哲学者は形式論理ですべてを表せると言いますが…