全国福利厚生共済会

(一般)
ぜんこくふくりこうせいきょうさいかい

〈一般社団法人全国福利厚生共済会〉
一般社団法人全国福利厚生共済会は、会員またはその家族へ幅広い事業を通じて、安全かつ安定的な生活をサポートするためのライフサポート事業を行なう企業。
2002年7月に設立され、所在地は兵庫県加古川市で、代表理事を郄井利夫が務める。


〈会社概要〉
ゆりかごから誰にでもいつかは訪れるその日までの人生を全面的にトータルサポートを目指す。
所在地:兵庫県加古川市加古川町河原333-1
公式サイト:https://www.zenko-sai.or.jp/


〈代表理事郄井利夫〉
全国福利厚生共済会代表理事郄井利夫は1948年生まれで、現在ケイ・ネットワークグループ会長である。
2004年 厚生労働大臣感謝状 授与
2004年 紺綬褒章 受章
2014年 紺綬褒章飾版 受章
2015年 紺綬褒章飾版 受章
現代社会の問題点である、国や地方の財政赤字の悪化、少子高齢化、孤独死、貧困層の拡大等について、
行政や国に頼るのではなく、自分たちが問題に向き合い解決すべきことだと、考えを表明している。


〈ライフサポートサービス〉
お祝い金・ブライダル・医療介護福祉・全厚済モール・旅行・全厚済Offtime・くらしのサポート・暮らしの相談・お葬式お見舞金・ビジネス
等多様なサポートサービスを行なっている。
各サポート共に、契約者及びその家族が受けられるサービスで、受領時期や、入会するサービスによって特典が異なる。


〈社会貢献事業〉
全国福利厚生共済会は「相互扶助」の精神のもと、互いに助け合う社会を目指し、様々な社会貢献事業を手掛けている。
・プライム基金
社会貢献活動の一環で、全国福利厚生共済会のプライム倶楽部会員が、毎月のコミッションの一部をプライム基金として寄付している。
一年間で集まったプライム基金を毎年6月に「公益財団法人日本盲導犬協会」と「国際セラピードッグ協会育成基金」に寄付し、盲導犬とセラピードッグの育成・普及活動を支援している。
・まごころ募金
もったいないプロジェクト・パパママ支援プロジェクト・被災地支援プロジェクト・学校設立プロジェクト
上記4つのプロジェクトで社会貢献事業を行なっている。
・福祉車輌寄贈
高齢化社会を支える活動の一環として、福祉車輌を寄贈している。
・会員独自の社会貢献活動
地域に根差したプロジェクトの一つで、会員自身が独自で集まり、地域の清掃活動や、献血活動を通じて地域の人々の親交を深めている。
・治験試験活動
未来への社会貢献プロジェクトの一環として多くの参加者を集い、治療試験を通じて国内の難病支援団体へ寄付している。
・CSR(企業の社会的責任)
企業としての利益の追求のみならず、社会へ与える影響に責任を持ち、企業の自発的活動として持続が可能な未来を社会と共に築いていく活動であり、社会貢献活動そのものと言える。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ